ダンシングソマチッド〜のラブストーリー

エル・シャンから6月のお便り その4

★ 「地球からの贈り物フルボ酸ミネラル」

★ 今週末の「ソマチッド~」勉強会

★ 「ソマチッド~」こちらも改名

★ 今週のソマチッド・クィーン

★ 胃ガンに~

熱海は梅雨の真っ只中です。
雨音を聞きながら、心地よくインドア生活しています。

昨日より「ソマチッド高含有フルボ酸ミネラル」を、
「地球からの贈り物フルボ酸ミネラル」に商品名を改めております。

理由は、この金色のフルボ酸ミネラル濃縮液に
ソマチッドが高含有であることは私が勝手に調べているだけですので
製造販売メーカーの預り知れないことです。もちろん責任も追いません。

商品名に「ソマチッド~」を使うことは誤表記となるため、止むなく
「地球の贈り物フルボ酸ミネラル」と改名することとなりました。

そして、商品レビューページのご体験談も、
薬事法に低触しかねない~と指導が入り、昨日より閉じております。

薬事法は、イコール医療品メーカー保護法であり、更にやっかいです。
一晩、考えに考え、皆様のご体験談をアメブロに
「ソマチッド~倶楽部」と新設して、ご閲覧頂けますようにしようと決め、
準備中でございます。

今、同梱させて頂いておりますご体験談集も、ブログへとシフトして参ります。
この商品に「ソマチッド~」が高含有であることをお伝え出来ない!!!
この3ヶ月東奔西走し、検査費用もかけて調べ上げましたのに、実に残念です。
今の状況はどう見ても逆境ですが、元々逆境に強いタイプですので、これを機に
お解り易く、より安心で、なるべく人様にご迷惑をかけず、
目立つことのない情報の発信スタイルを構築したいと思います。

そんな折、実にタイミング良く、この週末に開催します
「ソマチッド~勉強会」の講師、波多野 昇先生から、
【「地球からの贈り物フルボ酸ミネラル」が、血中の「ソマチッド~」を
活性化させています!】と、実験を重ねられてのご報告を頂きました。

よって、この「地球からの贈り物フルボ酸ミネラル」に「ソマチッド~」が
高含有である事実は、残念ですが知る人のみが知る都市伝説となることを願い、
「地球からの贈り物フルボ酸ミネラル」が私たちの健康な体内に、
100兆匹生存する「ソマチッド~」を目覚めさせ、活性化させる!という
アプローチにシフトチャンジして参ります。
ですので、本日は気持ち新たに「フルボ酸ミネラル」の説明を、、、

【フルボ酸】
もともと森林や土壌の中に存在する有機物の1つで、
植物にミネラルを補給する役目を担っている。

人に対しては、ミネラルなど微量養分を運び、体内で循環する効果(イオン変換)がある。
栄養素を摂取することにより、フルボ酸が掴んだミネラルを永続的に
イオン変換できることが大きな魅力の1つである。
このイオンの働きで老化原因の1つである活性酸素やフリーラジカルの分子構造を
分離し、その活動を抑制できる。

分子量が小さく、体内吸収、径皮吸収に優れ、皮膚表面でイオン変換を
することで効率良く酸素を取り込み、生態活動を活性化させる。

細胞を活性化させる天然イオン交換物質である
 =体内の生体活動を活性化させるのがフルボ酸と言える。

腐植土の中で微量にしか生産されないのものがフルボ酸です。
私たちの体内で生成・組成することが出来ず、良質のフルボ酸を
体外から取り入れることが必要です。(株)日本フルボ酸総合研究所

【考察】「ソマチッドとの関連」
「ソマチッド~」は、上記述のイオン変換から発生するマイナスイオンが
大好物であり、それをエネルギー源としています。またテラヘルツ量子波をも
エネルギーとして取り込みます。
そして私たちの身体の中で組織(細胞)変成部位や損傷したDNAなども
修復しようと働いてくれております。

フルボ酸ミネラルは「ソマチッド~」のエネルギー源となる要素が
非常に多く、結果、健康への寄与するところが大きいと考えられます。
私たちの健康な体内に100兆匹生存する「ソマチッド~」がフルボ酸ミネラルを
体内に摂り込むことにより、活性化することが判明されました。

「ソマチッド~」ってご存知でしょうか?
4~5年前に、友人から「ソマチッド~が、癌細胞を正常細胞に変えるんだよ!」と
聞き、本で読み「ソマチッド~」関連商品を試してみましたが、
難しかったことと体感を得られなかったことでそのままになっていました。

「ソマチッド~」と名のる商品が、
※沖縄のサンゴの化石
※北海道の貝塚の化石
※和歌山の海藻の化石、、、と
古い土層と緑深いものだということだけは印象深く残っていました。
どれも高価なもので、和歌山から取り寄せた海草の有機ヨウドは、
1カプセル2万円~!には驚きました。「放射能を一発で除去し、
癌細胞も一瞬で正常化細胞にする」と聞き、思い切って3カプセルを
ワクワクしながら試してみたのですが、よくわかりませんでした。

「地球の贈り物フルボ酸ミネラル」が1憶年前の古代植物堆積層
「ヒューミックシェール」の抽出物であると聞き、
もしかして「ソマチッド~」?と思い出しました。
ちょうどAmazonから「ソマチッド撃激」(上部 一馬 著)ヒカルランド社刊も、
出版されていました。

今まで「ソマチッド~」を調べるも、どれも難しくお手上げであったのが
更に解かり易く書かれており、「ソマチッド~」を理解出来ました。

「ソマチッド~」は、私たちの健康な体内に、なんと100兆匹!もが
生存しています。
そして、地球最微小生物です。生物ですので意思を持っており、
私たちと意思の疎通を図れます。私たちは、自らの体内に存在する
「ソマチッド~」とコミュニケ―ションがとれるのです。
なんてステキな!気持ちを明るく、朗らかに和やかに保ち、
優しい気持ちで「ソマチッド~」と接することで、私たちは
自己免疫力を上げ、自己治癒を活性化し強化することが出来るのです。

「ソマチッド~」は、すべての生命体の細胞内に存在し、
生きる力・生命力の発生源としての働きをする
神秘の古代生命体「ソマチッド~」。
この生命体は、私たちの血液の中で生きています。

「ソマチッド~」の働きを理解し、活用していくことで、
驚異的な健康回復効果と、病気の早期発見・早期改善効果を
得ることが出来るといわれています。

強酸にさらされても、高温でも死なず、ダイヤモンドにも傷つけられず、
太古の昔から生き続けるのだそうです。どの植物にも、動物にも、
ありとあらゆる自然の中にソマチッド~は存在しており、
動植物の体が死んでもソマチッド~は生き続け、土に戻り、休眠したり
土中菌になり、植物を育て、植物を食べた動物の中へと、
まるで、生命の中を旅しているようです。

ソマチッド~は、生命のパワーそのもののような感じもします。
実際に、ソマチッド~は人間の細胞の誕生や、
新陳代謝を助けているといわれています。

血液の状態によって様々な形に形容し、病気やストレス、
ネガティブな気持ちなどによって体内環境が悪化すると、
殻を造って自ら閉じ籠っています。
オシッコと一緒に体外に逃げ出してしまう。
ソマチッド~は癌患者の血液中には全く存在しないそうです。

「ソマチッド~」は、イオン変換から発生する
マイナスイオンが大好物です。

■ 日光浴
■ 月光浴
■ 森林浴
■ 海水浴
■ 温泉浴

私たちの免疫力を上げる環境が「ソマチッド~」も大好き。
体内「ソマチット」が活性化します。
フルボ酸ミネラルは、細胞を活性化させよるイオン交換物質です。
フルボ酸ミネラルが体内「ソマヂッド~」を活性化してくれます。
体内環境の劣悪化で、スイッチオフになっていた「ソマチッド~」を
スイッチ・オンにしてくれるのが、フルボ酸ミネラルです。

「ソマチッド~」が活性化することで、
自己免疫力が上がり、自己治癒の道へ導いてくれます。
まだまだ勉強中ではありますが、「ソマチッド~」のことを、
夢中で体験しています。

——■今週末の「ソマチッド~」勉強会————————————

「ソマチッドの撃激」著者、上部一馬先生を、
ゲストでお迎え出来ることとなりました。
ジャーナリストととして、今一番「ソマチッド~」について、
冷静に理解し易く語ることの出来る方です。

来週のテルマガで、「ソマチッド~」勉強会のレポートを致します。
皆様とご一緒に、勉強し続けて参ります。

——■「ソマチッド~」こちらも改名————————————-

今日、私が「ソマチッド」を「ソマチッド~」と書いているのに
お気づきでしょうか?

「ソマチッド」が、何となく日の目を見ないー。
逆風を浴び続けているのが気になり、字画を見てみましたら、14画、、、
やっぱり、、、呪われた数字です。
「ソマチット」にしてみたら? やはり、ダメ、12画も実に不安定な数字です。

ならば!「ソマチッド~」にして、15画にしました。
字画界の王様。最強のラッキー数です。
これからはぜひ「ソマチッド~」と優しく呼んで下さいませ。

——■今週のソマチッド・クィーン—————————————-

今週のソマチッド・クィーンは、出雲の獣医師・丹羽由紀先生にご登場頂きます。
由紀先生は、ご自分の愛犬が、メラノーマを繰り返していたそうです。
口の中にビー玉サイズの膿腫が出来、手術で切除し投薬するも
メラノーマの芯が消えずコリコリが残り、また同じところに膿腫が出来る~
状態でした。膿腫の数も、増えたり減ったり、、、

「地球の贈り物フルボ酸ミネラル」を患部に塗り始めましたら、
あれよあれよ、、、と膿腫が縮んでいき、コリコリの芯も消えてしまいました!
由紀先生も、これにはびっくり!

由紀先生ご自身も、「ソマチッド~」体験がございます。
歯の治療金属が体に障るからと、歯科に通われ治療中です。
金属歯外すと、歯茎に金属が溶け込み変色しており、
この変色した歯の周辺グルリッと歯茎を切除する手術を受けられました。

切除手術をするも一切出血せず、手術後、麻酔が切れてからも、
なんと全く痛みがないのです!3日間は腫れて食事もままならないと
聞かされていたのに~、5針も縫ったのに~。
獣医師である由紀先生も、歯科医師も、これまたびっくり!

今、由紀先生は「みもざ アニマルクリニック」
mimosa-ac@mbr.nifty.com にて、
「ソマチッド~」を取り入れたアドバイスとカウンセリングを
して下さいます。

元々、ホメオパシー療法をなさるオーガニックDR.です。
大切な家族の一員、ペットたちの健康に、
「ソマチッド~」が役立つことが幸せです。

ウチの『ぺくち』は、耳の慢性マラセチアに悩み、
あまりにもカユがるので見ておれず獣医さんで頂いたお薬を
「ステロイドなんだろうな~」と思いながら極少量使っていました。
まぁ~すぐに治ります!

ところが2年目になり、タラコのように真っ赤に腫れ上がり、
どうにもならなくなった時に「ソマチッド~」を知り、
約1カ月で完治しています。
途中、溶かしバターのような耳ダレが毎日出て来ました、、、
まだ時々耳垢は出ますが、独特の耳の臭いもなくなりました。

丹羽由紀先生のような、ソマチッド~DR.がアドバイスを下さっていたなら、
2年間も獣医ジプシーをせずに済みました…。
こうして新しい試みを取り入れて下さいますこと、
由紀先生に感謝を申し上げます。

——■胃ガンに~——————————————————

もう一方、ピンポン玉サイズの胃ガンがお腹を触るとわかり、
ゆで玉子みたいだな~と、「ソマチッド~」を塗って一日中
ゆで玉子ちゃんに話しかけながらマッサージをされていました。

5日後の手術で、開腹してみたら~!
どこにもガンが見つかりませんでした!!
びっくりですね。

ただ、ただ、ただ、、、、手術後の快復期に肺炎を患い、
肺炎の治療中に亡くなられました。
息子さまからのお電話で、
「母の驚きの体験を、皆様に伝えて欲しい!
肺炎で亡くなったことは言わないで下さい。」と、
ご葬儀の支度のあわただしい中でのお電話でした。

もしかしたら、身体は肺炎の力を借りて発熱し、
何かを為したかったのでは?
癌闘病中に、私も1度、肺炎を患っています。
肺炎がきっかけで癌が消えてしまった癌サバイバーも知っています。

もし、解熱剤や抗炎症剤、抗ウィルス剤を使っていなかったら…と悔やまれます。
身体が引き起こす全ての症状は病気と呼ばれていますが、真実は、
血液の浄化作用です。ぜひ、自己治癒過程を怖れることなく
楽しんで頂きたいです。

今週も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。
それでは、本日はこのへんで。 ムラキ テルミ /メルマガより引用