世にも美しいガンの治し方Foods奇跡のりんごペクチン顆粒のラブストーリー

エル・シャンから4月のお便り その3

★ 「ガン自己治癒セルフヒーリング」(仮)

★ フクシマ対策にアップルペクチン

今、幸せで幸せで、なりません。
1つの仕事を、納期内に収めることが出来ました。
来月出版予定の「ガン自己治癒セルフヒーリング」(仮)の
原稿です。

準備を始めたのが昨年9月から。そして昨日、書き終えました。
1つの仕事をやり終え、次の仕事に移れるのって、
とても贅沢な気分です。

まだ校正前の原稿ですが、気に入っている1節ご紹介します。
もしかしたら、バッサリ、カットされるかもしれませんので。

*波動の法則*

高波動水を飲む体験をして体に明らかな変化を体感して以来、
「波動」に関心を寄せています。20年前には、ちんぷんかんぷんで
全く理解出来なかった「波動の法則」(足立育郎著)が
バイブル化しております。

地球上の人間だけでなく、全ての生物・植物そして、
山川海ほか人間が作り出した建築物・飛行機・車…
今、座っている椅子・デスクに至るまで、「波動」の現れでしか
ない。ここまでは、他の方から読み聞きして理解していました。
「波動」のエネルギーそのものが、宇宙の全ての現象を
起こしている!のです。

目で見えるもの見えないものを含めての全てです。
五感というものも全て「波動」の現れです。全てが周波数を
持っています。私たちも、です。

「波動」の根源となる振動波をもつ「アトム」原子の構造は、
楕円立体形をしていて、中はスパイラルに回転しているのが「陽子」。
この「陽子」6つが花びらのように、集まって成り立っているのが
「中性子」です。

電子は花びらの中心を、ものすごいスピードでスパイラル運動しています。
この「アトム」(原子)が、自然界・宇宙の存在物の調和をとる
振動数を受発信しています。

人体の中では、「波動」を司る司令塔は「膵臓」で、振動波を
受信・発信しています。膵臓癌が手強い理由はココにあるような
気がします。

「アトム」の中で、6つの「陽子」が花びらのように「中性子」を
構成しています。ここからが驚いたのですが、

「中性子」が「意識」
「陽子」が「意志」

だったのです。

「意識」も「意志」も「波動」と関係するとは思っていましたが、
「アトム」の中に存在する「中性子」と「陽子」とは。

ここからがさらに驚きで、「中性子」は「意識」があって
常に「調和」を取り続ける。「陽子」は「意志」であると同時に
自然の法則の「愛」! 愛情ではなくて「愛」です。

中性子=意識=調和
陽子=意志=愛

もう全身に鳥肌が立ちました。しばらく茫然として全身が
雷に当たったようにシビレてしまいました。私たちの体は、
82兆個の細胞1つ1つの「アトム」が「意識」と「調和」、
「意志」と「愛」を結びつけて構成されている。

即ち「愛」と「調和」が、全ての存在物の素になっている。
これは地球上でいう全ての存在物です。
究極に「愛」と「調和」のとれている状態は、宇宙語で
「EHKO(エーコ)」という宇宙意識です。

原子核の集合体が「EHKOのレベルに到達し、
宇宙の時空間全体と完全に一体化する!ことを目的に、
私たちも地球も進化し続けています。

「愛」と「調和」が、ゴール!
本質が「愛」と「調和」で構成しているのに、「愛」からハズれ、
不「調和」であるのは、何故?

私たちの顕在意識が歪めてしまっているのです。この歪んだ
振動数の現れとして「病気」も挙げられます。全ての現象は
自分の振動数と同調して起きています。今、病気があるのは、
病気と同調する低い波動なのです。
本来、自分が「愛」と「調和」で構成されていることに気づくこと、
そしてチューニングすることが、病気を癒すエネルギーとなります。

『病気を自分で治す!』という「決心」することは波動を上げます。
「決心」すると、波動が上がり、高い波動にふさわしい情報や
状況をキャッチ(受信)出来るのです。

私たちの本質が「愛」と「調和」であるだなんて、美し過ぎます。
自分の言動と行動が「愛」そのものか?「調和」が取れているかを
常にチェックすることが、自分の波動をチューニングします。
体内外の「愛」と「調和」が病気を癒します。

究極の宇宙意識は「愛」です。
究極の振動数・波動も「愛」です。

*来月5月出版予定の「ガン自己治癒セルフヒーリング」(仮)
からの抜粋です。

——■フクシマ対策にアップルペクチン————————

友人が、私のブログをリンクして下さっている方が
木村秋則さんの「奇跡のりんごペクチン入り顆粒」をお勧め
くださっていることを知らせてくれました。

ここのところ、アップルペクチンのご注文が増えているナゾが
解けました。フクシマ、2回目の水蒸気爆発が一昨日に
起こったようですね。多分、報道されることはなくて、
私たちは事実を知ることが出来ない…。
花冷えならぬ、核冷え…シンシンと冷えました。

リンクして下さっている方は、「本場インドからアーユルヴェーダを
わかりやすく丁寧に」というブログかFacebookを書いておられます。

【記事より】

「チェルノブイリの原発事故の後、16000人以上のベラルーンの子供達に
アップルペクチンが治療の目的で服用されました。
その結果、子供達の体内に蓄積されたセシウム137は
平均で33~40%減少。

アップルペクチンに限らず、ブドウや海藻類でもOK。
同様の効果があります。ただ、やはりリンゴが最強です。
ちなみにアーユルヴェーダではブドウが最強の果物です。

さて。アップルペクチンには・・・

●動脈硬化の予防
●糖尿病の予防
●大腸癌の予防
●高血圧の予防
●肥満の予防
●美肌維持
●精菌作用と整腸作用
●貧血予防

そして、放射能をも含む
●デトックス(排毒)作用と効果
があります。」

「奇跡のりんごペクチン入り顆粒」は、3.11の原発事故に
胸を痛められた木村秋則さんが、フクシマの子供達の為に
「林檎の力」(ダイヤモンド社刊)著者・田澤賢次 富山医科薬科大学
名誉教授と相談され、開発されました。

当初の開発目的の『フクシマの子供達の為に』は、
とても残念なことに叶っていません。木村秋則さんは、
何万個という奇跡のりんごとアップルペクチンを寄付するも、
倉庫に積まれたまま子供たちの手に届かない。
理由は「フクシマは安全だから」です。

挙句の果てには、ヤフーオークションで数万円の値段で落札されて
しまったり…。「こりゃダメだな~」と、諦めたそうです。

そこで私たちの小さな商店に販売のチャンスが巡ってきました。

自分の身体は自分で守らないと!
護る!の字の方が、正しいかもしれません。

先週の時点で、高セシウムが北米で観測されています。
もう、放射能汚染は「フクシマ」に滞っていません。
日本中、はたまた海外にまでも拡がっています。

木村秋則さんの開発された、世界一の高品質高波動
「奇跡のりんごペクチン入り顆粒」を、
ぜひチェックされてみてください。

今週も最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
それでは、本日はこのへんで。 ムラキ テルミ  
/メルマガより引用