京カエル肌:断食石鹸のラブストーリー

エル・シャンから12月のお便り その2

★ アップルペクチンの緩やかな変化

★ 髪にもペルシア・ローズウォーター

★ カユみも「冷え」が原因

★ 肌:断食」の心得

★ 木村秋則さんと

この長い冬休みを、鳥取県三朝温泉で過ごす計画です。

【米子】で、

☆2014年12月19日(金)18:30~19:30
  国際ファミリープラザ3F

☆2014年12月20日(土)6:00~7:00
  全日空ホテル2F 
  
 連絡先:鳥取県倫理法人会
     email: rinri2@chorus.ocn.ne.jp

【松江】で、

☆2014年12月24日(水)19:00~20:00

☆2014年12日25日(木)6:00~7:00
  
 ホテル一畑 S-rinri.1991.yume@tempo.ocn.ne.jp

上記の通り、講演に招いて頂いておりますことと、
三朝温泉が掲げる「ルネッサンス湯治」再生プロジェクトにも参加致します。

そして、母のラジウム温泉湯治も主たる目的です。
今年の1月に父が他界し、一気に母の認知症が進行して青くなりましたが、
徐々に快復の様子を見せております。
三朝温泉のオンドル床浴を6月に自分が体験して、皮膚から骨へグイグイと
熱が入って温まるラジウム効果に感激しておりますので、
母にも体験してもらいたく同行します。年明けに、経過詳細レポート致します!

三朝温泉は、世界にたった3ヶ所だけの、ラジウム高温度温泉です。

1つ目は、秋田県玉川温泉。
宿泊客の癌サバイバー率95%、予約半年以上待ちです。

2つ目は、台湾の北投温泉。
アメリカのメガホテルチェーンが進出し、ワイキキビーチのような賑わいです。

そして3つ目が、鳥取県三朝温泉。
20年前には60軒以上だったホテルと旅館が、今や20軒少々・・

三朝町の発ガン率は、全国平均の50%!
床下から温泉が湧いている三朝川沿いの温泉通りに住まう20軒の住人に、
この20年間、ガン患者はゼロ!!(それ以前は判らないそうです)

この三朝温泉が「ガン・サバイバルシティー」になるエレメントが、
ずらりっと揃っています。近未来にこの町がどう変化をするか、とても楽しみです。

——■アップルペクチンの緩やかな変化————–

ある特定商品の効果効能を語ることは、薬事法に抵触してしまうので
とても慎重にしています。

私の母は、「ミセス毒掃丸」と呼んでいたぐらいの頑固な便秘症歴60年越えです。

ZEN呼吸法を真面目に実践した1週間は、脱・便秘症でしたが、
この頃、大変化が。歩くと、プップ!プップ!!とガスを連発すること半年。
ここ1ヶ月、全く便秘をしなくなったそうです。
お腹の張るガス腹も、治まっています。トイレも臭くない。

何を続けているか?
寝起きに毎朝、「奇跡のりんごペクチン入り顆粒」と葛根湯を飲んでいます。

いつの間にか、あんなに冷たかった手足も温かみを増しています。
葛根湯を始めて3年。アップルペクチンを始めて1年半です。
継続することの大切さを感じます。

——■髪のツヤにローズウォーター————–

昨日、毎月カラートリートメントをしてもらっているサロンのママさんから、
「あれっ?髪のお手入れ変えた?ツルツルサラサラだわね」

何か変えたっけ?1日経っての今朝、
「そうだっ!シャンプーをローズウォーターで薄めている!」
ことを思い出しました。

かれこれ1ヶ月でしょうか?
「セーフチョイスシャンプー」を同量の「ペルシアローズウォーター」で
薄めています。バラの香りが幸せで、贅沢を自分に許していたのですが、
確かに洗い流す時に髪の指通りが良くなっていました。

リンスとトリートメントは使っていません。洗い髪後のクシの通りもいい。
ローズウォーター入りのシャンプーが、知らない間に
リンス in シャンプーになっていたようです。

髪がサラサラしてツヤツヤなのは幸せです!
しかも、髪がほんのりバラの香りです。自分にウットリしています。

——■カユみも「冷え」が原因——————

先週、ジャグジーに行ってから、ヒザ下がカユくてカユくて・・・
プールの塩素に負けた?
急に気温が冷え込んだので、寒冷ジンマシン?かと粉が吹くほど掻いていました。

もしかして?と「インソーレリラックス・バーム」を塗り、
マッサージすると、ふくらはぎが温かくなり、
カユみがピタリッと治まりました。スゴい!

カユみも「冷え」。
カユみも「血流の悪さ」が原因のようです。

そう言えば先週、スタッフの映子さんの硬かったふくらはぎを
バームを塗って麺棒ローラーした翌日、ふくらはぎが柔らかくなっていました。
3日目の麺棒ローラーの折、プチプチプチッとエアパッキンを絞った時の音と
手応えに驚きました。

どうやらセルライトが潰れ出したようです。
が、米国のセルライト女史の本に『セルライトは潰してはダメ!』と
書かれており一旦お休みしていますが、たった1日でヒザ周りのムクミが
消えています!!

温かくなり柔らかくすると、セルライトが動き出す?流れ出す?のでは??
自分の足ならいくらでも揉み潰すのですが・・・

温めてローラーする!が、足のムクミを取る早道のような気がしてなりません。
映子さんのお快諾を得ることに成功しましたら、
「インソーレリラックス・バーム」をたっぷり塗って、
キュッキュッと麺棒で押したいと思います。

これで!
足のムクミが取れ、
足の冷えが取れ、
セルライト・フリーな美脚が作れたなら、
映子さんと私は、御殿を建てることが出来そうです。
‘吉兆’の足音が聞こえてきます。

——■「肌:断食」の心得——————–

ふた冬を冷水石鹸洗顔のみで過ごしまして、今年は秋まで
基礎化粧品もリップクリームさえも要らない肌になれていました。

ところが、寒くなり、夜だけ
「温泉は肌にいいかも」だなんて温泉を使って洗顔していたのです。

ある朝、びっくり!顔から首までが全面チリメンジワ。
化粧水やクリームを塗りたくりたくなる肌です。

この3日間、朝も夜も冷水洗顔に戻しましたら、
基礎化粧品の要らない肌が戻り始めました。

やっぱり冷水洗顔です。
ぬるま湯ですと、お肌が持つ潤い成分を全部溶かし、流してしまいます。
冷た過ぎてツラいですが、冷水洗顔を改めてお勧め致します。

——■木村秋則さんと———————–

今年一番の驚きは、木村秋則さんとの本の出版が叶ったことです。
夢や憧れ圏外の出来事でした。

「地球に生まれたあなたが 今すぐしなくてはならないこと」は、
木村秋則さんの本のライターとして書かせて頂きました。

そして「地球に生きる あなたの使命」は、木村秋則さんと
ムラキの共著本です。

・小さなことでもいいから何か行動を起こすこと。
・プラスでもマイナスでもない「ゼロ」が創造の源であること。
・そろそろ「自分が」「自分が」って生き方やめませんか?
・「病気」も「自然」の一部だ
・私たちは全て、大自然からの「借りモノ」で生きている。
 「借り」「仮り」の暮らしであること。

木村秋則さんの本を書かせて頂き、沢山の学びがありました。
お正月のお休みに、手に取って頂けますと幸せです。

今週も最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
それでは、本日はこのへんで。 ムラキ テルミ/メルマガより引用