Foods奇跡の味噌木村式自然栽培朝日米のラブストーリー

エル・シャンから5月のお便り その4

★ 奇跡のお味噌

★ アルクビューズウォーター
   

—「木村秋則さんの奇跡のお味噌」5月24日(大安) 販売・スタート—————

3月に弘前で開催された、木村秋則さんの
「自然栽培 夢のディナー」は、本当に、
夢のディナーショウでした。
全国の自然栽培(無農薬・無肥料・無除草剤で栽培)
農家さんが、自慢の食材を抱え、
ご贔屓のお料理人さんをお伴に
弘前に集合しました。

TOTAL12皿!どのお料理も素晴らしくて、
美味しくて、感動しました。
その数あるお料理の中で、私の一番の感激が、
岡山チームの1椀のお味噌汁でした。
お味噌の具は下関のフグ。
もう、飲み終わりたくなくて、
ゆっくりゆっくりといただきました。

幸運にも、翌日、岡山自然栽培実行委員長の高橋様と
お話しする機会に恵まれました。
このお味噌の美味しい秘密話を伺え、貴重なお味噌を
1つ分けて頂き、大切に抱えて帰宅しました。

熱海のハマグリ・アサリ・シジミで、
とっても美味しいお味噌汁が作れました。
たっぷりの具にひたひたの水で、ひと煮立ち、
そこにお味噌を溶きます。
仕上がりに生姜の絞り汁を少々。
なんと!お出汁要らず!!です。
魚介類の具で作るお味噌汁の時は、お出汁が要りません!
きゅうりや蒟蒻にそのままお味噌をつけても
すごく美味しい!

このお味噌が「奇跡のお味噌」と呼ばれる由縁は、
まず材料が、北海道産の自然栽培 鶴の子大豆。
そして麹が日本生まれ日本育ちの純血麹です。
今、ほとんどの麹がベトナムやインドネシアからの
輸入なのだそう。そうなんだ・・・。

そして触媒が、岡山県倉敷市で育てられた
備前「朝日米」です。
この「朝日米」は、日本で食用米としては唯一、
品種改良がされておりません!!
(あと1品種、酒米が残っているだけです)

この「朝日米」の田んぼに、自然栽培に成功して3年目、
レンゲが群生したのです。しかも、このレンゲ、
タダモノではありません。背丈が120cm!!
フキのような茎だそうです。
種も蒔かず、鳥が種をこぼしたには・・・
見渡す限り、一面レンゲ畑なのです。

レンゲが群生しだした翌年、ミツバチを放してみたら
養蜂家界の常識を越える、5倍の量の蜂蜜が取れたそう。
しかも、この蜂蜜用の微生物の数も、非常識な数だとか。
これは、この田んぼの「土」の力が為せた奇跡だそうです。

何故なら、この「朝日米」を触媒とする麹菌が
大きく育ち、全部の菌が起立しているそうで、
ピン!と立って勢いがある。

そんな「奇跡」がギュッと詰まったお味噌です。
貴重なお味噌を私共にお分け頂きました。
この機会に是非、ご賞味下さいませ。

——アルクビューズウォーター—————————————————–

昨日、熱海へ「アルクビューズウォーター」
輸入代理店の庸子社長がお出まし下さいました。
ドイツ語・英語が堪能な才色兼備です。
お孫さんがいる、と伺い、びっくりしました。

庸子社長は、長く、帝国ホテルにある
オーガニックエステサロンの店長を勤められました後、
独立され、独自でヨーロッパを中心とした
オーガニックコスメティックを開発されました。

一番惚れ込まれ、熱意を持って交渉を続けられ、
日本の総代理店になられたのが
「アルクビューズウォーター」です。

17世紀のオリジナル開発者、
ヒルデガルト・フォン・フィンデンのレシピを
20年間をかけて再現した、ハンガリー人オーナーの
努力の結晶です。
「アルクビューズウォーター」は、17世紀から、
ルイ14世が、火縄銃で火傷をした兵士を癒すために
産み出された「薬草水」として、長く愛されています。

オリジナルレシピから改良を重ねた他の商品も
数種ありますが、庸子社長はオリジナルレシピに
こだわりました。
商品の原材料も、最大限、自生した野生の
アルプス山麓37種の薬草を使用し、葡萄と果物を
発酵したアルコールを作って薬草成分を
抽出しています。
また、水も、オリゴ糖とミネラルたっぷりの
ハンガリーの良質な温泉湧水を使用。

全成分が、
【水、エタノール、セイヨウトチノキ根、セイヨウノコギリソウ、ルリカンザシ、エキナシア根、
エキナシア葉、セイヨウオトギリソウ、クワガタソウ、オーク樹皮、フェンネル種子、ヒソップ、
ヤエムグラ、スギナ、ゴマノハグサ、ヤグルマギク葉、クサノオウ、ペパーミント葉、
センタウリウム葉、アイブライト、オウショウマンネングサ、サニクル、ヒナギク、フミトリー、
コンフリー葉、オオヨモギ葉、サルビア、アルニカ花、フランスギク花、アグリモニー葉、
バーベナ葉、カレンドラ花、ビショップスワート葉、ニガヨモギ葉、ヘラオオバコ葉、
コンフリー根、ウスベニタチアオイ、カモミール、レディーマントル】

と、実に美しい!!です。

日本生産ではない為、日本の厚生労働省からの指導である
防腐剤添加必須の呪縛から逃れていることも
大きな魅力の1つです。
私は海老アレルギーのカユみでは、大きく助けられました。
目の下の肝斑・シミも、薄くなってきたかも・・・なんて、
まだ、消えていません。

香りが素晴らしくて、シャワーコロンのようにシュッシュッしています。
ボトルもとっても可愛いです。

ヨーロッパ伝統の美しい薬草水をご家庭にお1つ、
ぜひご用意くださいませ。

今週も最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
それでは、本日はこのへんで。 ムラキ テルミ/メルマガより引用