Foods奇跡のりんごペクチン顆粒のラブストーリー

エル・シャンから4月のお便り その2

★ 木村秋則さんの講演会

★ やっとやっと見つけました!

★ お見舞いの御礼申し上げます
   

★ 木村秋則さんの講演会に出席しました。

世田谷区民センターで開催された、木村秋則さんの講演会、
収容1200人の会場が満席でした。

木村秋則さん、お話し上手いっ!

ゲスト講演者の大学教授よりも、俳優さんよりも、聞き惚れます。

現場で実践された実体験を独自の切り口で話されるからだと思います。

人を惹きつける力が強い。

木村秋則さんのリンゴ畑は、農薬、肥料、除草剤を使わなくなって40年。
今、木村さんのリンゴ畑では、多分世界初のスゴイことが起こっています。

木村さんのリンゴ畑は、虫と菌やカビが、他の慣行栽培の畑の6倍の種類で、
数の倍数は計測不可能だそうです。
1握りの土の中に、60億の菌が活きています。

虫がいるから、リンゴの木に虫の被害が出ない!虫がいるからです。
虫が虫を捕食し合うことで、虫の数は多いのに、被害がない。
まるで禅問答のような世界になりました。

菌やカビが無数に活きているから、
肥料を与えていないのに、30年間、大きなリンゴの実がなり続けています。

しかも、木村さんのリンゴの木は、自己治癒力を身につけ、
病気を自ら葉に集めて、枯らして落としてしまいます。

葉っぱが、穴だらけになっても、病気が木全体に広がりません。
葉っぱの微生物の数も、
慣行栽培のリンゴの木の葉っぱの何倍と測れないぐらい存在しています。

リンゴの木に出来たのですから、
私たちの体にも、自己治癒力を強化することは、出来るハズです。

リンゴの木にとっての、農薬や肥料、除草剤は、
私たちの、食品添加物、ビタミン剤や栄養補給食品、
抗がん剤はじめ抗生物質に当たると思います。

なるべく、添加物を排し、食べ過ぎず、抗がん剤や抗生物質に頼らなくても、
自分で自分の作った病気を癒せるのではないかしら。
治癒できずとも、共存で良いと思います。

私も5年前に、全身ガン細胞に蝕まれた経験を持っています。
たった今でも、標準より高いガン細胞発症率ではないか?と、思います。

ただ、自己治癒力や自己免疫力で抑え、ガンに発症しなければ、十分幸せです。
あのガンの苦しさは、2度と御免です。から、1日1食を続けています。
その1食を、木村秋則さんのお弟子さんや、お仲間の育てられた

「自然栽培」

のお米、お野菜、調味料にシフトし続けています。
身体も、何か変化があるらしく、
昨日、何度も通っている香港飲茶料理店で、お料理が味わえず、
何かカスを噛んでいる感覚でした。

昨日は、ランチも食べており、
世田谷区民センターのレストランで、オムライスを食べた時も、
カスを噛んでいる感覚を、体験しました。

エネルギーがないモノを噛んでいるような感じです。
なるべく「自然栽培」に生活、1ヶ月でです。
やはり、正しいベクトルへの転換は、身体が敏感に反応するようです。

昨晩から、海老か鶏に当たり、全身ジンマシンです。
ブッツブツ、、、カユイカユイ、、、

このジンマシンも、間違いなく、デトックス症状です。
海老や鶏に原因はあるかもしれませんが、
私の体内・血液の汚れが吹き出しているのです。

汚れが慢性化してしまうと、ガンなど深刻な病気に発展しますが、
こうしてジンマシンとしてデトックス出来る力があるのは、有難いこと。
このデトックス力が無くて、私は、末期ガンにまでなってしまいました。

なかなか、ジンマシンに感謝し難いですが。顔まで赤く腫れているので。
春のデトックス効果の高い季節に、出せるだけ、出してしまいましょう。

春のデトックス・キャンペーン、好評を頂いております。ありがとうございます。

木村秋則さんの、

「奇跡のりんごペクチン入り顆粒」

2つのお求めで、

「奇跡のりんご かりんとう」

エコパック1つプレゼントです。

★ やっとやっと見つけました!

「自然栽培」で育てられたサトウキビから作られた、黒糖を、
やっとやっと見つけました。
黒糖を探しはじめて、2年越し。最高な黒糖と出会いました。

木村秋則さんのご紹介で、昨年11月から交渉していました。

門外不出の「純生黒糖」です。

サトウキビ畑は、農薬と肥料を地面がヒビ割れるほど撒くそうです。
甘くて美味しいから虫が付きやすい。サトウキビは、
肥料食いだと信じられていました。
沖縄県で「自然栽培」のサトウキビ栽培に成功していますが、
全量を言い値で、米軍基地が買い上げています。日本市場に出て来ていません。

福岡県で、名人六人衆が、
「自然栽培」で育て上げたサトウキビを、
ジュースを絞るところだけ、機械を使い、あとは、職人さんたちが、
釜で炊き上げた黒糖です。
この黒糖は、半生タイプで佃煮みたいなビン入りです。

なぜか?

黒糖を、固めるには、食品添加物・外と認められている石灰を使って固めています。
黒糖を舐めると舌がシビれた感覚になるのは、
サトウキビのエグミかと思っていましたが、違いました。
石灰が舌をシビれさせていたのです。

世の中、知らないこと、知らされていないことだらけだと思いました。

『福岡県産・純生黒糖』200g ビン入り。1500円。

来週末4月26日、日曜日大安より、販売スタート予定です。

★ お見舞いの御礼申し上げます

『京かえる』ブランド京都工場のチーフへの、
お見舞いのメッセージやお電話を、頂いております。
ありがとうございます!

工場チーフは、まだ、入院中ではありますが、
電話で話せるまで回復しております。
工場スタッフにも支持出しが出来るようになり、
チーフの留守をスタッフが頑張って、
石鹸などが生産出来る体制が新しく生まれました。

3週間、品切れとなり、大変申し訳けありませんでした。

今週より、京都流ならではの、
ボチボチと商品が上がって参る予定です。

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
それでは、本日はこのへんで。 ムラキ テルミ
/メルマガより引用