ホーム・レメディー/自宅療法のラブストーリー

『テルマガ』 48号 今週のお知らせ

★  生物としての「進化」と、肉体の「老化」
   

なんて過ごしやすい季節でしょう。

旅に良し、スポーツに良し。

今週、熱海から10㎞の初島へプチ旅して
来ました!

★ 生物としての「進化」と、
  肉体の「老化」は、

  ・体が「冷え」て、「硬く」なることです。
   逆に、肉体の「進化」(アンチエイジング)は、
  ・体が「温か」で、「軟らか」なことです。

  石原メソッド1日1食生活4年目にして、

  体温は上がり、血液と骨の年齢は
  53才にして、「20代~」に戻れました!

  が、体が硬い!!!

  あんなに軟らかだったのに、ガンのせいか、
  運動不足のせいか、カチカチです。

  当面の目標は、
  「しなやかな倒れない体作り!」

  軟らかな体は、軟らかな
  思考や行動につながる気がしています。

  只今、

  〇心臓のスパルタ・リハビリ中の父と
   近所の伊豆山神社の600段の石段の散歩。

  〇近藤紗登美先生の経絡ヨガ

  〇同じく近藤先生から、
   若石健康法(足の反射区押し)を
   習っています。

  足の反射区で押して痛む所は、
  臓器が硬くなっているそうです。

  押すところ押すところが痛くて、
  悲鳴を上げています。

  足の反射区を毎日1時間、「40日間」押すと、
  「体が別物」になるそうです。

  これまた「40日間」

  「40日間」って、何かを習慣にする
  ミニマムな期間なのだそうです。

  「血液」も40日間で生まれ変わるので、
  「気の流れ」とか「エネルギー」に
  変化を起こすのに、必要な期間なのかもしれません。

  少しでも、この肉体が「進化」出来るように
  柔軟な体を目指して、自宅でコツコツを
  重ねます。
 /メルマガより引用