京カエル肌:断食石鹸のラブストーリー

【京かえる】 肌:断食 メールマガジン Vol.8 ~製造・販売情報その8~

こんにちは! チーム京かえる です。

この前の週末も雨が降ってしまいました。おまけに火曜日も風が強く、春の

大嵐。咲き始めた桜が散ってしまわないか心配になってしまいまいます。

静岡の桜は6~8部咲き、今週末の入学式にはちょうど満開になりそうす。

◆静岡のさくらをちょっとアップしてみました◆
 http://www.facebook.com/kyokaeru

先日、久しぶりにお腹を壊してしまいました。 お腹を壊す=”排毒”

だそうです。この排毒中は、体の中の悪いものを出すため薬は厳禁とのこと。

じっと安静にしていれば、体調だけでなく2,3日後の肌もすっきり調子が

良くなるそうです。 でも、だからと言って”排毒”が続くのも… 

イヤですね。 

では、第8回メールマガジンスタートです。

■□今週の製造情報□■ ~製造現場から from ムラキテルミ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご馳走が続き、昨日、舌の先が赤くむけ、歯茎にも口内炎。。。ポツリっ一気にハナ

が咲くかな、歯茎の腫れっぽさでした。

「『京かえる』の歯みがき粉を歯茎全体に指で塗って、すすがず!に寝るように」と

京都の工場社長からの指示~~

いくら食べられる素材だけな歯みがき粉、とはいえ、歯みがき粉を塗ったまま??

ものすごい抵抗感がありました、が、興味津々です。

『京かえる』の歯みがき粉、生薬のカタマりで、漢方塩と薄荷ハッカが効いて、歯を

磨くだけでも”シーハーっ”、”シーハーっ”、かなりキツイ。

これを歯茎全体に塗ったら、口の中が寒い~~風邪ひきそう。

咽までも、シーハーっ!眠るどころではありません。

が、いつのまにやら眠りこけ朝、起きてビックリ!!

口内炎は、どこにやら!?腫れっぽい歯茎は、ギュっ!!舌の先に赤いのが残る

だけ~~しかも口臭なし、朝寝起きとは思えない、さわやかな口内環境~~

生薬パワー!!素晴らしいです。

この、歯みがき粉、刺激的すぎで、口の中に入れたら後悔~~なので、販売は難し

いかな、と期待ゼロでした。

ところが、一度ご注文を頂きますと、ほぼ100%のリピーターに!!

みんな、日常に刺激を求めてる?のかしら。

『京かえる』[はぐきも]歯みがき粉詳しくは、ホームページをご覧下さい。

http://kyokaeru.com/toothpaste.html

これからも、末永いご愛顧どうぞよろしくお願いいたします。

本当にありがとうございます。

               株式会社エル・シャン  ムラキテルミ  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆石鹸に含まれているたっぷりの草根木皮情報はこちら◆
    http://kyokaeru.com/material.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★☆ 連載 二十六種以上の草根木皮 ~その4 カンゾウ根エキス~
 ——————————————————————

  カンゾウとは、日当たりの良い、乾燥している草原や河川流域の砂質粘
 土地、砂漠地帯などに自生しているマメ科の植物のことをいいます。
 カンゾウは漢字では「甘草」と書きます。”カンゾウ”は昔から生薬として、
 解毒や刺激緩和のために使用されており、日本においては、平安時代に
 中国から渡来しました。
 カンゾウ根エキスとは、甘草の根、そして根茎から抽出したエキスのこと
 をいいます。

  【効能】
  カンゾウ根エキスにはグリチルリチンが含まれていることから、消炎
  作用や抗炎症作用、抗アレルギーなどの効果があり、様々な化粧品に
  用いられています。また、カンゾウ根エキスには美白効果もあるとされ
  ています。

  甘草湯(カンゾウトウ)は、激しい咳や咽頭痛を緩和する効果のある
  漢方薬です。けいれん性のある痛みや打撲痛などに用いられる事もあり
  ます。

  私ごとですが…
  社会人になってからテニスをしているのですが、漢方薬で有名なツムラ
  の68番(芍薬甘草湯)は、試合が長くなった時、足がつるのを抑える
  ためにいつも常備しています。

  
  
 ■歯みがきにも カンゾウ根エキス■  

 甘草根エキスが虫歯の原因となる口内バクテリアの働きを3~6ヶ月抑える
 と言われています。
 使用後の、歯ぐきがきゅっと引き締まる感じがイイ!と好評をいただいて
 いる歯みがき。まだお試しいただいていない方は是非お試しくださいませ!
 
  購入はこちらから
   http://kyokaeru.com/toothpaste.html

/メルマガより引用