the WATERのラブストーリー

神業、神技、、、

母の看病お見舞い中、

再生医療ウォーター

『 the WATER 』

が、素晴らしい仕事をしてくれた。

✴︎母の褥瘡と、オムツかぶれ

京都のホスピス病院での初日、

母の褥瘡とオムツかぶれが、深刻だった。

赤く腫れ上がり、黄色い液で、グジュグジュ。

ナースさんたちが、可哀想に、と、

丁寧に処置をして下さった。

オムツ交換時に、洗浄水としてなら、

『 the WATER 』

を使うことが可能となり、お願いした。

翌日、腫れは、見事に引いて、

真っ赤から、枯れたワイン色に。

3日目には、ほぼ治ってしまい、

5日目には、完治!褥瘡もだ。

ナースさんたちが、驚いたのなんの。

しかも、

ナースさんたち、ケアーさんたちの、

手も、ツルツルに。

オムツ交換時に、手袋の中が、濡れるそう。

たまたま、穴が空いてたのか?

と、思われたそうだけれど、毎回、濡れる。

アルコールとゴム手袋の荒れが、

皆さん、治ってしまわれた、とか。

『 the WATER 』 

開発医学博士に確認すると、

浸透力、ハンパないので、

ゴム手袋くらい、しみ込みますよ!と。

という成り行きで、

ナースさんたち、ケアーさんたちに、

『 the WATER 』は、大人気。

母も、オムツ交換時ごとに、

『 the WATER 』を使ってもらえ、

不快な匂いも、一切なかった。

1日2本を、贅沢に、使っていた。

✴︎✴︎痛みが、消えた、、、

東京の病院での、入院中、

母は、24時間点滴を打っていた。

1日、1500cc。

もう、両腕も、両足も、打つところがない。

東京からの、転院時は、

脚の付け根から点滴されていた。

積極的な、治療はしない、と、

お願いしたので、全部の点滴が外れた。

が、、、

半刻もすると、イタイ、イタイ、と、

母が、言いだした。

タオルハンカチに、

『 the WATER 』を、ビショビショにして、

大腸癌患部に、湿布してみた。

しばらくすると、痛くないと、言う。

素晴らしい〜!感動した。

翌日からは、

商品開発中の、『リペア ゲル』で、

全身、マッサージをし始めた。

以来、全く、痛みは、出なかった。

マックス量の、鎮痛剤点滴が入っていた。

あとは、モルヒネだとも。

母は、最期まで、

モルヒネを使うことなく過ごせた。

『 the WATER 』に感謝しかない。

✴︎✴︎✴︎呼吸が、楽になる

母は、13日間のホスピス入院中に、

2回、高熱を出している。

肩で、息をしていて、苦しそうだった。

酸素吸入器の、精製水を、

『 the WATER 』に入れ替えると、

スースースーーーと、楽そうになる。

不思議だった。

病室内も、マイナスイオンが充満して、

白糸の瀧の前みたいな感じになる。

亡くなった日、

酸素吸入器の酸素量が、マックスだった。

精製水から、

『 the WATER 』に、

入れ替えると、

ブクブクブクーーーッと、

お水を入れる容器から、溢れ出す。 

が、母は、

肩で、ハアハア息をしていたのが、

瞬間で、スースースーーーッと、

楽そうな、呼吸に変わる。

ナースさんが、巡回にみえると、

アラッ、故障かしら?

と、酸素吸入器から、

『 the WATER 』を、捨てて、

精製水に入れ替える。

『 the WATER 』を、

極少量にしても、

ブクブクブクーーーッになる。 

3回目には、

酸素吸入器の、機械を変えたり、

5回目には、

酸素吸入器の、場所を変えたり、

6回目には、

疑わしそうに、私の顔を見て、

様子を見ましょう〜

ということで、落ち着いた。

開発医学博士に確認すると、

『 the WATER 』の、

水の分子が、精製水の、10000分の1。

10000倍の、酸素が、派生するそうだ。

すべての病院で、

採用されたら、ステキなのに。。。

母は、『 the WATER 』のおかげで、

スヤスヤと、眠ったまま、旅立った。

✴︎✴︎✴︎✴︎ 疲れが、消える

番外だけれど、

東京で、母のお別れ会の後、

京都への、帰路が、ヘトヘトだった。

異様なテンションの高さで、

母の、旅立ちのお弁当を作り、

無事に、すべてを、柩に入れ終え、

呆けて、腑抜けだった。

各サービスエリアに寄って、

イヌたちを歩かせたり、

ドッグランで遊ばせながら、帰ってきた。

ふと、 

母の呼吸の楽さを思い出して、

自分にも、『 the WATER 』を、

深呼吸しながら、吸い込んでみた。

一瞬で、疲れが、消える!凄い!!!

御殿場から、京都まで、

『 the WATER 』を、

鼻から口から、吸いながら、帰ってきた。

以来、『 the WATER 』の、使い方が、

お肌の、お手入れだけでなく、

酸素吸入にも、使い出している。

 

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎出血、一瞬

先週末、鴨川の桜が満開で、

イヌたちと散歩を楽しんだ。

鴨川沿いのホテルが、

テラスならイヌも、OKで、

イヌたちを、木に繋いで、

カフェラテを、フロントにお願いしに。

テラスでは、

イヌたちが、取っ組み合いしていて、

慌てて、転んだ。

運悪く、石のエッジの効いた階段だった。

ぺくちは、キューンとないて、

凡凡は、私の背中で、ピョンピョン跳ねてる。 

近くのお掃除していた方が、

どうしてあげていいか、わからへん、、、と。

2箇所、切れた。

ダウンパンツも、切れた。

ダウンパンツで、良かった。

1箇所からは、血が噴いてる。

ぺくちが、血をペロペロ、舐めてくれる。

破傷風になるかも!?

お散歩バッグに、

mini サイズの『 the WATER 』があり、

スプレーしたら、直ぐに、止血した!!!

腫れもせず、翌日には、傷口も塞がってる。

素晴らしい〜と、感動した。

 

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎角栓、ポロポロ

母のお別れ会で、

久しぶりに会った従姉妹が、

私の肌を褒めてくれたので、

『 the WATER 』を、プレゼントした。

電話で、

肌から、ポロポロでてくる、、、と、質問が。

そうだった、使いはじめに、

角栓が、ポロポロでてくる。

ポロポロが、終わると、

肌の乾燥も、おさまる。

従姉妹には、そのまま使ってみて、と、

アドバイスした。

そうそう、

母は、

京都に着いた日、

結膜炎で、両目が、真っ赤だった。

『 the WATER 』で、

目を洗うように、スプレーしたら、

30分で、治った!

 

今、私は、花粉症の症状が出てる。

母への、お見舞いに持って行った、

ショートケーキ、プリン、シュークリームの、

食べすぎが、祟っている。

でも、大丈夫!

『 the WATER 』があるから。

目、鼻、口、に、スプレーすると、

一瞬で、かゆみ、グズグズは、消える。

まだまだ、あるけれど、

これらの、どれひとつ取ったとしても、

大昔ならば、

おーーー、神よ!!!

と、奉られたはずだ。

まさに、神業、神技だと思う。

母への、ホスピス入院費用を支度したが、

使う前に、

母は、あっけなく、旅立ってしまった。

母への、オマージュで、

『 the WATER リペアゲル』を、

予定より、早めに、

商品化する決断をした。

痛みに、抜群の働きをしてくれる。

国の天然記念物、天照石入り。

テラヘルツ波動を放つ。

テラヘルツ波は、

病気が存在し得ない領域だ。

早ければ、この秋には、リリースできる。

#京都#東京#ドッグラン#シュークリーム#点滴#健康#免疫力#ヘルスケア#再生医療#再生美容

『世にも美しいガンの治し方』 より引用