メールマガジン

ホーム > メールマガジン

メールマガジンの登録はこちらからお願いいたします。

テルマガ 第214号 2017/5/19

/

1昨日、3週間のギブス生活から解放されました!

ギブスが取れたら~~~
犬たちの散歩に行って~
自転車に乗って~
お買い物にいって~
両脚をお湯につけて半身浴をして~
普段、気にもならない手の届かない汚れが気になり、
踏み台に乗って片付けをして~っ
あっ!カーテンも取り吊るそう~っと。

あれこれプランを立てて楽しみにしていました。が、
すべて、吹き飛びました。

ギブス生活より不自由です。
左足がギブス型に固まってしまい動かない、、、
ギブスを外した瞬間だけ、ガリガリの細い脚でしたが、
ムクムクと腫れ上がり、足先は赤ちゃんの足のようにパンパン。
足首は3倍になってしまいました。
動かす度に、激痛です。

冷えている箇所に痛みは起こります。
3週間、血が通わずキンキンに冷え切っているので、痛いのです。
皮膚は無感覚でプラスチックか、ゴムを触っているようです、、、。
やれやれ~。。。温めて、動かすしか、ない!
まずは足湯から始めました。

お湯に浸していると、痛くない。
ブラウンクレイを入れた足湯を繰り返し、少しずつ
足を動かして、、、イタタタタッ
病院のリハビリ科からは、1週間は足を動かさず
なるべく安静に、すり足で歩くよ指導を受けました。
腫れて、ムクんで、冷えて、痛む足は、
温めて動かして治すしか方法はないのに。。。
少し動かせるようになり、半身浴に。
お湯に浸かっていると、幸せ~。

クレイバスなのに、汗が全く、出ません。
全身の体温が左足にかかりきりのようです。
かかとが、揚げ煎餅状のガサガサ。
ギブスで肌荒れ、赤い湿疹のカサブタ、、、。
無感覚なので、軽石でゴシゴシこすると
面白いように、ポロポロ取れます。ガサガサもカサブタも。
やりそうだな~とは、予言していましたが、
軽石でこすり過ぎ、赤むけになり、かかとまでヒリヒリして
なお一層、歩きづらくなってしまいました。
サイテーです。湿疹とブツブツやヒリヒリは、
フムスエキスのお蔭で、ひと晩で治ってしまいました。
フムスエキス!ソマチッド~Love!です。
すごいすごい。

もう10年以上前ですが、はじめて左足を骨折した時は、
リハビリの時、局部麻酔を使っていました。
今回の左足骨折は4回目!

前世の因縁の持ち越しらしく、左足ばかりです。
そうそう高校生の時の股関節脱臼も、左足のつけ根でした。
エジプト文明の頃、奴隷で、左足に鉄輪と鎖、
鉄の玉を引きづっている前世の自分と遭遇しています。
この不自由さを繰り返して、何を学べと、神様は仰せなのか?
この不自由さを、まさか、喜べ!?
この不自由さを、受け入れろ!かしら。

「リハビリには、2ヶ月ほど必要です!」と、リハビリ科で、言われました。
松葉杖を返却し、歩行杖はお借りせず、自退しましたが、
病院を1歩、外に出てみて、゛杖、借りてくれば良かった~゛と後悔でした。
まともに歩けない、だなんて忘れていました。

1回目の骨折は、入院1ヶ月。リハビリ10ヶ月。
人生もろとも、真っ逆か様に急落した体験でした。
雨の日の乗馬倶楽部での出来事で、
雨に濡れて、重さが増したサドルを脇に抱え、下り坂を駐車場に向かっていました。
車が、坂を上がってきたので、避けようと身体を回したら、
サドルの重さで身体だけ1周し、左足は地面に残ったまま、、、
ゴムの乗馬ブーツなので、滑らなかった、、、倒れて、左足が
地面から放れたら、左足がクルンと1回転して、戻ってました。

乗馬ブーツの中で、不気味なブツブツブツーッと
いう音がしてました。。。
普通じゃないことが起った、と自覚はありました。
痛いという表現では、足りない痛さで、
御殿場の病院では、ヤバい、、、と思い、
自宅の近くの病院へと都内港区まで友人の車で移動しました。
バファリン10錠も全く効かず、タオルを噛んで
ケータイから休日に診てくれる病院を捜しながらの2時間、、、
発狂しそうでしたっけ。
当直で整形外科医とレントゲン技師の揃った慈恵医大に着いて、
乗馬ブーツをハサミで切って、足を取り出したら、
足先がダラ~ンと落ちるのを見て、失神しそうでした。

その場で、ブスブス鎮痛剤を打ってもらい、
鎮痛剤大好き!鎮痛剤ジャンキーな日々のスタートです。
骨折3本、かかとが割れ、くるぶしが欠け、
腱が2本切れていました。
この骨折と比べると、今回の骨折なんて
かすり傷なのですが、学びの足りないがためか、
繰り返しています。

2回目は、熱海の自宅で、階段から落ち、
くるぶし上のボルトの入った所を骨折しました。
この時は、熱海で病院と整形外科医に恵まれなかったこともあり、
肝臓癌でお世話になった血液内科医の指導で、
手術もギブスも鎮痛剤も使わず、
ひたすら温めて温めて、歩いて歩いて、
2週間で、ほぼ完治に至っています。
3回目も同様です。
なぜ今回、ギブスをしてしまったのか、、、

病院と医師に恵まれて、しまった、からです。
京都府立医大病院が徒歩5分。
また、整形外科医師も他のスタッフの方々も、
信頼して従いたくなるよい雰囲気でした。
骨折患部に、ズレもありましたし、、、
まっ、いいんです。後悔しても仕方がない。

杖もリハビリシューズも丁重にお断りをしました。
鎮痛剤は、1錠も飲みませんでした。
鎮痛剤を飲まなかったので、痛みも最弱ですんでいると思います。
鎮痛剤を飲むと、効れた時に痛みが増す体験を散々しています。

1回目の骨折治療で、退院してからだけで、
1万7千錠の鎮痛剤を飲んでしまっています。
入院中の麻酔の点滴、鎮痛剤を含めたら、、、と考えると、
ゾッとします。
何だかケガ自慢になってしまい、申し訳ありません。
゛痛み゛は、冷えている信号で、血液が滞っています。
鎮痛剤は、なるべく使わないにこしたことない。
手を出したくなる気持ちは、よくわかりますが、
鎮痛剤は血液の流れを抑えるので、
効れると、痛みが増します。痛みも長引きます。

骨折の原因は、゛腎臓゛。
腎臓の弱り、です。
良質な水分=水か白湯。
果物か野菜を絞って作ったジュース以外は飲まないとは言われても、、、
あとの飲み物は腎臓にとっては負担でしかなく、毒なのだそう。

カフェラテ、チャイ、、、ハーブティー、、、止められません。
わかっていても、学びの薄い性分で、
今日なんて暑くてドクターペッパー飲んじゃいました。し。

骨折リハビリ慣れしており、せねばならぬことは、
よく理解しています。
これは骨折に限らず、どこかに痛みを抱えている場合、
同じかと思います。
痛みの箇所は、冷えており、血液が滞っています。
自分に合った方法で温めて、動かすしか、
セルフヒーリングの道はないのです。
足湯を繰り返し、半身浴2時間タームで入り、
ストレッチに、マッサージ、床拭き掃除に、自転車、
そして歩く。
冷えていた足に、血が通い出すと、とんでもない
カユミが襲います、、、。また、かきむしってしまい
フムスエキスに頼って、、、を、毎日繰り返しながら、
象足で重く鈍かった足に、神経信号が繋がったらしく、
足首が出来て、今朝は、パグ犬の散歩にも行けました!

リハビリに2ヶ月~!と、言われましたが、ド根性で4日目にして、
ほぼ復活です。
まだ、土踏まず、くるぶし、足首は、ゴムを巻いた様ですが、
生活に支障はないです。痛みとは、友だち感覚です。
もしも足を骨折をした場合、最短での治し方は、
病院に行き、レントゲン撮影は、する。
骨折の場合、骨のズレがあるか、、、ないか、、、確認。
ズレや脱臼がある時は、整形外科ですと、
手術かドリルでかかとに穴を空けて、重しで脱臼を治療する
ハメになりますので、整骨院か骨接ぎへ。

そして、足湯→半身浴→痛みの中に、快楽というか、シビレに変わったら、
室内で、すり足から歩行練習を始めます。
2~3週間で、完治に至るかと思います。
そうそう骨折する方はおられないかと思いますが、
ご参考にされて下さいませ。

——■明け渡し。。。————————————————-

゛コア・フロー゛と゛喜びのアルケミー・セラピー゛で、
お世話になっている、冨田しょうさんの施術サロンに、
1人の男性の顔写真ポスターが飾られています。

゛どなたですか?゛と、伺うと、インドの聖者、
真のバクタ、「シュリ―・ラマナ・マハリシ」氏でした。
写真なのに、マハリシの目が、
嵐山・天龍寺の心方睨みの龍の目みたいに
どこから見ても、目が合うのです。
まるで、ハリーポッターの魔法新聞!!不思議不思議。
龍の鋭い視線とは違い、優しく温かい眼差しで~目が合う。。。

マハリシの本もお借りして読むも、ちんぷんかんぷんで、
残念。でも、気になって仕方がない。
マハリシの別の本を、Amazonで注文をし、
また、読んでみるも、美しい内容であることしか、解らない。
ただ、理解したい、という気持ちが続きました。

1ヶ所、大好きな聖フランチェスコの祈りと、
カブるメッセージがあり、ハッとしました。

『どんな人や生き物の苦しみを和らげようとするにせよ、
それが成功してもしなくても、もし「私がこれをしている」という
利き的な感情を抱かず、「神がこの奉仕を通して私を使ってくださっている、
神が行為しているのであって、私は道具であるにすぎない」という
精神で行えば、あなた自身、霊的に発展してゆくだろう』の、一文です。

なぜ、ハッとしたのか、と申しますと、
肝臓癌闘病中、あまりに苦しくて、早く死にたい。と、
3分に1回、思っていた時期がありました。
この時から、毎晩寝る前に、神様に、
聖フランチェスコの祈りを捧げ、
゛私がまだ役に立つなら、神様の道具としてお使い下さい。
もう役立たずなら、早くお迎えください。゛と、
真剣に祈っていたのです。
そうしたら、癌が消えてしまいました。
もちろん、生活習慣も改め、冷え症改善にも努めましたが。

治ったからには、神様との約束を違えるワケには行かず、
自分なりに出来ることを探しては、努力をしているつもりでした。
ご希望の方を、私の主治医にご紹介したり、
本の読者、メールやブログメッセージのお返事、
1日中、お電話でお話しを聞いたりも。
会えるだけ癌闘病中の方にも会っていました。

父がよく゛癌が人に移る病気じゃなくてヨカッたね゛と、
言っていましたっけ。
休日なしで5年間続けていました。
父が亡くなり、母を抱え、叔母を抱え、
自分が潰れそうになり、この生活から足を洗いました。
そして、私に出来ることは~と、
よかれと思ってしたことは、全て裏目に出て、
ひどい目に散々あいました。

もうコリゴリだわ~!と、熱海を離れ、
京都に引っ越して来た次第です。
京都でも色々ありました。やっと落ち着いた、、、と
思ったら、、、マハリシを通して、
神様との約束を、思い出さされています。

神様の道具として、人として役に立つ生き方。
私は中途半端だったようです。
「すべてを神に明け渡せ」と、マハリシは仰せです。

『彼の御心に従い、すべてを明け渡しなさい。
神のはからいにまかせない。
もしあなたの希望に沿うように神に頼むとしたら、
それは、明け渡しではなく、命令である。

神をあなたに従わせておきながら、
自分は、明け渡したと考えることはできない』
(↑ 耳から血が出る。。。)

神は何が最善であり、いつ、どのようにするべきかを
知っている。
彼にすべてを完全にまかせなさい。
重荷は彼のものだ。
あなたはもはや何の心配もしなくていい。
あなたの心配はみな彼のものである。
(↑ 彼に、なびいてしまいます。。。)

明け渡しとは、そのようなものだ。
これが、バクティ―である。』

美しい美しいメッセージです。
そうか、私には、゛明け渡し゛が出来ていなかった。
ここまでは、理解出来ます。

ただ1つ、心配なことが。
゛明け渡す゛神様を、選び間違えてしまいそうな自分がいるのです。
そもそも神様を選ぶという発想がNGかもしれませんが、
ここを間違えると、とんでもないことになりそうなので、
しばらくジッとしています。

゛聖フランチェスコの祈り゛大好きです。ドキドキします。

※聖フランチェスコの祈り

神よ、私をあなたの平和の道具としてお使い下さい。

憎しみのあるところに、愛を、
罪のあるところに、許しを、
争いのあるところに、平和を、
疑いのあるところに、信仰を、
絶望のあるところに、希望を、
暗闇のあるところに、光を、
悲しみのあるところに、喜びを蒔かせて下さい。

おお、神よ、
慰められるよりも、慰めることが、
理解されるよりも、理解することが、
愛されるよりも、愛することができますように。

なぜなら、与えることによって、与えられ、
許すことによって、許され、
死ぬことによって、永遠の命を与えられるからです。

アーメン

——■バレリーナ・メソッド—————————————–

大変遅くなりましたが、
安間俊介さんと中島有貴さんの

「バレリーナ・メソッド」1~4

you tubeにアップロードしました。
今週の、足のリハビリは、゛バレリーナ・メソッド3゛
安間俊介さんの、足のストレッチを集中して実践しています。
効果、抜群です!

昨年9月から、毎週2時間、3ヶ月間、
お2人からパーソナルトレーニングを受ける幸せに恵まれました。
姿勢も変わり、歩き方が変わり、9kgの減量に成功しています。

「バレリーナ・メソッド1~4」を実践するのに
15~30分くらいかと思います。
続けることで、自分が変わりました。
ぜひ、ご体験、頂きたいです。

1 https://www.youtube.com/watch?v=5MMnNy8bZ1s&t=25s
2 https://www.youtube.com/watch?v=uvMrhG34zRU&t=15s
3 https://www.youtube.com/watch?v=E1VTCqHOVPc&t=21s
4 https://www.youtube.com/watch?v=UBNImMJrcMw&t=102s

中島有貴さんは、「家庭画報」の世界文化社・セブンアカデミーターで、
講座をお持ちです。「バレリーナ・メソッド」直伝
ご希望の方は、こちらへ。

セブンアカデミー

https://academy.sekaibunka.com/sebun/asp-webapp/
web/WWebKozaShosaiNyuryoku.do?kozaId=72882#program-shosai-table

安間俊介さん、いついかなる動作も、完璧に美しいです。
ウットリします。

来世はバレリーナとして生まれ変わって、
安間俊介さんと踊りたいです。

  • LINEで送る
  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる