メールマガジン

ホーム > メールマガジン > メ-ルマガジン2015/7/24

メ-ルマガジン2015/7/24

/

eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee El-Sham mail magazin

『テルマガ』 第131 ムラキテルミのエル・シャンメールマガジンです!  

eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee 本日のメニュー 2015/7/24(金)

★ 便秘にはアロエヴェラ

★ バランカオリーブオイル クレンジング

★ ノニ石けんシャンプー

★ 三朝温泉での感動

eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee http://el-sham.com

梅雨が明けた途端に真夏日が続いています。
体調を崩されませんよう、ご自愛ください。

——■便秘に『アロエ』、要ご注意のお願い—————————

以前より、頑固な便秘には『アロエ』とお勧めしておりましたが、
『アロエ』でも『アロエヴェラ』をお選び下さい。

『キダチアロエ』は苦くキツク、「常食してはいけない」と沖縄では
言われています。先日、沖縄でお目にかかりましたMr.グシケンから習いました。

どうも「医者要らず」と呼ばれているのは『アロエヴェラ』のようです。
確かに強烈に効きますので、ヘビーな便秘の時のレスキュー素材ぐらいに
お考え下さいませ。頻繁に使われるのでしたら『アロエヴェラ』を!
沖縄のオバァたちの言い伝えです。

心にしっかり留めないと。本当にごめんなさい。
ぜひぜひ、ご注意下さいませ。毎食前に食べる習慣は直ちにお止め下さい。

冷蔵庫に庭にと『キダチアロエ』だらけの母にも、よく注意しました。
はじめの1ヶ月は「出る出る」と効いていたのが、ピタリッと効かなくなって
いたそうです。不思議ですね?アロエに耐性が出来るのでしょうか?
ご注意下さいますようお願い申し上げます。

——■バランカオリーブオイル クレンジング————————–

『バランカオリーブオイル』の輸入会社社長の藤本真理子さんの肌、
イタリアンセレブのような美しい肌です。
毎日『バランカオリーブオイル』でクレンジングマッサージをされています。

お客様から「バランカオリーブオイルでクレンジングすると、
笑えるぐらい角栓が取れますね~」とメッセージを頂きました。
ご使用2ヶ月目のメッセージにも「まだまだ角栓出てきます」と。

スタッフのA子さんも、友人の会社のUVクリームを1年ぶりに使ったら
顔中ブツブツ…「あらら~大変」が、
『バランカオリーブオイル』でブツブツが取れ、以前の美肌に戻っています。
1年前までは毎日使っていたUVクリームです。
肌断食すると、化学物質を肌がイヤがるようですね。いいことだと私は思います。

私も洗顔前に『バランカオリーブオイル』クレンジングをしてみました。
アゴに脂の小さなカタマリが無数にあり、梅干しババァーアゴなので
なんとかしたい!と思いマッサージをしてみています。
脂が溶けて出てくるイメージです。梅干しババァーがどうなるか?楽しみです。

——■ノニ石鹸シャンプー———————————————

仲良しのキャシーから、
「ノニ石鹸をカットしてぬるま湯に1晩入れるとトロケるのね。
それを水で薄めてシャンプーにすると、地肌が最高に気持ちいいよ」
と、習いました。

1晩待てずに、ノニ石鹸で頭皮を洗ってみました。
私の場合だと思いますが、ネトネトしたものが、頭皮から永遠に出てくるのです。
ギョッ!!

ノニ石鹸のアルカリパワーが、頭皮に潜む酸化したブツを引っ張り出すようです。
スゴ~い!!

早速、メーカーの下地さんに
「ノニ石鹸シャンプーを開発してほしい」と、依頼をかけました。ら、
答えは「NO」

理由は「発酵してしまうんですよ」

発酵?腐るのでしょうか?
腐るのではなく、発酵してしまうのです。

ノニ石鹸の原料のノニ果汁は、発酵させてから加えられているそうです。
このノニ果汁が水分を含んだままだと、どんどん発酵が進んでブクブクになって
しまうのです。なので、ノニ石鹸シャンプーの製品化は難しくて出来ません。

ぜひ、ご自宅で溶かしてお試し下さい。
くれぐれも、お早目にお使い切り下さいますように。

ノニ石鹸で、私の肌が白くなったナゾが解けました。
発酵する力、発酵力です。

乾燥していて解りにくいですが、ノニ石鹸には酵素の力が働いていたんですね?
せんたく石鹸のCMでも“酵素が白さの秘密”と、うたっています。
某巨大化粧品ブランド・SKⅡも“杜氏の手が白い”と、ピテラという菌を使っています。

ますますノニ石鹸が愛おしいです。
今週末に、入荷予定です。ご予約承り中です。

——■三朝温泉での感動————————————————–

先週の博多 → 三朝温泉へと出掛けて、いろいろな驚きがありました。

博多「Belami」では、元気な人・健康な人は「電気が流れている人」「通電力のある人」
であると実体感。

生体微量電流治療が激痛なのは、ガンレベルの体の人だけ…
私は激痛で、体のメンテナンスがまだまだ必要であると思い知りました。

そして博多「Belami」でも、三朝温泉「中屋旅館」でも
“治る人”と“治らない人”の差を目の当たりにしました。

「自分の自己治癒力で治してみせる!」覚悟が必要なのでしょうか?
博多まで行けば、癌が消えるらしい…
三朝温泉に行けば、癌が治るらしい…治るかも…と思って来られている方は、
全く変化が見られません。

中屋旅館のご主人が、お客様の様子を見て細かく食事内容を調整して下さったり、
朝・昼・晩と特製ジュースやスープを用意して下さっても「当然」のような顔で…
「自分が癌で大変~」がプライオリティー断然1位。
こんなケア、病院でもしてくれません!
ハタで見ていて“もったいないな~”と感じました。

変化があっても気付けない。文句ばかり…
遠くからワザワザ来たのに…
熱が出た…痛い…
患部が腫れた…
治癒過程でリンパ液や血液が集まって痛み・発熱し、腫れてから治ります。

この2つの博多と三朝のことで、自己治癒の鍵は「気」だと、心底思いました。
「Belami」では電気の力を借りて「気」の通りを整えてもらえます。
三朝温泉「中屋旅館」でも、ラジウムの地熱力を借りて体温を上げて
「気」の流れを整えます。その前にいくら場や環境が整っても、
ご本人の意志力が揃わないと、自己治癒力が発揮されないようです。

病気は「気」が病んでいます。
やはり「気」です!
病気になったらまず、自分の「気」が病んでいることを自覚して、
周囲への「気」遣いを心掛けることが大事だと思いました。

癌は細胞の酸化が進んで、腐っている状態です。
腐りかけているのを治してくれ~とは厚かましい話で、恥と思い謙虚にならないと!
果物だって野菜だって、腐っていたらゴミ箱行きです。
人間だけが“私は○○癌”とか言って偉そうにしています。

施術者は「治す人」。
「治って当たり前」だと思い込んでいて、すっかり自分は受け身…
施術者の全身全霊を込めたケアに感謝の気持ちが微塵もない。
だから「癌の人は、ちょっと…」と敬遠されてしまいます。これが乗じて、
石原結實先生のサナトリウムは、癌患者一切お断り!となってしまいました。

あなたの癌の責任は、あなた自身にあります。
職場や家庭の人間関係のせいにしていては、自己治癒は始まりません。
あなたの癌を治す力は、100%あなた自身にあります。

生体微量電流治療も、ラジウム地熱オンドルも、あなたの自己治癒を高める
サポーターでしかありません。あなたの血液を浄化して、
血行を促す助けをしてくれているだけです。

あなたの浄化された血液がガンを体外へ運び出し、必要な栄養を運び込むのです。
あなたの美しい血液が、癌を治します。あなたが癌を治すのであって、
博多「Belami」でも三朝温泉「中屋旅館」が治すのでもありません。
癌治癒の強力なサポーターです。

お会いしたこともない方の、非常識やワガママ勝手放題に頭を下げ
謝ることには慣れました。腹が立たない、と言ったらウソになります。

真剣に癌自己治癒に取り組んでおられる方の出入りが出来なくなっては
困ります。石原結實先生のサナトリウムのように「癌患者一切お断り!」と
ならないよう、ぜひ抱えきれない感謝の気持ちを抱えて
博多と三朝温泉にお出掛け下さいますよう、お願い申し上げます。

今週も最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。
それでは、本日はこのへんで。 ムラキ テルミ

  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる