メールマガジン

ホーム > メールマガジン > メールマガジン2015/7/31

メールマガジン2015/7/31

/

昨日夕方から今…熱海の海上は、視界ゼロ。 
真っ白です。フクシマで何か起こったのでしょうか。 

最近お電話で、薬の止め方のご質問を受けます。 
「どうやって止めたらいいか?」 

誰かがムリヤリ口の中に薬を放り込むのでしょうか? 
間違いなく、ご自分の意思で飲んでいるのに、 
「病院から一生飲むように言われているので、怖くて止められない」 

病院は喋らないと思うので、自分で責任を取りたくなくて 
誰からのせいにしたいのでしょうか。 

私は幸い、石原結實先生の保養所へ初めて伺った初診の日から、 
すっぱり断薬しております。 

薬の副作用は筆舌に尽くし難く、絶え間ない痛み、 
視界から色が消え、電子音をひろう耳鳴り…と次々と症状が出続け 
治るまでに約3年かかっています。 

石原結實先生からは、断薬だけでなくサプリメントや 
健康食品も止めることを勧められました。 

「効くものは止めた方がいい」と。 
私の場合、肝臓癌でしたから。 

その頃、ア○ウェイのトリプルXやプロテイン・カルシウムの 
サプリメントをザラザラ摂っていました。 
ひどい骨折をしてしまったので…良かれと思ってせっせと。 
これも数えたらすごいボリュームになりそうです。 
20粒ぐらいを毎日2年間です…1万4000粒~!ヤダヤダ。 

健康食品と言えば、ある石鹸工場の工場長が大学生の頃、 
4年間、ミ○プルーンの工場でアルバイトされていました。 

製品の製造ラインで原料を流し込む作業をされていたのですが、 
この4年間に1度もプルーンが納品されたのを見たことがないそうです。 

ナマ、ドライ、冷凍、いずれのプルーンも1粒たりとも見ていない。 
代わりに、コールタールと酸味料と香料は「ぎょーさん」見て 
扱ったそうです。 

ぎょっ、私、3年ぐらいお付き合いで買ってました…。 

そしてもう1件、万○酵素の社長様。 
同じ肝臓癌ってことで、主治医をご紹介したことがございます。 

主治医から「その健康食品が癌の原因だから止めるように」と 
言われますと、 

「先生、大丈夫です。私が飲んでいるのはコールタールが入っていません」 

またもやコールタール… 

私、こちらも2年ぐらいお付き合いで買ってました。 

ミ○プルーンと万○酵素って、すごく味も形状も似ています。 
あれってコールタールの粘りと味なんだ。 

ある石鹸メーカーの社長様が、石油から作るグリセリンが 
水飴のように甘くてうまい!と言われていました。 
きっと、これが共通原料かもしれません。ひどい話しです。 

ということで、健康食品も要注意です。 

「お前もアップルペクチン売ってるじゃないか!」と 
言われそうですが、「レストラン山崎」の製品は、 
健康食品ではなく食品です。 
原材料は、木村秋則さんのリンゴだけ。 

アップルペクチンドリンクは、木村秋則さんのリンゴと 
木村秋則さんのリンゴ畑で摂れたハチミツだけです。 
山崎シェフが、リンゴの冷製スープやリンゴジュース、 
デザートに使った木村秋則さんのおリンゴの皮と芯と種を 
20年分冷凍庫で保管されています。 
原料は、このおリンゴの皮と芯と種です。 

「木村さんのリンゴの種1つ、捨てられない!」と20年分を 
保存されている山崎シェフが本当に素晴らしいと思います。 

穏やかなのが安心です。即効性はないかもしれませんが、 
腸の浄化が一番の「自己治癒力UP↑」「自己免疫力UP↑」の道。 
人間の身体は、表面も内側も「一枚皮」です。皮膚の状態は 
体内の状態を現し、腸の状態も体内の状態を現しています。 

「便秘は薬を使っても出しなさい」と、 
主治医が万年便秘症の母に言っておられました。 

腸内で造血までしているのに。 
腸内に70%の免疫細胞が棲んでいるのに。 
便秘や下痢では肉体の土台が築けません。 

便秘も下痢も、身体の芯部が冷え切っています。 
あなたの「腸」能力を越えた食べ過ぎです。 
まずはお腹の中からご一緒に改善して参りましょう。 

今週も最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。 
それでは、本日はこのへんで。 ムラキ テルミ   

  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる