メールマガジン

ホーム > メールマガジン > メールマガジン2015/7/10

メールマガジン2015/7/10

/

eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee El-Sham mail magazin 

『テルマガ』 第128 ムラキテルミのエル・シャンメールマガジンです!   

eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee 本日のメニュー 2015/7/10(金) 

★ 地球を救うたった1つの道 

★ 注意医学の時代 

eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee http://el-sham.com 

今週3日間、沖縄へ行って参りました。 
帰って来て、放心状態です。日本の終戦は終わっていない… 
日本は敗戦国なのだ…と痛感しています。 

以前、ベトナムに仕事で行く機会があり、名刺交換する度に、 
”私たちは、アメリカに勝った!日本は負けた敗戦国だ” 
と言われても、ピンッとはきませんでした。 

第2次世界大戦なんて遠い昔のこと。 
ベトナム戦争だって私にとっては過去形でした。 

ところがところが…今回の沖縄旅行は「戦争」の概念をも 
覆す体験となりました。 

『島唄』を聞いて歌詞が戦中の内容だったことを知ったから…とか、 
『○○碑』を訪ねて戦争のキズ痕を見たから… 
のレベルの比ではありません。 

書こうかどうしようか悩みましたが、 
「信じられない」「信じたくない」方には申し訳なく思いつつも、 
知り得た責任を感じますので、メルマガ会員の方だけには 
この情報を共有したいと思います。 

事の発端は「沖縄科学技術大学院大学」です。 
この世のモノとは思えない、素晴らしい大学院です。 
三方を海を見渡すロケーション、広大な敷地、 
最先端の技術の結晶の建造物。 

1年間にたった20人の天才の為に用意されています。 
1研究ごとに素晴らしい研究室に、図書館まで用意されている! 
地球上の最先端の科学分野の研究が集結して、近未来の地球を 
救う「たった1つの道」を研究されています。 

「たった1つの道」! 
「たった1つの道」とは? 

水素はじめフリーエネルギー? 食糧難打開? 
空気中から水を作る? 
病気究明の道? 

いえいえ。 
地球を救う「たった1つの道」とは、人工削減…です。 

爆発的に増えている地球上の人口を調整する研究機関なのです…。 
スポンサーは米国防省です。 
世界中から天才を集めて…。腰を抜かしました。 

なぜ日本で? 
なぜ沖縄なのか? 
日本が敗戦国だからです。 

日本人が、地球人口削減ミッションのモルモットなのです。 

アメリカ製の農薬、化学肥料、合成飼料が世界市場の75%も日本に 
輸入されているのも、日本人がモルモットだから。 

木村秋則さんが、日本は敗戦国だから仕方がない…と言われていた意味が 
やっと分かりました。 

食品添加物の規制がないに等しいのも、人体実験のため。 
子宮頸癌ワクチンも、初潮前に打つことで 
子供の産めない体になる→人口が増えない。 
抗ガン剤も…添加物食を食べ、農薬野菜や成長ホルモン剤で育てられた 
牛豚鶏の肉や卵、牛乳を口に入れて癌になり…抗癌剤で死に至る。 

フクシマにも仕掛けがありそうです! 
薬物だけではなく、白砂糖も合法的な覚醒剤です。 
まともに思考できない脳を作ります。体も冷えてしまいます。 
化学精製塩は病気発生促進剤。 

アメリカ製品種改良小麦も、内臓内細胞間で粘着質性を発揮して 
体内信号を乱す。 
日本国中、すみずみに人口削減実験の網が張られています。 
どうじようもない。 

見ることの出来ない見えない巨大すぎる力に乗っ取られ、 
支配され続けていたのです。 

今日、日本人の3人に1人が癌死し3人に1人が精製塩起因もしくは 
抗生物質起因の心筋梗塞もしくは心不全死です。 
死亡年齢も若年化しています。 

人口削減が、地球を救うたった1つの道! 
これは納得してしまいます。 

私たち人類は、地球上のガン細胞化しています。 
中国、インド、アフリカ、南米で増え続ける人口を 
どうにも止められない。 

だからと言って、 
人体実験を日本でしなくてもいいのではないか!と 
腹が立ちますが、日本はアメリカに戦争に負けたから仕方ないのだそうです。 
日本の敗戦って、終わっていないのです。 

放心状態のまま『私は何をしようとしているのか?』と 
全てがバカバカしく思えます。 

バカバカしく思えたって何だって、自己防衛しかない!!! 
口にするモノ、体に打つモノ、体に当てるモノ… 
細心の注意を払って下さいませ。 

己れの無力さに情けない思い NOWですが、偶然このストーリーを 
知ったのにも何か意味があるのでは?と3日目にして思えつつあります。 

自己防衛しかありません。国も県も町も病院も私たちを救っては 
くれないようです。 
自己防衛の道を、探り続けていこうと思っています。 

——■注意医学の時代——————————- 

もう癌になってからでは遅いので、癌になる前に生活改善を! 
と言っても、癌や奇特な病いにかからないとスイッチが入りません。 

博多の生体微量電流治療で、痛い!ところで病気の兆しを知ることが 
出来ますが、博多まではね… 

もっと身近で簡単なのが、腸の状態です。 
大便の姿・形・臭いを注意することで、大概の病気を予防出来ます。 

「バナナのような1本形!赤ちゃんのような乳酸菌臭!そして 
水に浮く!食事の回数以上の便通!」 

この4つの条件が揃っていれば、体内にトラブルなしです。 

「木村秋則さんの二段しぼりアップルペクチン」 
100兆匹の腸内フローラの大好物であるアップルペクチン、 
水溶性植物繊維と不溶性植物繊維をバランス良く含んでいます。 
甘味と香りつけの、木村さんのリンゴ畑で摂れた蜂蜜には、 
非常識な数の微生物が活発に動いています。 

自分の便を見て、体内の状態を知ることが出来ます。 
トイレに1人きりなのですから、見張れるのは自分自身だけ。 

「二段しぼりアップルペクチン」 

自己防衛、そして自分に注意を促すことにお役立て頂きたいです。 
朝食代わりに1本飲まれることをお勧めします。 

蜂蜜も入っていますので、糖分補給には朝が一番です。 

今週も最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。 
それでは、本日はこのへんで。 ムラキ テルミ   

  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる