メールマガジン

ホーム > メールマガジン > メールマガジン2015/12/4

メールマガジン2015/12/4

/

今週は夜更かしをしており、真夜中に小腹が空くのが抑えられず…
純生黒糖を丸めてココアをまぶす、するとまるで生チョコレート・トリュフみたい~
というよりも、生チョコレート・トリュフより美味しい!にハマり、1瓶食べてしまいました。

マクロビオティック料理研究家をしていた頃、焼き芋をマッシュして
メープルシロップを加えて丸め、ココアをまぶしてトリュフを作っていましたが
どうしても水っぽくなり、日持ちがしないどころか時間持ちもせず、
その時に食べる分だけ作っていました。
純生黒糖トリュフは、翌日も翌々日も美味しいです。

かわいいチョコレートボックスに、この純生黒糖トリュフを並べたら、ステキな贈り物に
なりそうです。クリスマス・ディナーのデザートに、お試し下さいませ。
1つつまむだけで、大満足な甘さです。お腹の虫もおとなしくなります。

今週の「見えない世界、大好き!」は、『二元性の卒業』です。
お伝えしたいのは、「光は、自分に射て」。
これは、友人のキャシーから教わりました。

「光」は、自分の視線の先と心の向きに射します。自分の目から、
そして心から、光が発します。私たちはエネルギー体なので。
このエネルギーを外側に発散して浪費せずに、自分の内側に集中するとは?
二元性からの卒業をしないと。

光と闇、静と動、愛と怖れ、幸と不幸、喜びと悲しみ、お金持ちと貧乏、
内と外などの相対的な考え方を止めてみる。一番の二元性が、自分と他人です。

どうやって、止めるか?

この2つの極の間には、境いがないことを知るだけです。
光と闇の間には、ココから光でココから闇というような境いはなく、
繋がっています。自分が明るいと感じるか、暗いと感じるか、だけ。
静と動も同じ、すべて境いがないのです。
お金持ちと貧乏の境いもなく、繋がっています。一直線上に。

自分と他人、自分の内側と外側の境いを、どうやって取り除くか。

視点を高く持つと、簡単に外せます。
遠くに見ていた宇宙と、宇宙から見られている自分。そして、
宇宙を見ている自分が、実は一体であったことに気づく時代に入っています。
そう、内も外もないのです。

人は、見ているものになる!人は、思うものになる。
見ているもの、見えているものは、自分自身です。
自分の内側から、外側の世界を作り出しています。

時間も境いがありません。今この瞬間に時が流れ、過去を作り出しています。
未来が押し寄せて来て、今という瞬間を通り過ぎて、過去を作り出すのか。
過去が積み重なって今となり、未来へ押し出されているのか。
どちらにしても、過去・現在・未来の境いも切れ目もありません。
繋がっています。

明らかなのは、過去の自分が今の自分を作り、今の自分が未来の自分を
作っていること!これは確かです。
「今」この瞬間に、過去も現在も、未来も存在しています。
「今」私が在る。光と闇の真ん中に、「今」私が居ます。
愛と怖れの真ん中に、「今」私が居ます。
内側と外側の真ん中に、「今」私が居ます。
大切なのは「今」この瞬間に、私が在る!ということだけ。

私の内側に、この宇宙を映し出す力がある。
何を見たいのか?何を映したいのか?を、
自分でコントロールすることが可能です。
毎日、自分が見ていることは、自分の心模様なのですから。

私たちが見て、感じて、思っていることは、全て自分の「波動」の
周波数がキャッチしていることだけ。また「波動」です。

私たちの内側で発している波動の素は、原子(アトム)ですよね。
この原子(アトム)が、自然界・宇宙の存在物の調和をとる
波動数を受発信しています。

原子(アトム)の中で、6つの「陽子」が花びらのように「中性子」を
構成しています。この花びらの中心を、ものすごいスピードで、
電子がスパイラル運動しています。「陽子」には「意志」があり、
「愛」を現しています。常に常に。「中性子」には「意識」があり、
「調和」を取り続ける。私たちは、「愛」と「調和」のエネルギーを発信する
60兆個の細胞で体が作られています!美しいですよね!!震えます。

なぜ「愛」から外れ、不「調和」なエネルギーに傾くのか?
顕在意識のしわざです。でも、ご安心下さい。
顕在意識は、自分で簡単にコントロール出来ます。

どうやって?

自分の前に起こる出来事、出会う人、場所、モノ…すべてに対して
「全くジャッジをしない」だけです。すごく簡単でしょう?これだけです。

ただね~、日本人1億総評論家時代ですからねぇ~。
私たち、判断と批判と非難、誹謗、中傷が大好き。
気が付いていないから…全て自分に還ってくることに。

もう、今日からジャッジすることを止めましょう。
たったこれだけで、自分の本質である「愛」と「調和」にアクセス出来ます。
自分の本質とアクセス出来れば、勝手にヒーリングが起こります。
肉体も精神も。

誰も私を幸せにしてくれません。自分で自分を幸せにしなくては。
誰も私の病気を治してくれません。自分で自分を癒さなくては。

私たちの本質は「愛」と「調和」です。
本質とアクセス出来ていれば、外からの影響を一切受けません。
この地球上で、最強のエネルギーが「愛」なので。
最弱が「怖れ」です。

本質とつながれば、地球のエネルギーとアクセス出来ます。
そうそう、地球も呼吸しています。以前NASAが、成層圏の膜で拾った
地球の呼吸の音を聞いたことがあります。
映画「ガイア・シンフォニー」の上映会場に流れていたのです。
波のリズムと似ていました。静かで深くて、とっても気持ちがいいリズムでした。

この地球のリズムで呼吸出来ると、気持ちがいいだろうな~と思い、
今、毎朝、犬の散歩の時にビーチで波の音に合わせながらZEN呼吸法をしています。
最近では、ピタッと波のリズムと自分の呼吸を合わせることが出来、
電気が走るような快感を体験しています。
海の近くにお住まいの方は、是非、お試し下さい。すごく気持ちがいいです。

今週、大切な方を亡くし、底なしの悲しみを味わいました。
悲しむと、どれだけ波動が落ちるかを実体験しました。
1日だけで気づけましたが、もう地獄だと痛感です。
見るもの、聞くもの、触るもの、口にするもの、全てが気に障り、
イライラしている自分です。心が冷たいから、手足も冷える。

一番、手っ取り早く「波動」を上げる方法が、食べないことと
体温を上げることですので、徹底して汗をかいたりしましたら、
2日ほどで元の状態に戻れました。

今朝、体のあちこちが痛くて目が覚めました。
節々が痛い…風邪です。今朝イチ番の体温が、37.5℃~
こうやって、風邪ウイルスの力を借りて体は波動を上げ、デトックスをします。

風邪も血液の浄化作用です。体は、今よりもより良い血液状態を
保つために、風邪をはじめ、様々な病気やアレルギーを起こします。
全ての病気の原因は、血液の汚れ!
その逆も真なりで、全ての病気の目的は、血液の浄化です。

だから、病気の症状を抑えてはいけない。病気が長引き、悪化します。
痛みは、体が冷えている箇所を知らせてくれています。
冷やしては、いけない。温めないと。

風邪は「波動」調整もします。発熱は、汚血を燃やして浄化する目的と、
高体温は高波動ですので、低く落ちた「波動」を上げます。
薬で熱を抑えてはいけません。せっかく、高波動に向かっているのですから。
今日の風邪にも感謝です。

高波動の世界は、きっと存在していると思います。他人などと自分を比べたり、
非難したり、怒ったりして自分を差し出すことはせず、全てのエネルギーを
自分に向ける。

自分を差し出して、自分の大切で貴重なエネルギーを怒りや不満の対象者に
与えてしまう、そんなエネルギーの浪費は、止め止め。

「光は自分に、射て」。美しい言葉ですよね。
自らのエネルギーは、自らの「波動」を上げ、
「愛」と「調和」そのものに近づく為だけに使わないと。

特別なことをする必要はなく、自分の行動と言動に「愛」があるかどうか、
常に見張るだけです。見張るべきは、他人ではなく、自分です。
自分の心と言動と行動。

今週は、自分の前に起こるコト、出会う人に対して、
「全くジャッジをしない」ことを試してみませんか。
全てを受け入れてみることの体験です。

——■10年越しの夢が叶いました—————————————

一作年秋、日本商品開発研究所の高波動水を飲んで15~30分後に
シャーッとトイレで用を足しましたら、それまで泥のように疲れていた
体が一変して軽くなり、腰を抜かしました。

「高波動は低波動より優先する!」という宇宙の法則があり、
私の体内の疲労物質であった低い波動の水が、高波動水を飲んだことで
体外へデトックスされ、疲れが流れ出ました!すご~い!!すごい!

この体験以来、「波動を上げる!」が趣味となっております。
「デトックス」と「高波動」が、今の私の生活の楽しみごとです。

「波動の法則」は、20年前に足立育朗さんのセミナーを穂高養生園で
泊まり込みセミナーを受けるも、ちんぷんかんぷん。
私、頭 悪いからな~と、解らず仕舞い。

ところが、この高波動水を飲んでから実体感しましたので、
俄然興味が沸きました。足立育朗さんの書いていることが、
スルスル飲み込めるのです。
やはり、「興味を持つ」ことが、理解力を生みます。

日本商品開発研究所は、日本で3本の指に入る水素研究所です。
水500mlで車を走らせることや、水素発電の研究に成功しています。
水は、水素を切り離して振動水を高めると、起爆力を持ちます。
2000度~8000度にまで水を燃やすことにも成功しています。
この、高燃焼をする時に、副流水が出来ます。
エアコンの室外機にホームがついていて、ポタポタ水が落ちてくるイメージです。

この副流水が、2000~8000度の振動数を持つ、超高波動水です。
この超高波動水の働きが、凄い!「超高圧洗浄水」なのです~。

もう、1吹きで、大概の汚れを落とします。
お風呂場の湯垢、曇りきった鏡、窓ガラス、食器ではクリスタル製品、
ジェリーですとダイヤモンドがギラギラに輝きます。
腕時計の金属のパーツの間の真っ黒な汚れも、
シューっとして歯ブラシでコスるとドロドロ落ちます。
メガネもピカピカ。大理石の床、キッチンカウンター、お墓…
そして車のタイヤなどのピッチ汚れにも。

食器の肉料理汚れも1吹きです。川崎では、大手精密機器メーカーが、
製品やベルトコンベアーの油汚れ落としに使っています。
横浜ではビル清掃会社が、高層ビルの窓洗浄に。

この高波動水洗剤の素晴らしさは、機能だけではありません。
なんと、原材料の「99.9%が水!」

「99.9%が水!!」なのです。素晴らしいです。

地球への負担が限りなくゼロに近い。
日本商品開発研究所の掲げる、
「ゼロ・エミッション」⇒地球負荷ゼロ商品です。

ただ、私たちのような小さな商店が、新商品として開発するのには
沢山の壁がありました。高波動「水」洗剤原液の確保もさることながら、
ペットボトルの注文ロット数が、万単位なのです。
そして、水洗剤をペットボトルに詰める充填ロット数も、数千単位…
詰めた水洗剤をシーリング(封印)するのも数千単位…
せっかく良い商品に出会えているのに、生産数数が多すぎて
手に余っていたのです。10年間も。

この春に発想を変えて、手作業・手作りでボトリングする方向で
商品開発を進めて来ました。

ペットボトルは、日本では色の付いたペットボトルの生産が禁止されて
いますので、グリーン色をしたイタリアのサン・ペルグリーノ発砲水の
ボトルに決めました。いくら99.9%水とはいえ、誤飲されては大変です。
体内の油を全部溶かし出してしまう…
なので、飲んでしまう心配のないように、ピストルグリップスプレーヤーもセッティング。
ラベル・シールのデザインは、
熱海在住の消しゴムはんこ作家・津久井智子ちゃんにお願いし、
とてもピースフルでキュートなラベルが出来上がって来ました!!
カワイイ~です。

何せ手作業手作りでボトリングしています。それどころか、
サン・ペルグリーノを買って飲むところからスタートしています。
家に来られたお客様は皆様、サン・ペルグリーノをふるまわれます!
数が作れませんが、こんな商品作りを楽しんでいます。

工場ラインに乗せずに手作りをしましたので、
日本商品開発研究所の商品よりも、半額のプライスで出来ました!!

この「水洗剤」のサンプルをトイレの便座に使った友人が、
トイレに座った時に『ツルっ』とすべった~!!と笑っています。

玄関が真っ白な大理石の友人宅は、
玄関に立つとスカートの中のパンツが映ります!

10年来の夢が叶い、商品化出来ました。

「99.9%高波動・水洗剤」2015年12月7日(大安)発売スタートです。

年末の大掃除に間に合って、すごく嬉しいです。
お部屋の輝きも「高波動」です!

では、ステキな週末を。

  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる