メールマガジン

ホーム > メールマガジン > メールマガジン2015/12/11

メールマガジン2015/12/11

/

先週が12月1回便目のテルマガで、
期間数量限定販売品‘1st Sunday’の商品ご紹介をするハズが、
商品の調達が間に合いませんでした。
鳥取県・坂本りんご園のリンゴチップスです。

間に合わないどころか、来月の‘1st Sunday’にも間に合わない。
それだけでなく、
来月の‘1st Sunday’予定品・レストラン山崎「奇跡のりんご冷製スープ」。。。
これまた揃えられない。。。

商品として扱いにくい、
期間限定だったり、数が揃えられなかったり、クール宅急便扱いだったり。。。
やはり私たちには、扱いにくく、揃えにくいことが、よく判りましたので、
‘1st Sunday’は企画倒れ。。。ということで、
たった3ヶ月目にして潔く止めることにしました。

根性がなく、申し訳ありません。

つきましては、納期に間に合わなかったリンゴチップスは、
1月半ば頃から、ご注文Boxのオマケとして同梱させて頂きます。

木村秋則さんの「奇跡のりんご冷製スープ」は、
レストラン山崎まで直接ご注文をお願い致します。
tel 0172-34-7469(パティスリー山崎、俵谷さん)

——■ささやかなカスタマーサービス実施のお知らせ————————-

春に、配送費用の代引き手数料(コレクト手数料)無料化を実施させて頂きました。
今回は、送料を全国一率 540円(税込)と、改定させて頂きます。

中部・首都圏の方は送料は変わりませんが、
遠方からのご注文ですと、地域によっては、半額に成る方も!

これは、クロネコヤマトがサービスしてくれたのではなく、
私ども((株)エル・シャンからの、ささやかなプレゼントです。
私たちは、すごく幸せです。

なかなか、Amazonのように送料無料化が出来ず、申し訳けありません。

送料が高いことは、何度もクロネコヤマトに交渉しておりますが、
私たちの商いが小さくて、巨人化しているクロネコヤマトはビクともしません。。。
今のところ、惨敗。。。どうしたら送料無料化が実現するのか?目処も立ちませんが、
ある日、クロネコヤマトから夢のような目の覚める運賃表が届くのでしょう!
引き続き、努力をして参ります。

——■99.9%高波動水「水洗剤」ご使用上のご注意を、1つ———————-

決して、飲まないで下さい。これは強力な洗浄剤水です。

食器や窓ガラスの油汚れを落として頂ければ、すぐに判りますが、
一瞬で油を溶かします。飲んでしまって、体内の脂が溶けてしまったら大変です。
脳細胞は90%が脂質です。
脳細胞が溶けてバカになってしまうかも…

「この高波動水は、飲んでもいいのか?」と、ご質問を頂き、腰を抜かしました。

腕時計のベルトやジュエリーにシューっと一吹きし、歯ブラシなどで
優しくブラッシングをしますと、真っ黒な垢の汚れが落ち、快感です。
メガネも美しく輝きます。

食器洗いの時に便利なウォッシュクロスを、
99.9%超高波動水「水洗剤」発売記念に、プレゼントとして用意出来ました。
来週から同梱させて頂きます!

もちろん、今までお使いのスポンジでも、汚れ落ちは変わりません。
ただ、布タイプで、キッチンにあるとカワイイ!です。

——■乳癌里芋湿布・友の会—————————————————

横浜の典子様より、ご自身の乳癌の里芋パスターで自然療法ご体験中のメッセージを
頂きました。もう、びっくり!です。

「こんにちは。横浜在住の典子と申します。
テルマガのメグミ様のことが気になって初めてお便りします。実は私もまったく同じ状態です。
私が乳癌と診断されたのは、2008年5月今から7年半前です。
毎年乳癌検診を受けていた病院から紹介状をもらい、神奈川県立癌センターで行った
その日に生検、抗がん剤、手術、放射線の予定を組まれ、
その為の検査をしていくようにと!

納得のいかない私は最低限の検査だけして帰って来ました。
毎年検診していたにもかかわらず、すでに腫瘍の大きさは4cm。愕然としました。
それでも、生まれつきの重症アトピー患者だった私がステロイド剤から脱却して、
自然療法で乗り越えた経験があり、いわゆる三大療法の弊害の知識も多少あったので、
西洋医学的治療は受けるつもりはなく、案の定ドクターとのバトルの末、
病院を追い出されました。

その半年後、ある方の紹介で代替療法の病院に行くことになったのですが、 
その時の診断では腫瘍は10cm、ビタミンC点滴(1回¥20000)温熱ドーム治療(1回¥15000)
高額治療費の為、続けることができなかったのと、担当医が辞めてしまったので
それ以来病院には行っていません。

それでもなんとかしなくてはと思い、安保先生、石原先生、星野先生、済陽先生、
帯津先生などの本を読みあさり、6年間ほど温熱とゲルソン食事療法、+サプリメント
などで、どうにかこうにか生き延びてきました。

ところが昨年の夏頃から体調悪化。身体が動かなくなってしまいました。
陶板浴に通い少し回復しましたが不安ばかりが頭をよぎりました。

そんな中11月に横浜朝日カルチャーでムラキさんのご講演を聴くことができ、
それ以来、すっかりムラキニストになってしまいました。
ニンジン、リンゴジュースはゲルソンでずっとやってきましたが1日1,5食
体重32kgの私にはこれ以上削ることが出来ず、その他煮小豆などをおやつしています。
今年2月から里芋湿布とビワ葉コンニャク湿布、ビワ葉温灸、温熱ドーム(スマーティー)を
続けていたのですが、半年経った8月頃、もともとアトピー体質だった為、
右胸が熟れたトマトのようになってしまいヒリヒリ痛くてたまらなくなってしまい、
ここで里芋湿布は断念、するとその数日後右胸の下に穴が開き、止め処もない
出血が始まりました。ちょっと手を動かすだけでもすぐに出血してしまい、
拭いても拭いても流れてくる、新聞紙の上のティッシュ山を見て、
さすがにこれでお終いかなと思いました。ところが主人は違っていたんですね。
これは浄化しているんだから、石原先生の本にそう書いてあったじゃない。
だから出すだけ出しちゃえばいいんだよといたって冷静。
私はこんな主人に何回救われたことか。いえいえずっと救われ続けています。

来る日も来る日も出血は止まらず、いったい採血の注射器何本分出て
しまったんだろうと。2ヶ月くらいしてようやく落ち着きはじめた頃、
すでに私の右胸の3分の2は溶岩の塊のようになっていて
右下の原発の部分からまるで溶岩の中からマグマが噴出するように
親指の第1間接から先くらいのピンク色の肉片が現れました。
それがだんだん赤みをおびて茶褐色になり黒ずみ、表面がかさぶたになり
少しずつ剥がれ落ちています。
たぶん表に飛び出した癌細胞が壊死しているのではないかと思います。
回りのコチコチの溶岩の皮膚も剥がれて代謝しています。

これから先未知なる領域で何が起こるかわかりませんが、
生体は間違ったことはしないと、石原先生もおっしゃっていたので、
自分の自然治癒力を信じたいと思います。

ちなみに先日、赤峰勝人さんの講演会で知り合った方も、まったく同じ状態でした。
写真を見せてくださったのですかピンク色が飛び出していました。
メグミさんも集めて出すだけ出したら、きっといい方向に向かって行くと思います。
機会があったら同じような仲間がいるとお伝え下さい。

ずっと胸をかばって寝たり、無理な体勢で生活している為か、
背中というか肩甲骨から右腕付け根が痛くて右手が上がらなく困っています。
来週、源平先生のポスチュールペールの予約をいれました。
いつも貴重な情報ありがとうございます。毎日励まされ、希望の光となっています。
長い文章でごめんなさい。またその後をお知らせしたいとおもいます。」

岩手県のメグミ様も、里芋湿布9ヶ月目に乳癌に穴が開いて、
joyカップ(吸い玉療法)と併用しだして3ヶ月目。
まだ、黄色い液が出続けております…。

体内神秘としか申せません。
体は、要らないモノを出し、要るモノは新しく組成する!
どこにプログラミングされているのでしょう。素晴らしいですよね。

典子様にお願いをして、「里芋パスタ―友の会」を発足させては?と
アイデアを持っています。

お2人の体験から比べますと小さくて恥ずかしいですが、私も今週、
ノニ石鹸を使い出して1年を過ぎ、目の下のシミがカサカサしていたのが
ハガレ始めています。

肝臓癌でしたので、全身に色素沈着してしまい、日焼けサロンで焼き過ぎた
歌舞伎町のホストみたいな紅茶色の肌色でした。

もう、食べたくて飲みたくて止まらなかったグレープフルーツと豆乳が
垢を大量発生し、紅茶色から肌色に戻れました。
グレープフルーツのビタミンCと豆乳のタンパク質で、
体内でコラーゲンを生成し、新しい皮膚を作ったようです。

垢の大量発生は、これは皮膚だけでなく体内の臓器の再生も終わっている
合図です。皮膚は生命に別状ないので、再生は一番最後に行われます。

なんとか紅茶色から肌色に戻れたのですが、目の周りだけタヌキのように
肝斑が残ってしまいました。肝臓癌だったから仕方ないと諦めていたのですが、
「救世主、現る!」ノニ石鹸です。

シミがカサカサになってはハガレる!を繰り返し、今回で6回目!
もうだいぶシミは薄くなりました。
発見も、1つ。シミは面ではなく、点です。
きっと1つ1つの細胞のメラニン色素の集まり。
だんだん面だったシミが点の集まりとなり、
その点も、どんどん小さくなって来ているからです。

このシミのカサカサは、決してスクラブとかでムリやりハガさないで下さい。
またシミに逆戻りします。ハガしたくてムズムズしますが、自然に任せます。
必ずハガレますから、ご安心を。

——■1日1食でも、太る!——————————————

1日1食生活も7年目となりました。昨年あたりから、太り始めています。
思い当たるとすれば、私の体内は、ひと通り
肝臓ガン・腎機能・花粉症…次々とメンテナンスが終わり、
さほどエネルギーを必要とせず、蓄え出した!のではないかと思います。

私も先ほどの典子さんと近い体重、37~38㎏まで落ち、
「このまま死んで行く」ものとばかり思っていました。

1日1食生活+温めレメディーで病いも癒え、体重は10㎏以上増え、
フルーツ断食でダイエットしなくちゃ!と思えるまでの健康を
取り戻しています。

体重がガンガン落ちるのは、排毒です。出すものを出し切り、身体は次々と
病いのメンテナンスを終えると、太り始めます。

私の場合は、1日1食でも既に食べ過ぎています。
気をつけても気をつけても、太ります。5㎏は多いです…。

過去を思えば、幸せな悩みです。1日2食~3食~それ以上を食べ、
アルコールもたしなみ…で、健康を維持するのは難しいかもしれませんね。
血液は、食べ物の消化・吸収・排泄に常に追われています。
必要な臓器や手足に血液が行き届かない。
これが冷え症と便秘の原因です。

「そんなに食べてないし…」と思われる方もおられるかと思いますが、
ご自身の消化能力・腸能力を越えた食べ方をしているのは
間違いありません。

「1日1食」も、「1日1食断食」と呼ぶと、
せねばならぬ、断ち切られねば…的でハードルが高く感じますが、
「食事をミニマムに絞る!」と考え方を変えると、すごく楽しいです。
こんな内容を、次の本にしたためました。
昨日、無事、印刷所入りしております。
クリスマス前には書店に並ぶ運びとなりました。

タイトルは、
「たった3週間!奇跡のフルーツ断食」
 (KKロングセラーズ刊)
に決まりました。

年末年始の暴飲暴食の自己制御のお役に立ちたいです。

——■「今週のご一緒に」———————————————

「今週のご一緒に」は、映画「スライブ」を観る!にしたいと思います。
DVDも出ています。

グローバル企業P&G創業家に生まれたフォスター・ギャンブル氏が、
私財480万ドル(5億円)と10年の歳月を費やし制作した
ドキュメンタリー(実話)映画です。

エネルギー危機、環境破壊、飢餓、戦争、経済破綻…これらの危機は、
すべて意図的に作り出されたものであった!

エネルギー、食糧、教育、医療、金融など、あらゆる分野を
世界的に支配するシステムが存在するという、驚愕の真実を掴んだ…
衝撃の支配構造を暴く、単に暴露映画なだけではなくて、私たち人類が
真の「スライブ」(繁栄)を取り戻すための解決策が提示されています。

  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる