メールマガジン

ホーム > メールマガジン > メールマガジン2015/7/17

メールマガジン2015/7/17

/

eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee El-Sham mail magazin 

『テルマガ』 第129 ムラキテルミのエル・シャンメールマガジンです!   

eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee 本日のメニュー 2015/7/17(金) 

★ 放射能対策! 

eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee http://el-sham.com 

先週のメルマガは、内容が内容でしたので、ザザーッと 
読者とお客様が逃げ出されること覚悟でした。 

ところが、初めて「メルマガを読んで…」とメッセージが 
何通も届きました。驚き!と、同時に〝類友”?と安心をしました。 
やはり同じことに共鳴して頂けます。 

「ヘンな人」とか「こんなお店で」と思われたら、ヤダな~的な 
いやらしい感情を抱えていましたが、既にバレバレでした。 

ということで、今週も〝こんな内容で失礼します”が続きます。 

「フクシマ」の話題です。来たか~って感じですよね。 

原発事故後丸4年過ぎ、この4月から、地下に溶け落ちた100トン近い 
核燃料(デブリ)が再臨界を起こしたため超高熱を発しており、 
これが地下水脈に流れ込んで、次々と水蒸気爆発を起こしています。 

中性子線を出す核種(プルトニウム240)が沸騰して蒸気化し、 
超微粒子(蒸気の粒)となって大気中に大量に放出されています。 
私たち日本人が、数千万人単位でプルトニウムを吸ってしまっています。 

放射能は水とくっつきます。 
汗をかいた皮膚がチカチカチクチクするのも、その水とくっつく性質からです。 
3.11以降「フクシマ」の現場の映像が白く煙っているのは、この為です。 

「お前は確かめたのか?」とご指摘を受けましても、ひるみません。 
毎日見ている熱海の海上の様子が、2011.3.11以降、明らかに違います。 
もう三浦半島が見える日はなく、遠く房総半島の夜景を見ることもありません。 
海上がいつも白っぽく煙っています。 

地球の自転の向きからして、仕方がないことです。 
東北からの風が強い日は、10㎞沖の初島さえ見えません。 
伊豆半島、伊豆七島ももちろん見えません。 

昨日今日と台風の影響を受け、久しぶりに強い南西の風で、 
久しぶりに大島や三宅島がくっきりと見えました。 
6月から一緒に仕事をしているうららさんが「こんな海、はじめてです!」と 
感激していました。 

以前は毎日、キラキラ輝く海でした。 
今まででしたら「林檎の力」(ダイヤモンド社)で、 
田澤賢次・富山医科薬科大学名誉教授が、チェルノブイリ原発事故以降25年間研究され、 
「アップルペクチン」が放射能体内被曝から守る!と言われていますから、 
「アップルペクチン」を摂りましょう!とか、 
「体質と食物」(クリエー出版)秋月辰一郎・元フランシスコ病院長が 
長崎原爆投下時に玄米とお味噌汁で多くの人を原爆症から命を守ったので 
玄米とお味噌汁を食べましょう!とご提案していました。 

図らずして、木村秋則さんの奇跡のりんごのペクチン入り顆粒とドリンク、 
木村秋則さんのお仲間の岡山産在来原種・朝日米、そして 
奇跡のお味噌の販売を手がけています。 
エル・シャンウェブストアは、はじめ小さな石鹸を販売する 
電子商店でしたが、4年目を迎えて商品の並ぶ姿を見ますと、 
木村秋則さんが歯のない口で笑っている品物が目立ちます。 
自分のセレクトショップがちっともカワイくない品揃え… 
おしゃれとはほど遠くガッカリしていましたが、 
とんでもない間違いでした。 

これからは私の前世話しになりますが、ご不快のない程度にお付き合い下さい。 

まず昨年の夏、フランスで開かれた「世界マヤ歴学会」に出席された知人が、 
世界中の方から「日本はフクシマが大変だねー」 
「終わりの始まりだねー」とか挨拶のように言われる中、 
3人の方から「フクシマはキムラアキノリが救うから大丈夫!」と 
言われたのです。 

木村秋則さんって世界のキムラなんだねーと感心していましたが、 
知人は、その3人はキムラアキノリを誰とは知らず、 
チャネリングで降りてきた情報だと言っていたと! 

はぁ~?チャネリングで。 
どこからでしょう。 

そして8年前、友人・レストラン山崎の山崎シェフにご紹介頂き、 
木村秋則さんと始めてお目にかかりました。岐阜の密教のお寺です。 
霊能力の高い住職が、木村さんと会いたい!となり実現しました。 

木村秋則さんとの面識はなかったのですが、15~16年ほど前、前職の頃に 
「世界で初めての無農薬栽培のリンゴ10万個を販売してもらえないか?」と 
依頼を受けています。木村秋則さんとのお付き合いの始まりです。 

私の職場では、コスト率が低く利益率が高い為、木村さんのおリンゴが 
1個800円にもなり扱いが出来ませんでした。 
木村さんがNHK「プロフェッショナル」にご出演前でしたし。 

後輩の勤める良心的な会社を紹介したまま、木村さんとは 
お会いすることもなかったのです。 

この岐阜のお寺、で初対面なのに、 

「私、あなたのこと知っています」 
「私も、どこでお目にかかったか?と思い出していました」 

この初めての会話に、住職が 

「魂が2人共シリウスから来ていて、2人共守護神が未来から来ている」 

と言われ、よく解りませんでした。 

確かに、木村秋則さんはUFOに2度搭乗されています。 
私は子供の頃にUFOを見たことがあるだけ…。 

そして私の前世ですが、江戸時代中期の堺。 

子供の頃からお茶の稽古をしていたり、母も祖母も…などなど、 
きっとお武家のお茶人だったと思いきや、悪徳お茶道具商人でした! 

タダ同然のフィリピンや韓国から運び込んだ器を、渡来物として 
高ーく値をつけ全国の大名家に売りつけていた… 

この時の人生で、商人魂を磨いたようです。 
商社の営業マンとして、下手な男よりも抜群の売上を作れたのは 
前世のおかげです。 

その次の人生も、日本人。 
石川県七尾の城主の七男。 
黒船見たさにお城を飛び出して下田へ。ここで外国人接待係の 
新橋イチの芸者さんのお世話になります。 
この芸者さんが、元上司! 
男芸者と呼ばれる外人接待上手。 
この上司に、前世で数ヶ月お世話になり、不義理をしたばかりに 
19年もの長きの間、週末返上、朝は早出、帰宅は深夜、無理な出張続き…と 
コキ使われました。約76倍返しです。 
不義理には気をつけようと深く学びました。 

そのまま下田から七尾のお城には帰らず、横浜へ。 
ここでまたイギリス人と商売を始めます。 
マジソン商会。タダ同然の中国の薬草を高ーく国内で売って、 
生絹や金を輸出していました。 

その頃アメリカに憧れて憧れて、やっと渡米のチャンスを掴みました。 
その人生最高の旅の途中で嵐に遭い、遭難溺死です。 

今から1つ前の人生は、憧れのアメリカ人です。 
砂漠にポツンポツンと建つ、白い大きな建物の中で、 
何やら研究している若い研究員です。 

何を? 

なんと、原子力を使った爆弾です。 
この研究が完成すると、日本に投下されることを知りつつびくびくしています。 
実際、広島と長崎に投下され、研究は大成功。 
何万人もの生命を奪ったことを苦にして20代で若くして自殺しています。 
首をくくって。 

そして今回の人生は、日本人として広島原爆記念日に生まれてきています。 
日本人に対して、原子力爆弾に対して、償う気持ちを抱えて 
生まれ変わってきているようです。 

この前世は、ヒーラーやチャネラーから言われたのではなく、 
ブライアンワイス博士からマイアミ大学医学部精神科学教室で 
治療を目的とした『ヒプノセラピー』を受ける機会があり、 
自分で退行睡眠中に3D体験しています。ものすごくリアルです。 

ブライアンワイス博士の「前世療法」をお読み頂ければ、 
分かり易いと思います。 

私たちは、前世も今世も来世も魂のレコードに刻み込まれています。 
記憶を間違いなく持っています。 
そんな前世を持つ身として、原子力爆弾と原子力発電爆発がかぶります。 

なぜ、木村秋則さんと出会ったのか? 
なぜ、木村さんがフクリマの子供たちの為にアップルペクチンの製品を開発したのか? 
なぜ、私の電子商店で木村さんの商品が並んでいるのか? 

どうも、原爆から放射能から身を護る方法をお伝えする役目なのでは? 
と思えてなりません。 

フクシマは人類史上最悪の事態をむかえています。 
人類未曾有の体験です。 

癌の自己治癒は私の仕事の前哨戦でしかなかったのかもしれません。 
なぜならば、放射能からの自己防衛も、癌自己治癒のアプローチも 
ほぼ同じなのです。 

先週のメルマガを読まれてメッセージを下さいましたヒロミさんから 
教えて頂きました、飯山一郎さんが(http://grnba.com/iiyama/) 
放射能対策として以下にまとめておられます。 

1. 放射性物質の体内侵入(特に吸気)に注意して 
     自宅を放射能ゼロ空間にする。 
2. 生きた植物性の乳酸菌を摂取する 
     (→味噌・醤油・糠漬け・納豆・豆乳ヨーグルト・甘酒…) 
3. 小食、粗食にする(←1日1食断食) 
4. 血流・血行を促進する、運動をする(←温泉) 
5. 身体を温める(←腹巻き、レッグウォーマー) 
6. 無農薬の粗びき茶を飲む(←木村秋則さんのアップルペクチン) 
7. 体調が悪くなっても病院には行かず自然治癒で治す(←Yes,I can do!) 
8. 絶対に諦めないという精神力を持つ(←Never give up!) 

心と身体の免疫力をアップする生活を実践する。 
癌自己治癒と同じです。 

1は周波数を放射能と合わせないことが可能なのでは?と考えています。 
放射能ゼロ空間の維持が難しい局面もありそうです。 

癌を自分で治せる身体であれば、放射能で体内被曝しない体を作れそうです! 
原爆を2度も投下され、 
世界中で一番原爆の恐ろしさを体験している国が日本です。 

その日本で、フクシマが現在進行形で巨大化しています。 
政府のアクションを待つ前に。 
やはり自己防衛しかない。 
つくづく感じます。 

今週も最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。 
それでは、本日はこのへんで。 ムラキ テルミ   

  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる