メールマガジン

ホーム > メールマガジン > テルマガ第157号 2016.1.22

テルマガ第157号 2016.1.22

/

日本はすっぽりと大寒波に襲われています。底冷えがします。
半月前まで、熱海は日中20度を越えており、今、梅も桜も満開です。
この1週間で、花も凍ってしまっています。
地球温暖化…地球って温かくなっている…と思い込んでいましたが、
実は確実に氷河期に向かっているそうです。

何億年もの氷河が溶け出しているのに?
はい。この氷河の溶けた氷水が地球上の海底に流れ込み、地球は芯部が冷え切っています。
この冷え切っている状態から温度差バランスを取る為、表面上は温暖化に見えているだけ
だとか。底冷えの仕方に、氷河期に向かっているのか…と、背筋が寒くなります。
見聞きしていることと真実のギャップの大きさに驚かされます。

今週は、もう、開いた口が塞がらないお話しです…。
私たち日本人の全ての病気の原因が‘炭水化物’と‘糖質’だ!という真実です。
炭水化物イコールお米です。もちろん玄米も含みます。
マクロビオティック生活を厳格に17年守り、派手な骨折をしました。
私の骨は、モロかった…。全治11ヶ月の骨折の10ヶ月後に、肝臓癌です。
鎮痛剤の飲み過ぎが原因とばかり思い込んでいましたが…そうでもなかったらしい…
どうやら、炭水化物が原因です。

『1日1食断食』13ヶ月で肝臓癌は消えていますが、『1日1食』生活約3年で、
20年来の腎機能不全を抱えたままでした。星砂状の腎臓結石のデトックスが出来、
腎機能不全完治!と大喜びしましたが、その後も疲れるとムクみ、ダルいです…。
治っていない。今年で『1日1食』生活は8年目に入ります。気持ちも緩み、
おやつも解禁しているためか、アレルギー発症の仕方が顕著です。
6年目に、大好物の海老アレルギーが発症。7年目には小麦粉です。
昨年夏には果物だけ断食を1ヶ月半実践し、5㎏=5Lの水毒をデトックスして
快調な体を体験したのに、小麦粉アレルギーがどんどんひどくなっている…なぜ?
敏感な体になったから?と思い込もうとしましたが、納得がいきません。
昨年末からは、煮ただけ野菜を食べて体内から過剰な塩分を抜く基本食を続けています。
味付けなしの煮ただけ野菜です。小麦粉が口に入ったからか?と思っていましたが、
子供の頃からの持病である足のアトピーが再発していて驚きます。

こんなに気をつけているのに、なぜ?
そう、全ての病気と不調の原因が、‘炭水化物’=糖質だからです。
煮野菜を食べているのに!?
そう。野菜も、食物繊維を取り除くと、糖質だからです。
糖質をカットするには、じゃぁ何を食べるといいのか?

・良質な肉類
・玉子
・乳製品
・海藻
・木の実、ナッツ類です。

長年信じ続けていたマクロビオティックの玄米菜食信仰は、崩れ去りました。
玄米って、日本人のネイティブ食なのでは?
1万6500年続いた縄文時代に、米はありませんでした。
縄文時代には、病気がなかった!!
私たちは、縄文食に倣えば、病気との縁が切れるのです。
稲作が日本に入ってきた弥生時代になって、病気と医術が生まれています。
他にも、稲作は持てるもの(土地・米)と持たないものの貧富の差を生み、
支配するものと支配されるものという格差を生み出しています。

日本人は米を食べなければ…と、米や小麦などの炭水化物を食べ続けての現状は、
税収入と医療保険の歳出がほぼ90%!という、地球上で一番病人の多い国が
出来上がっています。

炭水化物=穀物の市場は巨大で、ほぼ、アメリカが握っています。
米・小麦を食品として食べているだけでなく、牛・豚・鳥のエサに使う穀物も含みます。
地球上の富の97%を、たった3%の人が握っている。
貧富の差は、マックスまで広がってしまいました。
私たち97%のプロレタリアは、たった3%の人々を更に富ませる為に働き、
お金を使っているのです。何かを食べる、病院に行く、車に乗る…
日常使っているお金は、食べ物代も薬代も、検査器代もガソリン代も、
すべて吸い上げられている!ゾッとしますね。

ゾッとしても、どうにも抜け出すことは出来ません。どんなに強く願っても、
どうあがいて引き寄せても、あちらの3%に入ることは出来ないのです。
97%の中で、上下を争い競うことしか。
抜け出せないのですから、いいんです、97%でも。受け入れるしかない。
‘炭水化物’と‘糖質’を、カットすればいいのです。

ただ、ただ、厄介なことが、ひとつ。
‘炭水化物’は、お酒やタバコ以上に中毒性が強いのです。
お砂糖しかり、コーラや缶コーヒー並みの中毒性を持っています。
私は、間違いなく「お米中毒症」です。お米、大好きです。

究極の糖質カット食である‘縄文食’と炭水化物中毒症については、
澤野大樹さんの『INTUiTiON』に詳しく説明されています。
www.intuition.jp

17年間お砂糖は止め続けることが出来ましたが、果たしてお米を
止めることが出来るでしょうか?

先週、‘炭水化物’&‘糖質’カット食に挑戦してみました。
たった3日目に、もうチョコレートが食べたくて食べたくて
アーモンドチョコ3粒とグルテンフリーのオーガニックチョコバーを1個食べた直後、
気持ちが悪くなりオーガニックチョコバーのせいかと思っていましたが、
急激に血糖値が上がったことの気持ち悪さでした。
その1時間後、畳の上で洗濯物をたたみながら、気を失っていました。
2時間です。低血糖と高血糖の差で、倒れたようです。
そして4日目。フラフラ、ムカムカ、めまいで起き上がれず、
コンコンと1日寝続けました。
5日目、朝の散歩に出られない絶不調…
そのまま東京の所要に出掛けますが、あまりに気持ち悪く
ホテルのホームメイドプリンを食べたら、もっと気持ち悪くなり、
しゃがみ込みたくなりました。

この東京のホテルでの会食の隣席の方が、
ビュッフェから取って来ているのがローストビーフ、チーズ、お刺身…。
「糖質カット食ですか?」とお聞きしますと、逆に
「あなたは糖尿病ですか?」と、聞き返されました。
「いえ、糖質カット食に関心があり、今週から挑戦しています」のお返事が、
「いや~私は2年半糖質カット食を実践しています!」

なんと、芝浦工大の工学博士そして教授でらして、
同い年ぐらいかしら・・・とお見受けしましたが、72才!
20才は若く見え、肌が透明です。

博士の糖質カット食へのきっかけは、2年半前に血糖値が高く、お医者から
「このままでは間違いなく糖尿病になる」と宣告されたことです。
ご両親も糖尿病で苦しんでらした。お父様、2人のお兄様もお医者様なのに
糖尿病を治せてないことに疑問を持ち、半年間、試行錯誤しながら、
自分の食べた物をノートし、重さを計り、血糖値と体重を日に測定し、
レコードを記され続け、肉・玉子・ヨーグルトなど乳製品、海草、木の実、
葉野菜を食べていると血糖値が上がらないことを突き止められました。

以来2年間で、15kgの減量とすこぶる健康と20代の血液と美肌、
それに20歳若く見えるルックスを手に入れられました。
さすが理系脳のアプローチです。お見事。

先述の澤野大樹さんも、2年間で25㎏の減量と、明析な頭脳と
20歳若く見えるルックスを手に入れておられます。

糖質を抜く過程で、めまいとフラフラと頭痛を体験することになります。
何となく通り抜ける方もいますが。70個の細胞を活かしていた「糖」が、
今まで外部から摂取していたブドウ糖の代わりに、体内の脂肪やタンパク質を
糖に変換しなければならなくなります。

常にドーピングで糖が入り続けていたのが、セルフメイド糖に
モードを切り替える必要が生まれます。そのモードの切り替えに、物凄い
めまいがする。1週間ほどで、この好転反応から脱せます。
脳が糖の提供モードを変えるからです。
ガソリン車からハイブリッド車へ。そして走行発電・電気自動車に、
同じ車体を使って変化を遂げるようなものです。
でも、乗り越えなければ。ドーピングのように、糖を外部から入れ続けて
脳を駆動させていたものから、自分の体内で生みだされていく!
完全に体内システムを変えます。

そして、何が変わるか?
まず、発想が変わる。

仮想現実のようなマトリックスの世界の考え方、モノの見方から脱し、
自ら判断し、覚醒し、真実を見極める力が生まれるとか。
真実を見極められず、虚構を見抜けず、人生をウロウロさまよい、
苦労し続けました。決断力は人よりあるとは思いますが、
決断のし所が、危ない・・・・。
‘炭水化物’中毒から脱する楽しみが、真実を見極める目です。

この‘炭水化物’中毒も、たった3%の持てる人の巨大な穀物メジャーの
仕組まれたワナだとか。私たちが‘炭水化物’中毒になることで喜んでいる…
もうついて行けませんが、‘炭水化物’中毒を何とか卒業してみせたいです。
ご一緒に、今週は1日だけでも、
‘炭水化物’フリー・デー!を体験してみて下さいませ。

——■「ゲスな女が、愛される」心屋仁之助・著————————-

きれいなのにねぇ~?
仕事出来るのにねぇ~?
優しいのにねぇ~?
センスいいのにねぇ~?

なぜか独身!の全女性に読んで頂きたいと、ご推薦申し上げます。
A子さんに、読後感想文の強制提出を命じ、A子さんの原稿が素晴らしいので、
内容を想像して頂けるかと。
  ↓  ↓  ↓

 「私は知ってしまった。人生は、かくも美しいということを!
そして気付いてしまった。あたたかな幸せで包まれるのに、
何の努力も必要なかったのだということを!

 キリストの生誕が紀元前後を分ける以上に大きな分岐点を、
この一冊の本が、私の暦にゼロ地点を設定してくれました。
キリスト紀元の紀年法をも超えた、心屋仁之助先生万歳。
今日より私は、BJ(Before Jinnosuke)/AJ(After Jinnosuke)と自分史を区切ろう!
「心屋」さんというお名前は、名乗るに相応しすぎるほどピッタリの屋号です。
 
 最期のページを閉じた瞬間、心の隅に追いやられていた人格が顔を出す。
オールリセット、完了。これからはもう、気楽な自動操縦に切り替えようかな。
ノーマルオペレート、視界は開けた!
 
 目から鱗が落ちたのならば、その鱗は、なんと硬くて凝り固まっていたことか。
自分で勝手に作り上げては、義務感でしかない不必要な努力を
肩肘張って続けていた過去の日々。
それらが全て、モテナイ要因であっただなんて…
安易に受け入れられずも容易に想像はつき、
これから用意されている未来へ向かってヨーイドンでスタートを切るには
もってこいの後悔じゃないか。いいぞ今までの自分。
あなたが居たから、振り幅が大きい。故に大きく変われるのだから。

 動く動く、周りが違う。
まだ数日しか経っていないけれど? 
おまけに何も、していない。
そうか、何もしないということを、していたのかなぁ? 

 凄い凄い、この意識の差。
原因は全て、「私」の中に在ったとは。

 この本を授けてくださった叶音さんに心からの感謝を。
迷走と暴走を重ねる妹に指南書を与え続けてくださったテルミさんへは、
モテることでもエル・シャンに何らかの貢献が出来ますことを!
そして、世にも美しい恋愛と結婚を果たす相手は
熱海通勤可能な距離に居ることをお約束して、私の独り言を結びます。」

   ↑  ↑  ↑

読後感想文が素晴らしいだけでなく、A子さんは、人生初、お泊りデートに
誘われたのです!残念ながら妻子持ちでしたので却下でしたが、
大きな変化というか、革命が起こりました。
熱海のご近所で、A子さんは
「下手に手を出したら、チョン切られそうだ」と、評されていたのですから!
これからのA子さんが楽しみです。

今週も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。
それでは、本日はこのへんで。 ムラキ テルミ

エル・シャン ウェブストア
http://www.el-sham.com/ 

  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる