メールマガジン

ホーム > メールマガジン > テルマガ 第327回 2020/02/07

テルマガ 第327回 2020/02/07

/

今週のテーマは、少し重たいですが、お墓です。
昨年秋から、気が重たくなっています。
父は次男で、双子。三男の叔父のお嫁さんが、京都にいる叔母です。
叔父夫妻に子供はいません。
本家の伯父が他界し、昨年夏に伯母が亡くなり、告別式のあと、
従兄弟はさっさと、墓終いの手続きを始めてしまいました。
彼らに、1人息子がいますが、お墓の管理は、無理だから。
という理由と、自分たちは都内のお墓タワーの会員権を既に入手
しており、熱海という遠い場所で不便な、お墓は御免だから。
です。

確かに、彼らの、1人息子に本家だからお墓を管理して欲しい、
と思うのは、難しそうなのです。
せっかく開成→東大→一流商社勤務という、エリートコース
にいたのですが、さっさと、会社を辞めて、
ニューヨークでダンスをしているらしいのです。
向うで結婚して、、、仕方ないとは思います。
でもいきなり、「墓終いの、負担金を、振り込むように」と、
お知らせを受け取ったので驚きました。

弟夫妻も熱海のお墓に入るつもりもなく、都内のお墓団地を
選ぶそうで、墓終いには賛成しています。
公園設計士だった叔父が、デザインしているお墓で、
小さいけどモダンでステキなお墓です。
父がせっせと通って植木のお手入れをしていました。
もう1つ、気が進まないことがあり、熱海のお寺の住職が
坊主丸もうけを、地で行っている人なのです。
母と叔母が、生きているうちだけでも、お墓を、維持したい。
と、相談したのです。

本家の伯父・伯母と、両祖父母、そして奈良に住む叔父は、
お墓から骨壺が出され、永代供養だったり、お引越ししたり、
が済んでいて、お墓に残っているのが、父と叔父のお骨だけでした。
維持をしたいのなら、50年分の永代供養代と、お彼岸、お盆の
法要施食代、1人分300万円を、父、叔父、まだ生きている
、母と叔母の分、もし、私が入るなら、私の分、
1500万円を支払ってくれ。と、言われました。
跡取りのいない家だから、無縁仏になられたら厄介だからと
言われました。

厄介!?

毎年のお墓の維持管理料が振り込まれている間は、
お墓は残すけれど、いずれの為に、墓終いの費用も、
支払っておいてくれ。と、言うのです。
父と、叔父の、戒名代に、1人600万円を請求してきた住職です。
なのに、納骨式に、お経をあげに来ない。
父の時は、法事が重なったから、、、です。
叔父の時は、東京から車のディーラーさんとのアポイントと
重なったからです。

この住職は、車が趣味で、山の家と呼ばれる場所に、ポルシェ、
フェラーリ、マセラッティー、ランボルギーニ、、と
コレクションしています。このことに怒った檀家総代20家族が、
お墓から抜けており、お墓が、ガラガラ。
熱海の友人から、今、3000万するテスラカーが、欲しくて、
墓終い永代供養・お1人様300万円キャンペーンは、
金策なんじゃないか?と噂が流れている、そうです。

弟に、相談しようにも、本人が墓終いに賛成しないわけだし、、、
母も叔母も相談相手にはならず、溜め息しか出ません。
「お宅は、跡取りがいないから」と言われると返す言葉がありません。

数年前に、他の件もあり、養子縁組を考えていたのです
ある方から、お家断絶が決まっている家だから、
養子を取る必要はない。と、断言されて考え直しています。
今、思えば、断絶する家なのに何人分もの悪因縁切りだったかで、
ずいぶん高いお金を取られましたっけ。
全く、効果なく、家族も親族も見事にバラバラになりました。
弱みにつけこまれました。
当たり前に、お墓参りしたり、法事で集まったりして、
仲良くて、楽しかった親族とも、もう、会うこともなさそうです。
家族って、何なのかなあ~と、淋しい思いをしています。
やはり自分で家族は、作らないと。

若い世代の女性の方には、結婚と出産を強くお勧めします。
1つだけ、自分が後悔しているのは、
子供を産まなかったことです。
人間も生物、動物なのですから、子孫を残す!ということが、
生命を授かったものの最大のミッションだと思えるように
なりました。気づけた時には、離婚していて、手遅れです。
自分の家族を作り損ねたツケが、、、このお墓の維持を
断念せざるを得ません。
ご先祖様方には、申し訳ないけれど、あきらめるしかありません。

「お母さんか叔母さんが、先か、あなたが先か、わからないしね。
あなた癌だったでしょう?」
と、電話口の住職の言葉に、現実をつきつけられました。
事実ほど、残酷なことはなく、ムッとしました。
京都の臨済宗本山、妙心寺に、お墓を移そうかとも考えています。
あのお墓を設計した叔父と守ってきた父が、なんと思うのでしょうか?
果して、喜ぶか?と考えると、ビミョーです。
悔しいけれど、お寺の言いなりになるしか道はないようです、、、

では、今週はこの辺で、
また来週、ごきげんよう。

ムラキテルミ

■営業時間変更のお知らせ

2020年3月1日より、
営業日を、月曜日から、木曜日の、
AM9時~PM5時までと
変更させて下さいませ。

金・土・日・祝日を、お休み頂きます。

週5日間、朝から夕方まで、年始から働きつめてみましたが、
今まで、サボっていたこともタタり、とてもキツいです。
こんなに会社に居ると、どうしても会社中心の生活となり、
私たちのような小さな組織でも、パワーゲームが起こります。

家の中のことも、疎かになってしまいます。
自分自身、年齢的には、定年を迎える年周りです。
もっと、のんびり働きたいと、希望致します。

年始は、退職者が出て、よい機会なので、会社を辞めようか、、、
と考えていた所からは、立ち直っております。
新しいスタッフさんも、今月から5人、揃います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

毎日、毎日、事務所の整理整頓をして、ずいぶんと、スッキリ、
気持ちいい環境になってきて、同じ空間なのにこんなに違います。
掃除力!って素晴らしいです。

  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる