メールマガジン

ホーム > メールマガジン > テルマガ 第313号 2019/10/4

テルマガ 第313号 2019/10/4

/
10月1日から、消費税が上がりました。
お知らせが遅くなりましたが、「ダンシング・ソマチッド~」と、
「ヤマガタミネラル21」は、清涼飲料水カテゴリー商品ですので、
消費税は8%据置きです。
「奇跡のリンゴ、アップルペクチン顆粒」「湘南ウコン」は、食品カテゴリーです
ので、こちらも8%です。
お米、お味噌、お醤油、お酢、ハチミツ、カレーセット、紅茶、乾燥生姜も、
8%の軽減税率対象商品です。
上記以外の商品は10%となります。クロネコヤマトの宅急便送料も、恐縮な
がら、648円から660円となり、12円が消費税値上がりしております。
ご寛容下さいませ。
■前田浩先生の講演会、が、去る2019年9月28日(土)に、ぶじに開催されました。
講演の内容は、文字として残せる限界を、アメブロ“世にも美しいガンの治し方”
にて、9月29日と、10月1日の記事にて、ご紹介しています。
前田浩先生のご著書「最強の野菜スープ」(マキノ出版刊)と、前田浩先生のご研
究を、3年半、取材された、ルポライター奥野修司氏著作の「『副作用のない抗がん
剤』の誕生」(文芸春秋社刊)を、ぜひ、ご一読頂きたい~と、思います。
今や、2人に1人が発癌し、死亡者の3人に1人が癌死する、「癌大国!日本」です。
もはや、癌は、他人ゴトではなく、自分ゴトです。
癌宣告を受ける確率50%です。。。
癌宣告を受ける前に、癌の治療法の知識を、得ておかないと。
それ以前に、癌の予防をしないといけません。
世界最先端の癌研究者、体に負担のかからない抗がん剤研究者である、
前田浩先生のセミナーの〆の言葉が、
「何より大切なのは、がんにならないことです!」でした。
前田浩先生からの、ガン予防のご提案が、「野菜スープ」なのです。
私たちの若くて、健康で、正常な、細胞は、50回の細胞分裂を繰り返すと、
消滅する仕組みです。老化すると、10数回に減り、またミスコピーも増えてきます。
癌細胞は、どこまでも増殖する、壊れた細胞なのだそうです。
癌細胞提供者である、検体者が亡くなっても、その取り出した癌細胞は、20年でも、
30年でも、100年でも、増殖し続けるのです。不気味ですね。
そんな壊れた暴走し続ける増殖ガン細胞に、前田先生の野菜スープを、ポトリッと、
落とすと、増殖が止まってしまうのです。
顕微鏡をのぞいていて、この様子に息を飲まれた、そうです。
野菜の持つ、ファイトケミカルの力です。抗酸化力!!
これが、エ――――――ッ!?な、お話しですが、生野菜サラダより、スープの方
が野菜の抗酸化力は、100倍も強力なのだそうです!!!
私、ガン闘病中、人参りんごジュースを、肌が、黄色くなるぐらい飲んでました・・

13ヶ月で、500リットルぐらいは軽く、飲んでいます。1リットルのパックジュー
ス、500本。癌完治後は、朝だけですから、10年間で、1300本! 合わせて、1800本。
これが、野菜スープだと、18本ですんでしまうのです・・・。 100倍パワーって、
素晴らしいです。
前田浩先生は、季節に合った、土地のものの野菜でスープをというアプローチです。
基本は、タマネギ、ニンジン、キャベツ、カボチャ、セロリ、セロリの葉、トマト
を合わせて、300g、お水が、900ミリリットル。
お野菜と、お水をお鍋に入れて、蓋をして火にかけて、沸騰する直前に火を弱めて、
30分、煮る。で、出来上がりです。
このまま、スープだけ飲んでも、具ごと、飲んでも、ミキサーにかけて、ポタージュ
・スープにしても、OK! 1日に、1~2食、野菜スープを飲みます。他の食べ物との、
組み合わせも、自由です。
前田先生は、野菜だけのこのスープを、「ファイトケミカル・スープ」と、
名付けられています。
「ファイトケミカル・スープ」誕生のセオリーは、
*なぜ、植物に癌がないか?が、ルーツになっています。
前田先生の「最強の野菜スープ」の本を読み終えたら、
この「ファイトケミカル・スープ」が、作りたくて、作りたくて・・・
22時だったのですが、24時間営業しているスーパーマーケットまで、出掛けて、
なるべく、京都産、有機野菜を選んで材料を揃えてきました。
スープが出来上がったのが、23時半。
カボチャが、入っているので、甘味のある、美味しいスープです。
夜中でしたので、コンソメスープだけ飲んで、翌朝、温めて、具入りのスープを、
食べたのですが、体が重くなるので、私は、朝は、コンソメスープにして、
夕ごはんに、具入りスープかポタージュスープを、他のお料理のスターター
として、食べるのが、調子いいです。
ビタミンや酵素云々のスープではなく、抗酸化力・ファイトケミカルを追求している
スープなので、冷蔵・冷凍保存が可能です。
保存する場合には、、、“あーっ、研究医先生のレシピだな~”と、感じたのが、
ドラッグストアで安易に入手できる、アスコルビン酸(ビタミンC)を耳かき1杯
加えて、ビタミンC強化と、保存料として、使われています。なるほどー!ですね。
これなら作り置きも出来るし、続けられますね。
自転車をこいで、野菜を買いに行ったり、キッチンでスープを作れるような
「そんな元気ないの、私・・・」な方に、手軽に、買える質のいい野菜スープは
ないかなぁ~と、探しましたら、『しらかば農園』の「安心・安全の野菜スープ」が、
良さそうです。
1000mlで、1本、591円。Amazonですと、送料無料で、翌日届きました。
お味は、野菜の煮だし汁。ちょっと、お塩か、お味噌を、加えたくなります。
『しらかば農園』の野菜スープは、1990年代に、野菜スープ、ムーブメントを起こ
した、立石和さんの「ガン細胞が、3日で消えるスープ」レシピです。
大根、大根の葉っぱ、人参、ゴボウ、天日干しのシイタケで、作られたスープです。
立石和さんは、薬事法違反で、逮捕されているので、きっと、すごい効果・結果が、
あったのだと、予想します。効果・結果が出ていないなら、検挙されないので・・・
しかも、健康食品の物販ではなくて、“野菜スープを飲みましょう!”
の提案での検挙です。
このビン入りスープ、不思議ですが、犬のぺくちが、大好きです。ガブガブ飲んで、
ジャージャーオシッコしています。私は、朝、飲むと、日中、何回もトイレに。
夜、飲んでも、朝まで、トイレに起きることはないです。
日中に、トイレに行きたくなります。
もしかして、もしかすると、前田浩先生は、ご著書に書き記してはおられませんが、
野菜スープで、癌、治ってしまうのでは?
朝とランチを、野菜コンソメスープに。夕ごはんを、具入り野菜スープのみという、
野菜スープ断食の最強タッグを、組むと、人参りんごジュースの100倍のスピードで。
100倍とまで行かずとも、10倍くらい!?
“ファイトケミカル・スープ”の暮らしに、明るい、近未来を診る思いです。
「超稀釈オシッコ療法」然り、「ファイトケミカル野菜スープ療法」含め、どうやら、
癌は、自宅で治せそうです。
病院や製薬会社に、生命とお金を捧げることなく、
自宅でご家族と、美味しいスープを、飲みながら、癌が癒せたら、とてもステキです。
私たちに選択権があります~。
では、また来週~。ごきげんよう。
ムラキ テルミ
  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる