メールマガジン

ホーム > メールマガジン > テルマガ 第312号 2019/9/27

テルマガ 第312号 2019/9/27

/

“断食”と“癌”という、キーワードで、出会い難い方と、知り合えています。

その、出会い難い方のお1人に、玉の肌石鹸の、三木オーナーがおられます。

幼少期にお母様が、末期癌で倒れられ、病院にも見放された末、不思議な御縁で、

西勝三先生に導かれ、『断食』で、お母様は、癌から生還されたのです。

3年におよぶ、自宅での断食療養生活の間、西勝三先生のアシスタントのように、

お手伝いされ、お母様を看病なさった経験をお持ちです。

美しいお母様の身体から、悪臭が放ち、口からも、お尻からも、ヘドロのような

ものが出続けたそうです。

ここ数年は、ご自身も肺癌と、心臓の大動脈破裂という大病を、医学と代替療法と

自宅療法とで、見事に健康を取り戻されています。

「『断食』することで、全身の細胞が活性化するんだよ。」

「癌というのは、歌を忘れたカナリアと同じで、働きを忘れた細胞なんだな。『断

食』で、その働き方を、取り戻すんだ。」

ご自身の体験を踏まえて、誰にでも理解できる言葉で、ご説明下さいます。

同じ、『断食』を語るも、誰が語るかの違いで、こうも高貴さを伴うものかと、

聞き入ってしまいます。

 

三木オーナーを、ご紹介頂いて、12年。その頃、誰も、『断食』で、末期癌が治る

だけなんて、信じてもらえない時に、「私は、信じるよ! 私の母だって、末期の

胃癌をだね、『断食』だけで、治したんだからね」と、私の体験談に耳を傾けて下

さいました。

三木オーナーのお知り合いで、癌の方が、おられると聞くと、次々と、ご紹介下さ

いました。まあ、はるばるミラノから、ニューヨークから、上海からとか、

多才な芸術家たち、実業家に、政治家に・・・です。

それだけではなく、私自身が、治る予定ではなかった癌が癒え、てしまい、

仕事の再起に苦労していることを知られてからは、

「何か、企画を持っていらっしゃい。新製品のアイデアでも、販売促進でも、

営業に関することでも、何でもいいからね。石鹸にとらわれなくたって、

構わないからね。」と、毎週、毎週、お忙しい中にお時間を作って下さいました。

1度も、採用されない企画なのに、「いいねェ~、なかなか面白いじゃないか」

「とても、ユニークだねェ~」と、企画書を、ポケットマネーで、買い上げて

下さるのです。

この、チャンスの場があったことで、京かえるブランドが誕生し、オリジナル商品

として、生まれました。

今日の、エル・シャン ウェブストアーの生みの親は、三木オーナーなのです。

どうやって、御恩を、お返ししたら良いか。。。返しきれない、大恩があります。

 

三木オーナーは、クリスチャンでもあられます。聖書に書かれている教えを、

美しく実践されている方に、初めてお会いできました。

私もカソリック教育を受け、プロテスタントの教会とのご縁もありました。

聖書の物語に感動して、韓国まで、40日間のバイブルセミナーに参加した、経験も

あります。が・・・ 神父さんや、牧師さんの、お説教がましさに、イヤ気がさし

たり、お説教と、行動のギャップに、がっかりしたり、教会内の人間関係に、うん

ざりして、どの教会にも属さずして、大好きな、聖フランチェスカのお祈りをハミ

ングするていどの、軽いクリスチャンです。

洗礼は、カソリックとプロテスタントとで、2度、受けています。

この1度ではなく、2度受けたという洗礼が、障って、背中に、十字架のように

矢が2本、刺さっていたそうです。

私には見えませんが、宮古島の神女さまが、見抜いたのです。

「クリスチャンの洗礼を、2回、受けてる? 神様の戸籍に、クリスチャンが

ダブってる」と。「背中、痛まない?」とも。

10年越しで、原因不明の、背骨痛を抱えていたので、驚いて腰を抜かしそうになり

ました。神女さまに、お願いとして、2本の矢を背骨から抜いて頂きました。

3日間発熱して、背中が腫れた後、背骨痛から、何ごともなかったように、

解放されました。

こんないきさつで、神さまの戸籍上は、もう、クリスチャンではないかもしれ

ません。

 

三木オーナーのお話しに戻ります。クリスチャンであられますが、ガチガチではな

く、会社の役員さま方とは、お正月に京都・伏見稲荷さんを初詣されます。

お寺のお葬式にも、お出かけになりますし、ご自身、神社で、ご祈祷も受けられます。

厄払いも、なさいます。なぜならば、神社の根源は、1つだからだそうです。

来た道、と還る道は違えど、出て来た所と、還る所は、皆、一緒だと、言われます。

なんて、ステキな考え方でしょう!

この考え方が、地球上から、宗教戦争を、なくしてくれそうです。否・・・

新たな戦争を、生み出してしまうかもしれません。

 

そんな三木オーナーが、「この本、一冊で、宗教は要らなくなるね~」と、プレゼ

ントして下さったのが、稲盛和夫さんの、「心。」(サンマーク出版刊)という本

です。夜が白むまで、読み入ってしまいました。目次を、コピーして、手帳に貼ろ

う! と、思いました。目次を、ご紹介ますね。

 

プロローグ

人生のすべては自分の心が映し出す

善なる動機をもてば、成功へと導かれる

燃える闘魂もまた、「善なる動機」から生まれる

もっとも深い“心”は宇宙へと通じる

人生の目的は心を磨き、他に尽くすこと

 

第1章 人生の礎を築く。

人生を生き抜くためのシンプルな知恵

よいときも悪いときも感謝の思いで受け止める

喜んで感謝すれば、悪しき「業」も消えていく

ことあるごとに私が口にしてきた「感謝の言葉」

感謝すれば、厳しさもまた財産になる

謙虚さはよい人生を歩むためのお守りになる

いとも簡単に難事を成し遂げる「美しい心」の力

仕事に没入すれば「宇宙の真理」にふれられる

 

第2章 善なる動機をもつ。

なぜ「紙袋の行商」だけがうまくいったのか

利他という土台の上にこと、成功という家が建つ

まず身近な人のためにできるかぎりのことをする

利他の思いから行動すれば、自らのもとに返ってくる

悪しき心をもつ人にはかかわらないのが最善の策

もてる能力は、「善用」してこそ活かされる

巨大になりすぎたものを滅ぼす、宇宙のもう一つの力

「足るを知る」生き方は自然界が教えてくれる

欲を減らし、思いやりを礎にした文明を築く

天から与えられた富も才能も社会に還元する

 

第3章 強い心で成し遂げる。

その瞬間に「できる」と思えば実現できる

開発を成功させる秘訣は、「おきらめない」こと

ネバ―ギブアップの思いが結晶した宝石の事業

文明の進歩を生みだしたのも、すさまじい「思いの力」

高い目標を実現するためには思いを一つにすること

企業再生の第一歩は考え方を合わせること

従業員の心が変われば、会社は劇的に変わる

あきらめない意思の力が会社をよみがえらせる

未来を信じて進めば、「神のささやき」がある

 

第4章 正しきを貫く。

父と母から受け継いだ、二つの異なる気質

「正しさ」を貫くことの大切さは両親から教わった

逆風にさらされても、正しい道をまっすぐに行く

正しい生き方をすればこそ、人は困難にあう

不器用なほどに信じた道を歩んだ若き日の姿

人間としての「正しさ」を経営の原点に置く

損得ではなく、「人として」正しいかとうかで判断する

正しい判断は“魂”がもたらしてくれるもの

魂の真ん中にある真我から判断する

真我にいたれば、一瞬ですべての真理がわかる

 

第5章 美しき心根を育てる。

生まれたばかりの魂も美しいとはかぎらない

リーダーにふさわしいかは「心根」で決まる

組織のあり方を決めるのはリーダーの心

人格を高めなければ、人の心は動かせない

どんなときでも、心の手入れを怠らない

人生を拓く心のあり方を説いた哲人

心の力がもたらす不思議な現象の数々

真我に近づけばありのままの真実が見えてくる

「運命の師」との出会いで、人生は大きく変わる

親身になって人生を導いてくれた恩師のひと言

人生を支えてくれた妻という存在

家族があってこそ、これまでの成功があった

すべては心に始まり、心に終わる

 

 

結局、「心」なんです。

磨くべくも「心」。

鍛えるべくも「心」。

そして、自分を

犠牲にして利他の精神で生きる。自己を高めつづける。

「人生は「心」のありようで、すべてが決まっていく。」これが、宇宙の法則。と、

喝破されています。

いかなる時も、自分の「心」を美しく、純粋なものに、保つ・・・。

とても、美しい結びの、本です。

読み終えて、自分に欠落しているものに、気づけ

ました・・・ “自己犠牲”の精神です。

お恥ずかしいことに、犠牲って、漢字も書けませんでした・・・

自分を犠牲にしてまでも、他人に尽くす!?

いや~ぁ、遠い・・・

そんな美しい生き方は、あと何回、生まれ変わろうが、出来そうもありません。

そんな生き方は、美しい!と、思える「心」はある。

このレベルで、今は良し!と、したいです。

 

稲盛和夫さんの「心」・・・ すでに数十万人の方が読まれています。

「生き方」は100万人に読まれている、ミリオンセラーです。

これだけ多くの方が、稲盛さんのフィロソフィーに、触れているということは、

私たち日本人が、日本人の心を取り戻すチャンス到来の、吉兆かもしれません。

私たち、人間は、美しいもの、光るものに魅かれ、自然と導かれるものなんですね。

私は、とても魅かれました。

 

 

■純絹毛布、再入荷しました~!

■UVウォーター、入荷しています。

 

では、また来週~ ごきげんよう~

 

ムラキ テルミ

  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる