メールマガジン

ホーム > メールマガジン > テルマガ 第308号 2019/8/30

テルマガ 第308号 2019/8/30

/
今週は、会社決算の〆めがあったりして、あっと、言う間の1週間でした。
11回目の決算が、無事に終わりました。
皆さまのおかげでございます。ありがとうございます。
前職場である、テレビショッピング会社の元・同僚と、会う機会がありました。
12年ぶりの再会です。中年をすぎた、すっかり、オバさんです。
他人のことは言えませんね。私だって、12才、年を重ねていますから。
何が、つまらないって、話題がショボい。
あと、○年で、定年で、、、 厚生年金を、受け取れるまで、○
年あって、、、 その間、どうしよう~。
退職金が、削られて、、、 早期退職すれば、退職金は、上乗せされるけれど、、、
あと、○年勤務して受け取れる給与が、、、
海外旅行ばかり行かないで、マンション買っとけばヨカッた、、、
今からだと、ローンが組めないから、田舎に帰るしかない、、、
こんな話しばっかりです。
きっと、毎日、毎日、1日中、ずーっと、こんなことばっかり考えて過ごしている
に違いない。つまらない毎日です。
あげ句の果てに、私に向かって、「癌になって、会社やめて、ヨカッたね!」とまで。
理由は、定年がないから。
正確には、癌になる前、ひどい骨折で退職しています。
2時間、グチグチした話しばかりを聞かされて、つらない時間を使ってしまいました。
もう、会いたくない。彼女は、自他供に認める、仕事が出来る人、です。
ヒット商品を、いくつも出している優秀なコスメ・バイヤーさん。
その彼女でさえ、こんな!?
今の私は、彼女たちと机を並べて仕事、できないな~と、しみじみ感じました。
60歳で、定年退職したとして、死ぬまで、20年? 30年?
もしかしたら、40年近く生きなくてはならない。
50歳なんて、人生の折り返し点です。まだまだ長い人生が残っています。
自分の好きなこと、楽しめることで、暮らしが立つようにしておかないと。
私は、バイヤーが天職だと思っています。
「モノ」が、大好きです。
企画して、デザインして、パッケージして、生産して、、、
メーカーさんとの商談も大好き。
出来上がった商品を、お買い上げ頂けると、心が震えるほど、嬉しいです。
さらに、その商品が、お気に入った~ とか、とても良かった~ なんて、
メッセージを頂ける、と魂が震えるほど嬉しいです。
なので、天職です。天職に就けいて、とっても、幸せ。
30年間のバイヤー仕事で、手掛けた商品は、10万点以上だと思います。
これだけの数を、扱うと、さすがに目が利き、鼻も利きます。
以前は、資生堂、住友商事という莫大なバックスポンサーついている
バイヤー仕事ですから、少々、失敗しても、始末書を書いて、反省して、
おしまいに出来ました。
今は、小さい自分の会社で、身銭を切って、商品開発を、しています。
よほど惚れ込まない、新商品としてオリジナル開発は出来ません。
ほぼ毎日、何か、新しい商品になりそうなモノたちを、試しています。
信頼のおける方から、勧められたモノは、必ず、試してみます。
残念なことに、サンプルとして、会社に送って頂いたモノたちが、
オリジナル商品化することって、少ないです。
不思議ですが、「オタクのショップにピッタリの商品です!」と、言われて、
ピッタリだったことが、ないのです。
コレは、以前、企業に勤務していた時からです。
たいがい、作りすぎて、在庫に困っているものが、送られてきます。
では、商品の見極め方は?
至極、シンプルで、「作り手さんの、人柄」です。
さらに、最近は、「作り手さんが、強運である」という、ポイントを加えています。
世の中、良い商品、優れた商品は、たくさんあります。
その中で、自分たちのお客様に喜んで頂けるモノを見つけるのは、
ネットサーフィンをしていても、見つからなくて、『人』が運んできてくれます。
その『人』が、強運な人であれば、尚更、精度が、上がります。
私たち、エル・シャンウェブストアーのオリジナル商品の
■『純絹毛布』は、ライター姉妹の友人が京都に遊びに来た時に、
祇園で、着物の布で、お洋服を作っているデザイナーさんを紹介してくれました。
このデザイナーさんの叔父さんが、末期の膵臓癌で、寝たきりだった所に、
「コレ巻いて、寝てろ~」と
真綿(絹)の掛け布団をお見舞いに、プレゼントされたのです。
4ヶ月したら、癌が全部、消えてしまい、
絹のお布団は、黄色く変色して、ボロボロだった~!という、お話しがスタートです。
今だと、絹の掛け布団より、絹毛布かな~と、
思い切って、純絹で作ったトロけるように心地いい毛布です。
■『京かえる』シリーズは、私の亡き父の友人が、京都・伏見の生薬工場オーナー
を、ご紹介下さいました。
■『ダンシング・ソマチッド~』は、元・夫の友人の妻(私の友人でもあります)
から頂いた、1本のパーフェクトミネラルがスタートです。
そのボトルのミネラル水から、ソマチッド~を見い出して、
その後、紆余曲折ありつつ、オリジナル商品開発までに、至りました。
■『野性絹糸の腹巻きパンツ』は、資生堂ザ・ギンザ勤務時代の先輩が、1枚のサ
ンプルを、持ってきて下さいました。京都の絹糸問屋さんも、ご紹介下さいました。
この、絹糸問屋さんで、野性の絹糸の存在を知りました~。
■『高波動水洗剤』は、住友商事の資源部の紹介です。
当時は、まだOL時代で、岡山の水素研究所には、住友商事、本社の同僚と一緒に、
出張として出掛けたのが、スタートです。
■『宮古島手づくりノニ石けん』は、親しくして頂いている、宮古島の神女さまが、
熱海に、宿泊された時に、バスルームに忘れ物されたのが、きっかけです。
手作り体験工房を、経営されていて、作りてさんに、手作り石けんの作り方のまま
生産して頂いています。
■『湘南ウコン』は、毎月、温活湯治セミナーに、通わせて頂きました、万座温泉
、日進館の大女将さまの、ご実家です。
笑ってしまうほど広い大地の、隅っこで、お父様が、ご自身が毎日、晩酌を楽しめ
るように、肝臓のセルフケア―のためにだけ、育てておられます。
門外不出の、湘南路地育ちのウコンをお分け頂いています。
こうしてリストアップしてみても、11年間で、オリジナル商品化出来ているのは、
「7」つ。
2年間に、1つぐらいのペースでしょうか。
今年は、『野性絹糸の腹巻きパンツ』についで、再生医療ウォーターが、
オリジナル企画生産に入っています。このまま、何も起こらなければ、9月には、
納品予定です。
商品名は、「the Water」と、しました。
医療品ではなく、、、 美容品としての、展開です。
美容品は、幸いなり~です。
雑貨扱いですと、『宮古島手作りノニ石けん』のように、肌に使えません。
洗たくか、食器洗いにしか、、、許可が出ないのです。
美容品ですので、全身のお肌にご使用可能です。但し、飲むことは出来ません。
飲料水ではなく、美容水です。水、100%です。
美容成分100%の!!
生産が上がって、納品日が決まりましたら、改めて、お知らせ致します。
お問い合わせに、今までになく、
「お値段は、おいくらですか?」という質問を頂いています。
SK-Ⅱの半値とお答えしています。すご~く、高いのでは? と思われますよね。
国内最大手化粧品メーカーさんが、この基材を、1%未満入れた美容液を、
ファーストクラスラインで展開されています。
私たちは、この基材・再生医療ウォーター100%での、展開です。
コレって、すごいですよね?
自分の仕事に、ワクワクします~ バイヤー冥利につきます。
売り切れのご心配も無用です。化粧品は、生産ロットが、ケタ違いなのです。
必ず、お手元にお届け出来ますので、ご安心下さい。
私も、スタッフも、納品を楽しみに待っています。
あと、ひと月以内には、仕上がって参ります。今、しばらく、お時間を下さいませ。
いつだったか、、、 心ない人からのメッセージで、「お前は、ガンを商売にして
いる、気に入らん」とか、書かれて、ガックリしていました。
図星だからですよね。ひどく落ちました。
そうしましたら、
「ムラキテルミ(の本やブログ)が、きっかけでガンを克服したんですよ~」
メッセージが、相次いだのです。ジ~ンと、します。
ある方は、「ムラキさんは、ガンを治す!ことを、仕事にされているんですヨ」
とまで、書いて下さいました。
そうか~ 「ガンを治す!ことが仕事」って、ステキだな~と、意識しだしたら、
次々と、「世にも美しい癌の治し方」が、きっかけで、癌完治された方や、
された方のお身内、お知り合いと、出会えるようになれたのです。
もう、嬉しすぎて天にも登る心地です。意識って、大切ですね~。
というわけで、私は、癌になって、本当に良かった~ という、お話しでした。
ありがとうございます。また、来週。
ムラキ テルミ
  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる