メールマガジン

ホーム > メールマガジン > テルマガ 第304号 2019/7/19

テルマガ 第304号 2019/7/19

/
京都で一番~美味しいカレー屋さん「ムガール」の、クール宅急便セット・2人前
が、夏のメニューに、なりました。今回はオーナーの平田さんのお勧めべジメニ
ューです。
●カレー三種
・チャナマサラ(旨味たっぷりのひよこ豆をスパイスの香り豊かなソースでじっく
り煮込んだ滋味豊かなべジカレー)
・サンバル(大根、南瓜、ナスなどの入った南インドスタイルのほんのり甘酸っぱ
いべジカレー)
・バターパニール(ふわふわ柔らかなパニール~カッテージチーズを固めて揚げた
もの~を具に、フレッシュトマトやカシューナッツペースト、バターなどを使用し
たリッチな風味のベジカレー)
●グリーンピースプラウ
バスマティーライスを使った、タマネギと、グリーンピースのベジタリアンフライ
ドライス。
●タンド―リパラタ
全粒粉を使用した生地にギー(ピュアバター)を練りこみ、焼いたリッチなパン
ご家庭で、本格的なインドカレーディナーをお楽しみ頂けます。
ムガールにだけは毎週通っています。スパイスの調合が、日本人オーナーによる監
修で、インド人が作る絶妙な味なのです。
毎年、オーナーはインドに半月から、1ケ月、旅行されています。
昨年とこの春は、ベジタリアンメニュー探求の旅、ヨガの聖地、マラケシへ。
「インド料理って、深いんですヨ~」と、旅行話しを、お聞かせ下さいます。
「ムガール」では、スパイスだけでなく、水晶米もインドからのお取り寄せです。
ジャスミンライスと呼ばれ、ジャスミンの香りのする米と呼ばれるだけある、香り
の強いお米です。
自宅で、水晶米を炊くと、かぐわしい香りで、部屋が満たされ、
「豊かさ」にも満たされます。
濃厚なごはんが炊ける香りって、「豊かさ」とか「安心」感に包まれますね。
「ムガール」で、ジャスミンライスを食べるようになってから、
この香りのお米に、魅せられ、自宅でも、炊くようになりました。
水晶米は、香港でも、よく口にしていましたが、パラパラのごはん、、、という印
象だけだったのです。
ところが、上質な、水晶米の香りの素晴らしいこと。
瞬間冷凍された、グリーピースプラウを蒸し直す時にも、良い香りが立ちこめます。
絶妙なスパイスの加減もお楽しみくださいませ。
■野性絹糸の腹巻きパンツ
入荷しております。初回の生産分の、ラスト入荷となります。次回の納品は、今年
末、12月の予定でございます。
野性絹糸という特性のため、安定した絹糸の入荷が見込めない為です。
例え、不安定であっても、野生の絹糸を使い続けたいです。
保温力の、保温の仕方が、私たちの体温と絹糸とがコミュニケーションを保つよう
な温まり方なのです。野性である為、糸も強く、通気吼の数も、数百倍です。
保湿力に優れているだけでなく、吸湿力というか、湿度調整力にも抜群の素材でし
た。
暑い日でも、梅雨の時期でも、もちろん寒かった時も、快適です。
この野性絹糸の腹巻きパンツと、同じ編み地で、腹巻きも企画中です。
寒い季節は、お腹に二重が嬉しいかな~と、考えました。
パンツ付きより、腹巻きだけ、ご希望のお客様も、おられるのでは? と。
今年中には、ご用意できるよう、準備しております。
この野性絹糸の腹巻きパンツを、ぜひ、ランドリーソープナッツで、
洗ってみて下さいませ。天然サポニンで洗いますと、硬くならず、しなやかさが増し、
柔らかさ、ふんわり感も、増します。
洗濯機がドラム式の場合、1晩、1粒のぷなっとランドリーソープナッツとで、
着け置きされ、そのソープ液と一緒に洗濯機に入れてくださいませ。
ランドリーナッツは、天然繊維製品を洗いますと、力を発揮します。
絹、コットン、麻、ウール、、、 カシミアなんて、ふわふわ柔らかに仕上がり、
最高です。
洗濯機を、ドラム式に変えた為、ナッツが水に浸されず、どうしたもの
かと思案しましたが、1粒を、水に浸すと天然サポニンのお洗濯液=リキッドソー
プが出来ます。
■薬害体験中
先週、叔母が、介護施設の新しいスタッフさんの手違いで、隣室の方と、お薬が入
れ違ってしまいました。叔母は、高血圧の薬。隣室の方は、リウマチのお薬。
週に1回、服用されているお薬を、叔母が飲んだら、
翌日、1日、意識不明になりました。お薬って、怖い。
春にも、高血圧の薬が効き過ぎて、低血圧症状になり、40日間、意識不明、昏睡状
態でした。なのに、血圧が、130あるから、、、 また、処方されています。
そう遠くない昔、血圧は、年齢足す110が、高い方~と言われてませんでした?
叔母は、198まで、許容範囲となります。
健康な血圧の範囲が、狭くなれば狭くなるほど、高血圧の人が増え、血圧の薬が、
売れます。
日本の高血圧患者数は、4500万人!日本の人口の半分くらい。
赤ちゃん、お子さんを含みますから、高齢者のほとんどが、高血圧です。高血圧は、
冷えが原因だと言われています。血管の内側に、コレステロールなどの脂がこびり
ついて、血管径が狭くなり、狭い血管に血液が、流れると、圧がかかります。
体温が上がると、血圧は、下がります。
牛、豚、鳥は、人間より体温が高いため、それらの脂は、
人間の恒常性体温より上げないと、流れにくい。
温泉に入り、湯治中3日目ぐらいには、どなたも、正常な血圧になります。
叔母だけでなく、自分も、薬害体験中です。
歯根治療で通った口腔外科が、全身のエネルギースキャンを、
ドイツのバイオレゾナンスという器械を使って調べて下さいました。
脳下垂体と、腸に、不調が出ました。ウィルス優勢状態でした。
ウィルス優勢が続いてしまうと、リウマチになる、、、と聞いて、
母が長年、橋下氏病で、飲み続けたステロイドの副作用で、
関節や背骨が歪んでいます。
姿勢なんて可哀想なぐらい曲がっているのですが、骨が崩れてしまいました。
アトピーのステロイドの副作用で、友人が、大腿骨骨頂壊死で、
壮絶な闘病中です。20年間、塗布し続けています。
母は、17年間服用しました。
橋下氏病は、7割くらい遺伝すると聞かされており、表参道の甲状腺専門病院で、
50歳を過ぎたら定期的に検査を受けるように指導されたことがあります。
母も、橋下氏病だと判明するまで、1年間、寝込んでしまい、父が現役の頃で、
私は、嫁に出ていたので、お手伝いさんを探したり、東京から熱海まで、
お見舞いに毎週通っていました。
叔父の紹介で、伊藤病院院長と出会え、ステロイドの処方量が、抜群で、
その帰り道から、スクッと元気になりました。
同じチラージンという薬が、もっと多く、他の病院でも処方されていたのです。
母は、この体験があり、毎日、欠かさずに、チラージンを飲み続けたのです。
石原結實先生と、家族中で、お世話になり、
毎日、朝ごはんを、人参りんごジュースに変え、
1日に1回は、温泉で汗をかく。を、続けただけで、3年半に渡り、
チラージンの処方が減り続け、断薬がかなっています。
パーンと張った、皮膚やオッパイが、しぼんでしまい、ガッカリしてましたっけ。
副腎皮質ホルモン、、、女性ホルモンを飲み続けていたのが、
切れてしまいましたから。
父も、同じです。
高血圧に、心臓にカテーテルが入ってるため、ドッサリと薬が出ていました。
朝ごはんを、人参りんごジュースに、
お昼は、母とトーストを半分こ。グレープフルーツ。
夜ごはんには、納豆を必ず。
グレープフルーツと納豆は、
父の処方箋に食べてはいけない、と明記してあります。
なぜなら、血液がさらさらになるから。
血液をサラサラにする薬より、グレープフルーツと納豆を食べることを、
石原先生は、勧めて下さいました。
おかげで、3年足らずで、全ての薬から、解放されました。
正常な血圧になり、美しい血液に変わったのです。
高血圧の方は、肉食を控えて、グレープフルーツと納豆を、毎日、食べ続けたなら、
薬から、解放されると思います。
高血圧の薬は、言わずもがな、血行を阻害する薬です。
血行を悪くして、血管に負担をかけない、または、心臓の働きを弱くします。
頭に血液が回らないと、認知症になります。
心臓が止まると、死にます。
毎日、服用している薬には、必ず、副作用があるので、ご注意下さい。
私の話しに戻ります。
脳下垂体と腸の、ウィルスを死滅させる為に、クラビット系の抗生物質が
処方されました。
翌々日、起き上がれなくなり、立っていられません。
処方量を半分にしていました。
翌週、ランチの水ダコに、6人中、1人だけ、ノロウィルスで食あたりしました。
5日間、壮絶な吐き方、下し方を体験しました。
抗生物質を毎日点滴するも効かないのです。
ノロウィルスが頭に入ってしまい、ロレツが回らなくなり、喋れないまでに。
そして、昨日、噛み合わせると、血の味がします。変だなぁ~と、
口腔外科で診てもらいましたら、治療中の歯根周囲が、炎症を起こし、
膿んでいました。切開をして、膿を出して、縫ってきました。
この、連続ドラマのような1連は、体内のウィルスを攻撃するために飲んだ、
抗生物質が、ウィルスだけでなく、自己治癒する常在菌までも、
死滅させたことで、起こっています。
自己免疫力が、落ちに落ちて、ばい菌に負けてしまいます。
無菌室生活しなくてはならなくなります、、、そんなの無理です。
何が言いたいかと、申しますと、ウィルスを死滅させる薬だけで、
3週間のうち、半分くらい、日常生活に支障をきたしています。
ましてや、抗がん剤!癌細胞を死滅させる、劇薬です。
そんなに気軽に受けてはいけないなぁ~と、つくづく思います。
癌治療を、真面目に受けている方から、亡くなります。
お医者さまは、殺そうと思って処方していませんが、癌細胞しか、
見てくれていない、かもしれません。
癌は、自己サバイバルの時代に入っています。
癌死は、なく、癌治療死は、起こりえます。
ノロウィルスに倒れ、口腔内ばい菌に負け、憂鬱な時間を過ごしています。
どうして、こんなに、非・穏やかな暮らしなのか、、、
中学2年生の時に、UFO を目撃しています。
巨大なオレンジ色の物体が、上空を滑るように飛んで、真上で消えました。
この時、UFO に、間違いなく、連れ去られる体験をしている!と、
ある方から言われました。記憶を消されているだけだ。と。
なので、人間の動向データを取る為に、あらゆる人間の体験を重ねて、
逐一、レポートが送られている!?UFOに!?
全く、無自覚です。
ファンタジーだと思いたいです。
今、興味があるのは、病気やトラブルが存在しえない領域の高波動に。
そんな高波動ボディーになること!です。
皆さまと、ご一緒に、目指したいです。
それでは、本日はこのへんで。 ムラキ テルミ
  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる