メールマガジン

ホーム > メールマガジン > テルマガ 第296号 2019/5/24

テルマガ 第296号 2019/5/24

/
今週は前世の因縁と、カルマについて考えさせられる1週間でした。
この大好物ジャンルに夢中になったのは、31歳の頃。
マイアミにまで出掛け、ブライアン・ワイス博士のセプノセラピー(前世療法)
を受け、自分の8つの前世を、退行催眠中に、体験したことで、感激しすぎて、
浮わついた、、、
地上から10cmぐらい浮いたまま生活している感じでした。
前世療法のおかげで、父への強烈なファザーコンプレックスの意味、
「火」「水」「狭所」が何故?怖いのか、、、
ぶら下がったり、吊り下がることの怖さの出処を、理解し、解決できています。
以来、4半世紀以上、出逢う人との因縁やカルマが気になって、気になって、、、
カルマ解消が、この世に生まれてくる人生の目的!だと、信じ込んでいました。
途方もない数のカルマがそれこそ湧くように出てきます。
「この人との関係は前世で、これこれしかじかで、、、」と自分の愚行や
ハレンチな行いを耳にしてしまうと、それこそ「償わないと!!」と、
せっせと、尽くす。
尽くせど、尽くせど、砂漠に水をまくかのごとく、相手が満足することは、
決してなく、自分も疲れ果てて、出逢った時より、更に関係が悪化してしまい、
2度と私の目の前に現れないで欲しい~無残な終い方ばかりを、
繰り返しています。
カルマの解消の仕方が、間違っていました。
因縁関係にある相手に尽くす、、、は、大間違い。
そうではなく、自分の生き方を省りみて、行いを正せばいい!!のです。
恥のオンパレードですが、、、
*公開処刑されるまで、宗教にのめり込まない。
キリスト教プロテスタント派が、新興宗教だった当時、魔女と呼ばれ、
魔女狩りされ、公開処刑で火あぶりされ、死んでいます。
ローマカソリックという“権威”に反逆精神を持っていました。
今世も、その傾向が強いので、気をつけています。
*吝嗇家にならない
子どもの頃から、無性に預金が、大好きです。
お金を使うより、貯める方が、断然好き。
過去世で、私腹をしこたま肥やし、町中が飢饉のときに、知らんぷりをした為、
屋敷に火を放たれ、焼け死んでいます。
火に対する異常な怖さは、ここにありました。
金品を必要以上に貯め込まず、美しく循環できる使い方をしなくては、、、と、
注意しています。
火に対する恐怖も消え、ペレットストーブを愛用できるまでに、克服できました。
*二夫に、まみえない
成功した商人の前世で、何人もの愛人を抱えていたようです。
(これはヒプノセラピーで、自分で思い出した前世ではないです)
人の人生をお金で買うような生き方をしていたことに、うんざりします。
この余波的カルマに縛られていたので、性欲を満たすために誰かと
付き合うことはしない!と誓っています。
こう誓ったことで、対等な立場で、お互いに高め合える人間関係を
築けるようになれました。
*自分が〇〇〇が、出来る、と自慢しない
薬草の調合に長けていた前世があり、「私は、どんな病気でも治せる!」と、
吹聴した為、王室に抱えられ、、、と、ここまではいいのですが、、、
逃げ出さないよう鎖につながれ、奴隷人生を体験しています。
相当、ツラかった。
鎖につながれていた左足首を、今世で4回も骨折しています。
ホラふきだったまでではなようで、何かしらの結果も出していたらしく、
くる日もくる日も大鍋で薬草を煮ていたのです。
この傾向も今世、強く現れているので、要注意しています。
*ゴシッパーにならないように
京都に引っ越してきて、前世が、清少納言だと言われ、とっても気を
良くしていました。お公家の出身、日本初のキャリアウーマン。
書くことで名が知られ、、、ています。
書くことを生業に。と、秘かに憧れているので、かなり嬉しかったです。
京都御所近くに住んでいたのも、前世の御縁ゆえと信じていました。
葵祭りの日はテンションめちゃくちゃ上がります。
「枕草子」の勉強会に参加してみると、清少納言って単なる、
宮中ゴシッパーでした。がっかり。
しかも「源氏物語」を書きあげた紫式部に強い嫉妬心を抱え、
末期は悲惨な死に方をしています。
ゴシップかあ~。私のブログを読んだ方から、
「悪口とグチで気持ち悪い」と評され、ショックでブログが
書けなくなっています。
ゴシッパーだから、ウケて、パワーブロガーになれたのかもしれません。
いい気分に浸っていました。
今は、ゴシッパーからの転身中です。
ごく一部ですが、私自身が自分で勝手に自分を縛っていたカルマ=因縁です。
これらを今世で解消しよう~とする人生なんて、ちーっとも楽しくないんです。
苦行でしかない。
しかも、1つも乗り越えられず、因縁関係者との関係は悪化するばかり。
もう止めよう!!と、誓えることが、今週も起こっています。
カルマなんて解消できません。相手のあることです。
その相手が満足する日なんて、やってきません。
ならばどうする?
自分の波動を上げて、そのカルマの存在し得ない領域に達するしか
ありませんでした。
ごく最近ですが、母と弟に対するカルマの反転するきっかけがありました。
再生医療ウォーター開発研究者から、
説明を受けていた時に見た、1枚の写真です。
ゼロ歳の赤ちゃんが、体表30%の大ヤケドをおった写真です。
私の弟とまったく同じです。
自分の中で、カタッと、音がして、熱く、痛い思いをした当事者の弟のこと、
母の発狂しそうな気持が理解でき、2人が寄り添うように仲睦まじいことを
祝福できるようになれたのです。
そうしたら、母親から愛情を受けていないと思い込んでいる人たちや、
兄弟、姉妹間で、愛情格差の中で育った、、、と、思い込んでいる人たちが、
今現在おつき合いがあるorなしに関係なく、私のテリトリーから
離れ始めています。
元夫は、心の中にずっと存在していました。
ツラいことがあると、、、骨折・病気・ドロボーとか、、、
「どうして離婚しちゃったんだろう~」と必ず後悔していたのです。
豊かで楽しい暮らしだったのに、当時の私には越えられない問題を理由に
別れたのです。
愛人がいて、その女性との間に子供が出来たのです、、、
今だったら大喜びで養子に迎えます。何人でも大歓迎です。
誰でもいいから養子が欲しい病にかかっていた時期もありました。
その元夫との関係の結ばれ方が、彼のお母さん、私にとって元・姑は、
東北初の女弁護士です。キャリアウーマンの走り、彼は鍵っ子の走りです。
子供の頃、お手伝いさんに育てられていて、お母さんの愛情に飢えています。
今は、あんなに仲良しなのに、、、
私も同じ、私も祖父母とお手伝いさんに育てられています。
母は弟の看病に忙しく、私の方を向いてくれません。
母の愛情に飢えていました。
なので波調同通で、とっても居心地のいい相手でした。
今月、ゴールデンウィークに京都に遊びに来た、母と弟、2人の関係を
祝福できるようになったら元・夫への名残の思いが消えたのです。
「離婚しなかったら、豊で幸せに暮らしていたのに」病から、立ち直れました。
やっとです。15年間かかっています。
一気に、何件もの、何人ものとのカルマが解消されたようです。
元・夫が恋しかったから、健全な恋愛感情は生まれず、持てずでしたが、
やっと次に進めそうです。
「ひと目惚れ」されたり、次の引っ越し先のマンションに、
以前から気になっていた方がお部屋を所有されていたり、
同じマンションの隣室にボーイフレンドが引っ越しを検討してくれたり、、、と、
急展開し始めました。
良きコトの流れを、止めていたのは自分自身の意識でした。
因縁だ~、カルマだ~、と、過去に取り憑かれていて、
今の人生を楽しめないでいたのです。
もう、因縁もカルマも、怖れません。もう、どうでもいいです。
がんじ絡めになって、苦しいだけでした。だって、どうにも出来ないのですから。
それよりも高波動の体、光を放す体、ライトボディーの道を極めたいです。
そうそう、飲むと波動が上がるダンシング・ソマチッド~に、泥棒を機に
重苦しい毎日を救われました。
嫉妬心が、1枚の写真で祝福の思いに転換したわけではありません。
波動が落ちると、ソマチッド~をコップ飲みして、
また、落ちると、コップ飲みして、
ゴールデンウィーク中に、ソマチッド~を、ビン1本空にしています。
おかげで、母と弟を京都駅で見送る時に、目頭が熱くなる思いをしました。
父を亡くして喪失していた「家族」という思いを取り戻せました。
ソマチッド~を飲んで、一度上がった波動が、どうしてまた波動が落ちるのか?
という質問を受けました。
毎日、毎日、波動が落ちることって、起こりませんか?
・ケーキを食べる(お砂糖は食べると、グッと波動が上がるけれど、そのあと、
ド~ンと、落ちます)
・食べすぎる
・運動サボる
・お風呂に入らず、顔も洗わず、寝てしまう。
・夜ふかしする
・人の怒りを浴びる
・将来に不安を感じる、、、
昨日1日だけでも、私の低波動化要因です、、、
「飲むだけ~」ですから、続いています。
友人が、痛くて痛くての、痛風から10日間で、解放されました!
ダンシング・ソマチッド~のご体験レポートは
アメブロ ダンシング・ソマチッドブログ
https://profile.ameba.jp/ameba/somatid-club
にまとめてございます。
1,000件を超えるメッセージを頂いております。
ご参考にされて下さいませ。
では、ごきげんよう~
  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる