メールマガジン

ホーム > メールマガジン > テルマガ 第292号 2019/4/19

テルマガ 第292号 2019/4/19

/
改訂版ではありますが、2年ぶりに
新刊本が出来ました。
「人生が輝く、心掃除の魔法」から、
「自分のまわりにいいことが起りだす!心の掃除力」と
タイトルが変更になっています。
追加原稿を、60項ほど、書き足しています。改訂までの8年間に、
この60項分の、自分なりの成長があることに、
今回読み返してみて、気づけました。
私、自身、自分の人生テーマは「進化」、です。
肉体でも、精神でも、魂でも、
どこか、「進化」していたい、、、、
先週、引っ越したばかりの自宅に、コソ泥が入りました。
盗まれたモノは、たいしたことはないのですが、
在宅中の侵入で、不安と恐怖心が、マックスで、
寒々としたエネルギーが動く気配がしました。
悪しき心を持つ人間との、接点が、耐えがたい苦痛でした。
眠れず、食欲も、失せ、、、今週、やっと、
大工さんが防犯工事に入り、昨日はSECOMとの打ち合わせをし、
設置工事も、決まりました。
少し不安が和らぎ、10日ぶりに雨戸を開けました。
新緑が目に眩しくて、輝いています。
せっかく、こんなに美しい景色の家に、お引っ越ししたのに、残念です。
ビクビクしながら、
暮らさないといけないなんて。
素晴らしい景色に、目がくらんで、不用心な家であることに、
気づけませんでした。
今、引っ越しているのは、京都の北部、
郊外の、閑静な住宅街の1軒家。
とにかく、山々が望め、目の前に賀茂川が流れています。
絶景と言える眺望です。
夜になると、どうして、こんなに淋しい場所に引っ越したのか、、、と、
考えてしまいます。
きっと、今、山のエネルギーと川のエネルギー、
お日様のエネルギーが、私に必要でした。
癌宣告を受けた方に、ご共感頂けると思いますが、
癌は、体だけでなく、心も蝕む病いです。
常に、癌の増殖に怯え続けています。
再発と転移が怖い。こんな日々を10年以上も続けてきています。
疲れ果ててます。
この心の癒し、セルフヒーリングに大自然のエネルギーチャージが必要で、
このリゾート物件のような家に魅きつけられたのだと思います。
ずっと苦しかった、気管支炎は、治まりました。
犬たちと、鴨川に入って、朝日を浴びていると、
エネルギーが全身に満たされるのを味わえます。
満たされて、みるとエネルギーの不足も、解ります。
ぺくちが、水遊びが大好きで、ずっと、川の中で遊んでいます。
この間、水が苦手なクラマを、膝に乗せて
Zen呼吸法をしています。
3分~5分で、クラマとの呼吸も揃い始め、
気持ちいい~。
先週、Zen呼吸法の椎名由紀先生から、
今まで会った中で、一番呼吸が深い!と、初めて、誉められました。
毎朝、太陽に向かって、
「もう、癌に、疲れました~」
「癌の恐れから、卒業させて下さい」と、お願いしています。
「癌」への「怖れ」を、手放そう。。。としたら。。。
コソ泥です。「怖れ」の一掃棚卸しのようです。
やれやれ、、、不用心な私の話しに戻ります。
私って、いつも、こうだなぁ~。と、
深く、反省です。こうだなぁ~とは、、、
早合点、思い込みがはげしい、軽率、軽弾み、
調べない、思慮浅い、ムダばかり、
癌で死ぬとばかり思っていて、死に損なっているので、
余計、拍車がかかっています。
死期はコントロールできなくて、突然やってくる!
死ぬ時を、選べないこと、を、体験してしまったので、
ただえさえ、良く考えずに行動しがちなのに、
思考と行動が、ほぼ同時進行です。なまじ、行動力があるので、
引っ越しばかり、、、
あっ、イヤだな~と、思うと、ガマン力「ゼロ」なので、
直ぐ、「次!」となります。
もはや、趣味は「引っ越し」レベル。
まだ、京都に住んで3年目なのに、
不動産業者の名刺が60枚以上あり、自分でも呆れました。
ただ、誰よりも引っ越しを体験しているので、
生活空間の質は、向上というか、「進化」しています。
熱海と京都と、比べても、街の魅力が違います。
京都は、毎日、楽しい!
お祭りとか、イヴェントが沢山ある楽しさではなく、
何か、発見があります。
この2週間は、
「どうして、誰が、こんなに桜の木をこの街に植えたのか?」と、
不思議に思いながら、咲き誇る桜をあちこちで、堪能しました。
いったい京都の街に桜の木は、何本あるのでしょう?
醍醐寺境内だけで、1000本
平安神宮境内で、500本
円山公園、700本
京都御所&御苑が、300本
鴨川、賀茂川&高野川は、桜の見所だけで、
30ヶ所!
1000年以上も長く都が続いたことで、桜を愛でる文化が続いて、
「花の都」が出来上がったのだそうです。
ぜひ1度、京都の街が桜色に染まる
美しい景色、の時期に、遊びにいらして下さい。
目を閉じても、桜色が映る桜の花だらけです。
特に今年は、3分咲きの頃に、寒波がきましたので、まだ桜吹雪と、
鴨川の花いかだが楽しめています。
この春は、桜の美しさのおかげで、
「京都に、引っ越してきて、本当に良かった!」と、思えました。
京都の市内でも、引っ越しが重なっていますが、
旅をするように暮らしている、と思えば、上々です。
京都で引っ越しを重ねてみて、私には今の家は長期・森林リゾート旅行中~です。
二条城よりも、御所の方がステキでした。
高野川より、賀茂川の方が、好きです。
住んでみないと、心地良さって、判りません。
今は、洛中と呼ばれる祇園祭りの鉾が、周る、四角の内側に、代々と暮らす、
京都人の矜持を、理解できます。
土地の格が違うな~と、感じます。
このところ、四条河原町から、烏丸そして京極商店街は、
もう日本ではなく、外国です。
日本人、歩いていません。
お店のスタッフが、日本人なだけ、、、
人口600万人の都市に、昨年5600万人の、海外からの
旅行客を迎えています。外人だらけで当然。
叔母の介護施設が、四条烏丸にあるので、行く度に、
海外旅行気分です。
京都の街で起こっていることって、日本中に
波紋しそうな気がします。
古い町家は、改装されて、ゲストハウスに。
街を歩いている日本人は、老人だけ。
デパートも、レストランも、外人だらけ。
北海道ニセコ、が、スイスのサンモリッツみたいだと、
札幌の方から聞きました。
不動産の価格上昇率が、昨対110%!
100万円でも売れなかった、リゾートマンションが、
1,000万円以上になったそうです。
購入者は、ほとんど中国人
沖縄・宮古島も、不動産が高騰していて
地元の人が、大工さんが不足して、家を建てられなくなっているそうです。
購入者は、中国人。
京都の天橋立、でも、中国人のバス観光客ツアーの人たちに、囲まれました。
天橋立周辺のホテルが、1泊1人、1万円前後の潰れそうな古い宿が何軒もあります。
ここ3年間に新しくオープンしたホテルは、1泊1人、5万円~7万円の、
スウィートヴィラタイプばかりです。
中間クラスがないのです。
オーナー経営者は、中国人。宿泊客は、中国人。
京都御所から、徒歩1分。
老舗・和菓子屋さんが廃業し、5階建て、
土地90平米のビルが、5億円で、売りに出ました。
購入者は、中国人、です。
日本の街の隅々が中国化しているのを感じます。
京都、出町柳に、リトル中国が出現しています。
毎月、中華料理店が、オープンしているのです。
どのお店も、美味しくて、リーズナブル。
行列が出来ています。この行列には日本人が並んでいるのです。
中国人が、ポンと買った土地に、お店を建てて、
中国人スタッフが働いていて、
「安くて、美味しい~!」と、日本人が並んで食べてる。
エネルギーバランスは、中国に、パワーを感じます。
経済力も、生命力も。
大丈夫かしら、日本。
コソ泥に入られて、防犯に目覚めました。
防犯の延長線上に、国防があると、気づけました。
今の私には、日本人として日本を護れるエネルギー、不足しています。
というか中国人に負けてます。
四条通を、大家族で、着物を着て、ソフトクリームを食べながら
全員がスマートフォンで、自撮りして、インスタにアップしている
パワーに、圧倒されています。端にどいてしまう。
八坂神社は、香港の黄大仙寺かと思うぐらい、着物を着た、中国人だらけ。
なぜ、日本人、というか、私、中国人より元気がないのかしら?
もっと、元気だったし、
もっと、楽しかったなぁ~。何をしても、どこへ行っても。
今、理由のわからない、閉塞感があります。
この閉塞感が、心の詰まり。。。
要・心掃除だと、思うのです。
心の中が、ネガティブな、感情で、パンパンで、
素直に純粋に単純に、なれなくなっていて、、、心が、重たい。
沢山のことにガッカリが続きすぎてしまって、
何だか、楽しくない。
何だか、喜べない。
何だか、暗い。
私たちの感情は、大きく分けて、2つ。
「愛」と「怖れ」しかないのです。
「怖れ」が大きくなりすぎてしまっていました。
私。。。
「怖れ」には、不安、心配も含まれます。
私の心の中は「怖れ」だらけでした。
大掃除が大変!!「怖れ」だらけだと、
気づけて、8年経つのに、未だ掃除中です。
今週だって、コソ泥に、「怖れ」ています。
「怖れ」の感情が強すぎて、暗い、暗い、
ジメジメして、湿っぽい。自分でもうんざりしています。
友だちから「神との対話」を読み直せ!と、アドバイスを受け、
「神との対話」なら、とっくに、読んだし、
何人にもプレゼントして、自分だって3回も買い直しています。
それに、この本が出版される前に、エイトスターダイヤモンドの
ニュースレターに掲載されている頃からの読者で、ファンです。
「今さら、何よ~」と、思ったのですが、アマゾンで買い求め、4回目!
読み出したら、、、今の私に必要な、言葉だらけで、驚いています。
私たちの人生は、魂の修業ではなく創造!
である!と、何回も書かれています。
自分の現実を創造している~と。
以下、ご参考までに、「神との対話 1」
ニ―ル・ドナルド・ウォルシュ著 サンマーク出版より
それはかまわないが、話を元に戻そう。
非常に重要な話だから、糸口を失いたくないだろう。
人生は創造であって、発見ではない。
あなたがたは、人生に何が用意されているか発見するために
毎日を生きているのではなく、創造するために生きている。
自分ではわかっていないだろうが、あなたがたは、一瞬一瞬、自分の
現実を創造している。私はくり返し、そう話してきた。
どうしてそうなるのか、どんなふうに創造しているのかをまとめてみよう。
1、わたしは神の姿をかたどり、神に似せて、あなたがたを創造した。
2、神は創造者だ。
3、あなたがたは三つが一体になった存在だ。その三つをどう呼んでもいい。
父と子と聖霊でもいいし、精神と身体と霊でもいいし、
超意識と意識と無意識でもいい。
4、創造とはその三つの部分から生ずるプロセスである。
言い換えれば、あなたがたの創造には三つの段階がある。
創造の道具は思考、言葉、行為だ。
5、すべての創造は思考から始まる(「父から生じる」)。
すべての創造はつぎに言葉になる(「求めなさい、そうすれば与えられるだろう。
話しなさい、そうすれば成就するだろう」)。
すべての創造は行為によって成就される(「言葉はひととなって、
わたしたちの間に住まわれた」)。
6、あなたがたが考えるだけで言葉に出さなくても、ひとつの段階での創造だ。
考えて言葉にすれば、もうひとつの段階での創造になる、
あなたが考え、語り、行動すると、具体的な現実になる。
7、ほんとうは信じていないことを考えたり、語ったり、行動したりすることはできない。
だから、創造のプロセスには信念、つまり知るということが含まれる。
絶対的信頼だ。願うだけでなく、確実にそうなると知っていなければならない
(「あなたは信仰によって癒される」)。
したがって、創造行為には、つねに知識が含まれる。何かを身体で理解し、
まるごと確信する、「完全に受容する」ということだ。
8、そこまでわかっていれば、強い感謝の気持ちが生まれる。
感謝せずにはいられない。それがたぶん、創造の最大の鍵だ。
創造が具体化する前に、創造に感謝することだ。
願いは当然かなえられると信じることだ。
そう信じてもいいどころか、信じたほうがいいのだ。
それこそが悟りの確実なしるしだ。
すべての〈マスター〉はあらかじめ、ことが成就すると知っていた。
9、あなたが創造するすべて、創造したすべてを祝福し、楽しみなさい。
一部でも否定すれば、自分の一部を否定することになる。
あなたの創造の一部としてどんなものが現れようとも、
それを自分のものとし、祝福し、感謝しなさい。
非難しないように努めなさい(「非難するなんて、とんでもないことだ」)。
非難するのは、自分を非難することだからだ。
10、自分が創造したなかで、楽しめず、祝福できないものがあったら、
選びなおしなさい。新しい現実を呼び出しなさい。
新しいことを考え、新しい言葉を口にし、新しいことをしなさい。
立派にやり直せば、世界はあなたについてくるだろう。
「わたしが生命であり、道だ。ついてきなさい」と言いなさい。
これが神の意志を「天国と同じく、土地にも」実現させる方法だ。
私は、10が、心に響きました。
自分の人生が祝福できないことの連続だけれど、選び直せばいい!
選び直しの連続だけれど、それでいい!!と。
日本人、が元気がないように映るのは、
精神的に、成熟しているからなのかしら?
アレも欲しい~
コレも欲しい~
ドコへ行きたい~だらけだった時は
活動的で、元気に映るけれど、自分の不足を満たし続けているだけです。
モノで、幸せになれない。
食べすぎると、病気になる。
アチコチ出掛けるより、家がいい、、、のは、
精神性を魂を磨く段階にフェーズが、移ったのでは?
何か、欲しいモノは、さりとてなく
あ~食べたい、モノは、すでに満たされていて、
今、安全で快適な、空間に暮らしたい。という
希望を持っていますが、叶えられる!と信じる力があります。
もちろん努力は惜しみません。
今、欲しいのは、しなやかで倒れない身体と、動じない心。
透き通るように輝いて虹色に光る魂。
無形で、目に見えず、すぐに手に入りにくいモノが
欲しいです。
私と同じような、閉塞感を抱えて、同じような心境な方、多いと思います。
私たち、共振しているので、
私が、加齢の「怖さ」を、手放したら、
貴女の中からも、無くなります。
私が、コソ泥の「怖さ」を手放したら
貴女の心から、ドロボーへの「怖れ」が無くなります。
なのに、ごめんなさい。私、まだ手放せていないです。
育ててるかも~ごめんなさい。
貴女が、何かへの「怖れ」を手放したら、
私の心から、その何かの「怖れ」が無くなります。
手放し方は、「愛」への変換なのですが、コレは、高波動です。
宗教でも、何でもなく、サイエンスの世界でした。
ダンシング・ソマチッド~も、お役に立ちます。
気を、高波動にするパワーを、ソマチッド~は持っています。
ソマチッド~は私たちの体内に、100兆匹棲んでいる地球最微小の
生命体です。
コソ泥侵入の「怖れ」が、強く、
雨戸も閉めて、ビクビク過ごしていた時、
ソマチッド~を、1週間、飲むことさえ忘れていたのです。
1週間ぶりに、100ccを、一気に原液飲みをすると、
30分間で、不安も「怖れ」も、消えてしまいます。
また、翌日、ド~ッンと、不安と「怖れ」を
抱えて、目覚めてしまうのですが、
また、ソマチッド~を飲むと消えます。
4日間、繰り返しましたが、確かに消えます。
ソマチッド~の活性化している時の波動って、「愛」の波動
なのでは?なんて、思いついて、ニヤニヤしています。
波動のことも、もっと、知りたいです。
体験したい。
不安と「怖れ」が、ダンシング・ソマチッド~を
飲んで消える!?って、スゴいです。
もしも、私だけでなくご体験談ございましたら、
info@el-sham.com まで
お寄せ下さいませ。お礼は致します。
ダンシング・ソマチッド~のお客様からのご体験談、
1,000件を越えています。
未掲載のものも、ございますが、
アメブロ
URL:https://ameblo.jp/somatid-club/
で、ご紹介しています。
「自分のまわりにいいことが起りだす!心の掃除力」
KKロングセラーズ刊は、4月20日(土)、発売します。
アマゾンですと、送料無料です。
  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる