メールマガジン

ホーム > メールマガジン > テルマガ 第291号 2019/4/12

テルマガ 第291号 2019/4/12

/
木村秋則さんの、自然栽培のお仲間で、
北海道、せたなで、「山の会」として、活動されている、
秀明ナチュラルファームの富樫さんのお仲間たちの半生が、映画化されて、
「そらのレストラン」として、全国上映されたことが、
すご~い!と、大喜びしていました。
この度、米国、ソノマ国際映画祭において、
海外映画最優秀審査員賞を、受賞されました!
日本映画初の快挙です。
日本アカデミー賞では、圏外でした。
日本アカデミー賞で、話題になった
「カメラを止めるな」、、、暗かったなぁ~観て後悔してしまいました。
観てしまって、忘れてしまいたいシーンが、いくつも残ってしまって。
「そらのレストラン」は、人情味にあふれ、人と自然の
厳しさと優しさも、肌で感じられました。
どこを切り取っても優しさが表現されています。上質のユーモアもあります。
〇〇〇賞とは、人が集まって評価する行為ですから、
国民性って、出ますね
海外で、評価されて、日本に逆輸入されたケースは、
小山薫堂さんの「送り人」米国アカデミー脚本賞を受賞。
今や、「くまもん」の生みの親です。
「くまもん」を、見かけない日って、ないです。大人気。
北野たけしさんの映画作品は、カンヌ映画祭や、
ベネチア映画祭で、絶賛されています。
もう、お笑いタレントではなく、すっかり映画界の人。
海外の方が見て感じる視点が、違うのでしょうか。
横道にそれましたが、「そらのレストラン」が、
海外で、高く評価されたことは、素晴らしいです。
富樫さんご本人は、驚くばかりで、まだ、喜びが湧いて
こないそうです。
富樫さんは、北海道大学農学部で、教鞭に立たれる、
研究家タイプの農業従事者です。
18年前に、ひとつかみの、絶滅品種といわれる鶴の子大豆を入手され、
18年の歳月をかけて、大豆製品を作れるまでに、
自然栽培で、育てて、こられています。
鶴の子大豆は、苗から育て始めると、雑草に負けてしまって、
どれが、鶴の子大豆なのか、わからないのに、しっかりと根を張って、
お陽様を浴び出すと、ググ―ッと、育って、一面が、鶴の子大豆畑になるそうです。
ひ弱な頃は、
雑草に守られるかのような育ち方をし、
成長する過程で、雑草を栄養にしていくかのように。
富樫さんは、植物界に、雑草なんてカテゴリーはないと、言われます。
本当にその通り。
生命のグループがあるだけです。
ソノマ国際映画祭での受賞を機に、
富樫さんのお仲間の、育て、作られている食材が、
世界レベルで、評価され、選ばれると、とても嬉しいです。
木村秋則さんは、農業で使用する農薬・除草剤・殺虫剤など、
大量の薬品が、「地球」という「地」の「球」の「地」をダメにしてしまっていて、
「自然栽培」という、農薬も有機肥料も使わない農業が、
今の傷ついた「地球」を救うことができる!と、世界中で説いておられます。
日本の国土は、この「地球」上ではほんのちょっと。
広く、海外で「自然栽培」のムーブメントが起こると、いいですね。
なんといっても日本発信です。
きっと、冨樫さんの鶴の子大豆醤油は、ますます、入手困難になると予想されます。
木村秋則さんのリンゴが、30年待ちのように。
「もう、わたしが、生きてない先まで、予約を頂いている」
「リンゴ作りをやめること、出来ないわ~」と、笑っておられます。
木村秋則さんは、講演活動に、お忙しいので、
次女のお嬢さんが、リンゴ自然栽培を継いでおられます。
木村秋則さんの地元、青森県での活動の孤立?を感じることが、多々あります。
青森県の方に「あっ!木村秋則さん~」と、
嬉しくて、話しかけても「あ~、リンゴの人ね~」
「ガンコらしいね~」「ご近所の畑は、虫が寄ってきて迷惑してるんだわ~」と、
冷やかな、お答えばかり。
世界の木村秋則なのに、青森の木村秋則には、なれていないのが、不思議です。
虫の件は、木村秋則さんは、VIDEOを作成されています。何年もかけて。
虫たちは、木村秋則さんのリンゴ畑に、飛んで集まって来るのです。団体で!!
なのに、「虫が寄ってきて困る~」なんて、よく言うわ~。
木村秋則さんの、言うべきセリフです。
木村秋則さんは、ひと言も、仰いませんが、
「人間が一番、残酷だ」「自然は、優しい」と、
心に残る言葉が、あります。
人間って、残酷だなぁ~と、思うこと、沢山あります。
自分勝手で、イヤがらせ、意地悪、イジメ、が出来ますものね。
犬たちを見ていて、ケンカはします。
自分の立場を守るために。1対1で。
イジメや、イヤがらせは、しない。
グループ対1人みたいな陰湿なことはしません。
木村秋則さんは、イジメは、食べ物が原因だと、
言われています。
薬品添加物が入りすぎていて、陰湿になっていると。
薬品って、極陰性です。
もちろん病院で処方される、お薬もです。もちろん。もちろん、抗ガン剤も、です。
どんどん、陰気になってしまうかも、、、。
私も、大量に、鎮痛剤を、飲んでいた時は、
体も冷えて、心も冷えて、ガンになって、人生も、冷え切りました。
人生を温め直すのに、10年、かかっています。
いまだ、冷えがちです。
思考が、暗い方に向いてしまうのです。
誰かに言われた、ひと言で、キズつく。
今週、私は、ドロボーに入られて、キズついています。
好き勝手なことを、言われた、だけ。
モノを取られた、だけ。とは、なかなか思えなくて、
引きずってしまうし、落ち込んでしまう。
恐怖と、不安で、眠れなくなります。
ずいぶん前に、スタッフの家に、空き巣が入って、
ものすごく、怖がって、お引っ越しをしていました。
母も、東京のある駅で、山手線から地下鉄の乗り換える階段で
中国人5人に囲まれてお財布を、出せと言われ、震えながらお財布を
出したら、そのお財布が、ラグビーボールみたいに、次々とパスされて、
あっと言う間に、持ち去られた経験があります。
以来、1人で山手線にも地下鉄にも、乗れなくなりました。
今なら、空き巣に入られたり、ドロボーされる人の恐怖心を、理解できます。
モノを失う恐怖では、ないのです。
悪しき心を持つ、人間との接触が、怖いのです。
関わりたくない、、、近づいてきてほしくない、、、
イスラーム刑法の、窃盗を行った者の手首を切る、、、は、
極端かもしれませんが、それほど、罪深いことだと思います。
人のモノを盗んで、上手くいった快感が、忘れられなくて、
ずっと、続けると思う。その盗人の手を切ってしまえば、もう盗めない。
イスラームの刑法って、ストレートです。
怖がっていては、イジメが楽しい人種や、盗人のパワーゲームに、エネルギーを
与えてしまいます。何とか、立ち直らなくては。
こうして、盗人に遭う経験をしてみて、その恐怖感を学べることもあるので、
経験って、必要なのでしょうか、、。しんどいなぁ~。
早く、このしんどい体験の数々を、卒業したい。
それには、圧倒的な波動体にならなくては、、、。
日々、精進です。
——■2年越しで開発した「野性絹の腹巻きパンツ」完成しました!———–
京都に引っ越して、2年がすぎ、3年目に入りました。
本気で、絹に興味を持ち、勉強を始めたのは京都に移ってからです。
絹糸には、日本産と、中国産、カンボジア産、ブラジルと、
産地違いがあること。
絹糸が、加工の過程で、初絹キビソ・真絹糸・絹紡糸など、
いくつかの種類やレベルがあることを、学びました。
昨年は、京都の、絹糸問屋さんと知り合え、
ご一緒にオリジナル製品を開発して頂けることとなりました。
このオリジナル企画のハードルが高く、3軒に、「出来ない、、、」と
断られております。
どんなオリジナル製品かと、言いますと、
「一年中、快適に着用できる!
絹糸の腹巻きパンツ」
です。
デザインは、夏場の着用を考慮して、
超ハイレグ!
フンドシ・パンティーの、腹巻きパンツ
です。
編み立て仕様で、ホールガーメントという、
縫い目も接ぎ目もない、それはそれは、美しい仕立てです。
鼠径部フリー!全く、圧迫せず
締めつけない、「鼠径部に愛を!!」込めた
ニットの様に編んだデザインです。
絹糸も、何種類かで、編んでみました。
その中で、一番、入手が難しく、
安定供給が、厳しい、、、野生の山蚕の繭の糸・野蚕糸を、紡ぐだけ!の
オーガニックを越えた、ワイルドな絹糸製です。
染めていません。
晒しも、していません。
野性の絹糸、そのままです。
ですので、色ムラがありますが、
このワイルドな感覚を、お楽しみ頂きたいです。
編む時に、糸の内側に極細のストレッチ糸を忍ばせています。
それ以外は、純絹です。
私は、サンプルを着用して、半年になります。
パンティーとして、直接ではなく
ミルクのインナーパンティーの上に、着用しています。
はじめは、野生の糸のザラザラ感があります。
お洗濯する毎に柔らかく肌に馴染んできます。
温かくて、快適です。
それ以上に、
絹糸が、たんぱく質組成であるためか、
腹膜を1枚、巻いている感覚なのです。
着用しないでいると、その日、お腹が
心もとない、頼りない感じです。
ぜひ、皆さまにも、
「1年中快適~野性絹糸の腹巻きパンツ」
を、ご体験頂き、快感を、シェアしたいです。
2019年 4月13日(大安)より
販売スタートです。
  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる