メールマガジン

ホーム > メールマガジン > テルマガ 第287号 2019/3/8

テルマガ 第287号 2019/3/8

/
ちょうど、1週間前に、40日間
眠り続けていた叔母が、目覚めました!
23時を過ぎての、介護施設からの
電話でしたので、「ついに、息を引き取った」
のか、、、と、ドキッとしました。
電話口の、スタッフさんは、興奮されていて、
「お母さま~、目を覚まされました!」
ケータイ、落としそうになりました。
あわててバッグだけ持って、駈けつけました。
タクシーに乗るまでの時間が
すごく長く感じて、、、タクシーの乗っている
時間も、長く感じました。
タクシーの中で、
コートだけ着て、
帽子も手袋も忘れていることに、
バッグも、犬の散歩用のウエストポーチを
持っていて、呆れます。
とにかく、泣けて、泣けて、泣けました。
9分9厘、諦めていて、、、
このまま、目が覚めることはないと、
思っていたからだと、思います。
全くの無反応のままの昏睡状態で、栄養点滴だけで、
これは、延命治療をしている!?のかな~、という、感覚です。
ある方から、「植物人間ですか?」と聞かれて、
あ~っ!植物人間なのか、と、気づくぐらいです。
その日、元伊勢籠神社に、病気平癒祈願を掛けており、
ご神恩にも感謝です。
叔母は確かに、目を開けていて、天井の
1点を、ジーッと、見続けていました。
視点は、合います。ずっと、驚いたような顔をしていて、、、
少しお白湯で割った、ソマチッド~を、吸い口で、口に合わせる、だけ。
飲み込んだりは、出来ません。
朝方に、何か、喋ってます。
「おなか、すいたね~」と、、、
40日間、強制的に断食でしたから、
回復食、気をつけないと。
一旦、自宅に戻って、人参、りんごジュースを
作って来よう!と、帰り支度をしていたら、
「かえっちゃうのかい?さびしいよ~」と、言ってくれます。
「すぐに、戻ってくるから。おばちゃまの好きなもの、用意してくるわね」
も、通じて、「ありがとうね~」と、返事がきます。
会話成り立ってます!!
500cc、作った、人参りんごレモンジュースに、
ソマチッド~を加えたものを、吸い口から、
飲んでくれます。少しベッドを起こしたら、
飲み易くなったらしく、喉から
ゴクゴクと、音が鳴るぐらい、飲むのです。
「おいしい?」ときいたら、
「おいしいよ」と、返事が来る!嬉しい~。
プリンも1つ。ミックスフルーツゼリー1つ。
杏仁豆腐1つを、目覚めた初日に食べました。
ただ、手足は冷たいし、生気のない顔です。
こうして、目が覚めてくれ、話すことが出来、
手を握ってくれたり、幸せです。
翌日も、同じ感じで、過ごしました。
マグマ塩入り、重湯を、作って、持参しましたが、
「まずいっ」と、口にしません。
ジュースと、甘いもの、ばかりです。
嬉しそうなので、これでいい!と、3ヶ所の洋菓子店で買った、
大好物のプリンを、1日で、6つ、食べ切ってました。
3日目からは、カステラと、お豆腐が、ラインナップされました。
極上品のカステラを、頂いて、持参したら、
フォークで少しずつ、口に運んでいたのに、
手で、カステラをつかんで、もぐもぐ食べ始めたのには、驚きました。
四ツ谷、坂本家さんのカステラを、さる名俳優さまから、頂戴致しました。
お豆腐も、ティースプーンで、口に運んでいたら、
「大きいスプーンはないの?」と聞かれ
カレースプーンで、パクパク、行きます。
こちらのお豆腐も、うかい亭の竹豆腐。
めちゃくちゃ美味しいのです。
美味しいものは、わかる。どちらも、病後の
滋養食に最適でした。
お風呂に入れてあげるのに、思わぬ苦労をしたり、
何回も、大丸デパートに、プリンを買いに
走ったり、が、嬉しくてなりません。
もう2度と、ないかも、、、と、諦めていた叔母との、
コミュニケーションが、ただ、ただ、嬉しいのです。
ガリッガリに痩せてしまいましたので
入れ歯は口の中まで痩せて、合わなくなって
かなり削って調整をしました。
・血液検査も、血圧も見事に、正常です。
40日間の断食って、すばらしかった。
眠り始めた当初は、血圧が下がりすぎていて、
処方されていた血液降下剤のことを
ずいぶん、にくらしく思いました。
40日間も続くと、もう、そんなことはどうでもよくて、
眠っていても、存在してくれることが、有り難く
思えるまでに、心境が変化しました。
叔母が目覚める、4日前と、2日前に
シーツから、マットレスカバー、寝間着と、大洗濯されていて、
「大量の排便と排尿が、あったのです。」と、
レポートを、受けました。
点滴だけなのに、不思議です。
どんなブツが、出たかはわかりませんが、
叔母は、5年前の夏にも、毎日、夕方に、熱を出して、40日間、
寝込んでいます。
この時は、揺り動かすと、目を開けて、
プリンを食べたり、トイレに行っていました。
ある日、トイレに間に合わなくて、立ったまま、大量の排便がありました。
ドッジボールサイズで、ドロドロのまっ黒で、嗅いだら、
忘れられない、悪臭です。ずっと、鼻の奥に
臭いが、しみついて、取れませんでした。。。
その翌々日に、朝、自分で起きて、ワンピースに着替えて、
口紅を塗って、ロッキングチェアーに座って、
テレビを観ていて、腰を抜かしました。
断食って、素晴らしいです。
食べないと、体内は、不純物、や不要物を、
きちんと、排泄するのです。
「吸収は、排泄を阻害します。」
春は、デトックスの季節です。
断食に最適なシーズンです!
——■「朝日米」が玄米黒酢になりました——————————–
どのお米よりも美味しい、
日本で唯一、品種改良されていない
食味米である、備前&備中「朝日米」が玄米黒酢になりました。
通常の工場生産品の5倍の原料を使って、
まず、1年をかけて、玄米酒にし、
そのあと、清水を加えて、かき混ぜずに、静置発酵させて、
半年間熟成させました。
この静置発酵中に、メーカーさんの工場長さんが、
発酵し易いように、お酢自らが、発酵菌で、樽に、真っ白な
分厚い膜を張って、膜の中でブクブクと、泡が立ち、自ら、
発酵熱を高める様子に、驚かれたそうです。
熱を加える必要なく自らの放つ、発酵熱で半年発酵し続けて
出来上がった、玄米黒酢は、サッパリしていて、キレがあって、
ツーンと、鼻にくることなく、黒酢特有の臭いもなく、優しい香りです。
元々、黒酢は、苦手で、飲むなんてムリ、、、
飲めなかった黒酢を、お料理に使っても、どのお料理も
酸辣湯ラーメンの香りになってしまう気がしていました。
中国製の黒酢だったからでしょうか?
この「奇跡の玄米黒酢」は、
レモンとハチミツで割ると、飲み易いですし、
酢の物にしても、ドレッシングに使っても、
ピクルスを使っても、お料理の腕が上がったようになります。
色んな調味料を加えずに、寿司酢に、
そのまま使えます。
ホンモノは、シンプルです。
ホンモノは、手間要らず!手間が要らないのに、
とっても美味しい~。
ちょうど、春を迎え、デトックスのシーズンです。
玄米黒酢の持つ、クエン酸が、クエン酸回路を調えてくれます。
秋と冬に貯め込んだ、脂肪、炭水化物、タンパク質などを、
エネルギーに代謝する回路です。
ただ、いくら体に良いから、と、毎日、長期間に渡って、
お酢を飲み続けるのは、要注意です。
やはり、酸っぱくて陰性ですので、内臓が緩みます。
美味しく感じるなら大丈夫、心配ありません。
体にいいから、飲まなくちゃ!は、
お勧めしません。
元・姑が、クエン酸を、毎日
5年間、摂り続けて、腸に憩室が、
数え切れないぐらい、出来てしまい、破れた箇所もあり、
激痛らしく、大変でした、、、この経験があり、
なので、お酢を使った健康法は、疑問を持っています。
お料理用、調味料に、これ以上ない、お酢が
ラインナップされたのは、とっても嬉しいです!
今、一番気に入っているレシピは、
奇跡の玄米黒酢にラー油を加えて、
お好みで、ハチミツも。
ココに、切り干し大根を漬けるだけです。
2日間で、自家製ハリハリ漬けが出来ます。
もう、袋入りの添加物入りハリハリ漬けを、買わずにすみます。
大振りに刻んでも、細かく刻んでも、めちゃくちゃ美味しいです。
ぜひ、お試し下さい。
「奇跡の玄米黒酢」は
2019年 3月10日(大安)より
販売スタートです。
  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる