メールマガジン

ホーム > メールマガジン > テルマガ 第264号 2018/8/3

テルマガ 第264号 2018/8/3

/
暑い、暑い、ばかり言っている自分が
イヤになりますが、暑い毎日です。
やっと、台風で、涼しくなったかと、思えたのは
1日だけでした。
ソマチッド~が、いい仕事をしています。
ウチの犬のぺくちですが、鴨川で、ひとしきり遊んで、
帰り道に、後ろ脚をびっこ引いてます。
びっこも着けなくなって、三本脚で、
ぴょこたん歩いていますが、左右にブレて
倒れそうなので、抱きかかえて、帰宅しました。
10キロのぺくちを、抱いて、帰ってこれたのは、
初動負荷トレーニングのおかげです。
30分間で、2回休んだだけです。
帰宅してから、ソマチッド~を、口から飲ませ、
痛がる脚と腰、全体に、たっぷり、
スプレーしました。
足先にケガはなく、骨も折れていません。
ネンザでしょうか。。。
3時間くらい、丸くなって、ベッドで寝ていて、
ヨロヨロと起き上がって、
トイレへ。
まぁ~、すごい量のオシッコです。
ジョーーッと、音を、立てて、大量のオシッコをしたら、
ふつうに歩いてます!
何だったのでしょうか?
川で遊びすぎて、冷えた?
膀胱炎では?という、意見もありましたが、
どこを、触っても、ウーウー、うなったり、痛がったりしません。
よかった!
ソマチッド~、のおかげです。
もう1匹、ワンちゃんの例です。
車のドア―に挟んで、
足の指の骨折2本と、生爪を剥いでしまい。
血が噴き出したそうです。
獣医さんのところで、処置するも、止血せず、
こまめに、消毒とコットンを取り替えて下さい、と、
言われて、帰ってきたそうです。
そうだ!と、思って、ソマチッド~を骨折と
ケガのところに塗ったそうです。
塗ったところを、ペロペロとなめるので、
飲むかな?と、飲ませたら、100ccぐらい
飲んで、そのまま、丸くなったそうです。
5分後ぐらいに、キズ口のコットンを、取り替えて
あげる時には、血が止まって、
腫れも引きはじめたそうな。
翌日には、ごはんも、食べ始めて、
3日目には、ふつうに歩いているそうです。
獣医さんから、1ヶ月は散歩禁止と、注意を
受けてるので、散歩には、行かないけれど、
テラスに出て、トイレもしています。
パーキンソンのネコちゃんが、体がヨジれて
寝たきりだったのに、起きてきて、
ミャーとないて、ごはんを食べたり、、、
20才ぐらいの金魚が、体から、白いフワフワしたものが、
出ていたのが、水槽にソマチッド~を入れたら
翌日、治ってしまったり、、、
ペット界では、色々と、嬉しいニュースが
届きます。
人間界のニュースは
https://ameblo.jp/somatid-club/ へ。
人間界からも、毎日、嬉しいニュースが届いております。
ご参考に、なって下さいませ。
最近のマイブームは、筋肉痛に、ソマチッド~です。
塗ると、明らかに楽になります。
フルマラソン大会出場翌日の、スタッフも、ソマチッド~を
筋肉にすり込んで、「違う~」と、喜んでいました。
筋肉を使いすぎた筋肉痛とは、真逆の運動不足で、
足がツル時にも効果があります。
いつ、ツルかわからないのですが、ツッた時に、
すぐスプレーが出来ると、すぐに効果がわかります。
一瞬で、強張った筋肉が、ゆるみます。
運動しすぎにも、運動不足にも、効果があるって、
すごいです。
生命エネルギー体にソマチッド~が働きかけるので、
ジャンルがないです。
——「魂の健康」について、考えてみました————————
魂の物理学者、ゲーリー・ズーカフ氏、著者
「魂との対話」サンマーク出版、、、、今、絶版なのですね。
15年間に、何回、読み返したか、わからないぐらい、
私にとって、魂の辞書です。
今日も読み返していて、ゲーリー・ズーカフ氏が、
量子物理学者だと、気づいて、グッときました。
タオパッチの、量子物理学です。
なぜ、読み返したかというと、知人が、
憑き物が祓えずに、難儀していて、
ある超能力者の方に、依頼してみたのです。
事情を説明をして、その返答がかっこよくて、
美しすぎて、驚きました。
「以前は、霊障祓いとか、
その人の未来を予言して、
危機回避のアドバイスとかし、
病気を治したり、していました。
 ところが、
祓っても、
また
パワーアップした憑き物が、憑く。
 アドバイスして、
危機回避しても、
また
バージョンアップした、危機が、くる。
 病気もバリエーションアップして、
また、
病気になる、
ことに、気づき、
 その人の、
学び、
魂の修業の、邪魔立てしていることだと、
気づけ、
己の無知を知ってから、
一切の
霊障祓い、予言、病気治しは、
していません。」
という、内容でした。
感動しました。
霊障祓い、予言、霊的病気治しが、
その人の、魂の修業の邪魔立て?
このことを、生業にしている人、沢山います。
他人の魂の修業の邪魔立て、しているとは
思っていないハズ。
魂の成長の邪魔して、お金、取って、、、!?
スピリチュアル流行りです。見えない世界や、
不思議なこと大好物です。
この方のメッセージが、
カウンターパンチのように効いています。
魂のことについて、
もう一回、
基本に立ち返ってみたくなりました。
私はクリスチャンですが、
教会にも通っていませんし、輪廻
転生を信じている、
ファッションクリスチャンです。
クリスチャンであることで、
今まで、色々と勧誘された宗教から、
身を守ってきました。
聖書だけは大好きです。
私たちの魂は、光源から生まれ出て、光源に、
死にかえる。と、理解しています。
神様の存在も信じています。
神様、イコール、「宇宙創造神」という解釈の仕方です。
光源というのが、天国と呼ばれたり、
黄泉の国と呼ばれている。と理解しています。
絶対的な、ゼロの世界。光の世界です。
私たちの魂は、それぞれに、
どうも光り方、輝き方に差があるようで、
地球に肉体を伴って、生命を全うする間だけ、
魂を磨いて、輝かせることが、
どうやらできるらしい。。。
「神」の先に「愛」があり、
「愛」の先に「光」があります。
「光」に向かって、
「光」そのものとして存在できるように、魂を磨き上げる。
魂を磨くといっても、エネルギー体ですから、
スプーンやグラスを磨くような、
クレンザーがあるわけではなく、
クレンザーの役目が修行と呼ばれるような、出来事。
憑きもの、然り、
事件、事故、嫌なこと然り、
病気、然りです。
地球に生まれてくる前に、
「この人生にしよー!」っと人生を選んでくる、
と聞きます。
両親をはじめ、家庭、友人、夫、子供…も、です。
となると、人生、辛いことが多いと感じる私の場合、
かなり張り切って、
魂を磨くぞーと生まれてきたのでしょうか。
そうとも考えられますが、
人生の困り事の折り折りに、
霊能者や易者さんのような方が、登場しやすい人生でした。
その方の予言が、ズバリッと当たり、
その方のアドバイスに従うのですが、
その後、これでもかっ!と、
シッペ返しを受け続けてきます。
1つ終るとすぐ次がくるような展開です。
人生初の易者さんデビューが、
叔母に連れられていった高校生の時。
埼玉県まで、行きました。
20才では、有名な飯尾の易者さんとご縁が。
そのあと、ある縁談を止めた方がいいと
福島まで、連れて行かれたり。
今思えば、この縁談が成立していたら、
幸せな家庭が作れていた気がします。
下田の占星術の先生と親しくなり、
2度目の離婚の時、お世話になりました。
その後、仕事で知り合った方のご紹介で芸能人、
有名人御用達の占い師さんとか。
ガン闘病の時は、密教の修験者に、
救って頂いています。
京都に引っ越してからの難続きは、
宮古島の神女さまが、神さま繋ぎをして下さり、
助けて頂きました。
最近も、日本で3本の指に入る
陰陽師の方と知り合え、
貴重なアドバイスを頂けました。
先ほどの、シッペ返しという表現は、
これら、歴々の方と、御縁を受けて、
目の前の問題が解決できるのですが、
その解決の道が、
自分の魂レベルを超えたアドバイスなので、
自分の学びがついて行かない為に、
その分の学ぶべきレッスンが、
後から必ずついてくるのです。
解決するまで、時短していますから、
次のレッスンに移ってる。
という見方も出来ます。
病気を治す時の、病院や医師を選ぶのと一緒で、
人生の痛みを何とか、人様のお力を借りて、
難を小さく、少しでも早く、乗り越えたい。
と思う、その心が間違っていました。
手術を受け、その病の部位は、
切除できても、病気を作った
根本原因が正されていないと、また、再発します。
人生の病みも一緒で、根本を正さないと。
優秀な霊能者が、
憑きものなり、難なりを
祓ってくれたとしても、
憑いた根本原因をつき止めて、
正さない限り、次々と憑きます。
私は、10年以上、
堪忍袋に飼っていた「怒り」がありました。
今週、ひょんなことから、
この「怒り」が、堪忍袋から、
いなくなったのです。
存在は常々確かめていました。
ある還元ワークを受けたことがきっかけです。
今までは、「ラッキー」で終わっていましたが、
きっかけを下さった方に
深い感謝の念と共に次に何が?
という覚悟もあります。
京都に来る前は、特別な力を持った方に
特別なことをして頂いても、
それなりのお礼を、お金として、
お払いすることで、チャンチャン!だと、
思い込んでいました。
人生、少しでも、
得をすることばかり考えていたので、
メジャーメントが、「お金」だったからです。
京都での難続きが、どうにもならないことを、
神様とコンタクトを取って頂いて、
神様のご機嫌を取りなして頂く、体験をしました。
会社も、自宅も、空気感が激変し、
「神業」という言葉の真のパワーを
体験することが出来ました。
圧倒的な神様の力を、実感できたことで、
見えない世界への畏怖が生まれました。
神様の世界を、なめてはいけない。
不思議ですが、畏怖の念が生まれると、
神様がグッと身近に感じるようにもなりました。
当り前ですが、霊能力者とか超能力者に、
レベルがあることも、気づけました。
見えないもの、聞こえないことが、
見えたり、聞こえたりすることは、
ちっともスゴくない。
その人のレベルが、どこと繋がっているか、
ちゃんと、調べてないと。
私たちが出会えるヒーラーさんなんて、
そこそこのレベルの人たちです。
その辺のヒーラーさんに、
自分のエネルギーを吸わせたり、
イジらせたりさせては、いけない。
肉体に侵入させる
レイプさせることからは守っても、
大切なエネルギー領域に、
侵入させてしまっては、スピリチュアル・レイプです。
自己防衛しないと。
私自身への戒めを含め、
スピリチュアル好きは時に、気をつけないと。
肉体の病気治しと一緒で、
「人は、あなたの病気を治しません」
あなたの自己治癒力でしか、
病気は根本治癒しないのです。
見えない領域も一緒です。
アドバイスや、メンテナンスを受けることは出来ても、
魂をヒーリングしてもらおうと思っても、叶いません。
癒されることはない。
人から「癒されてたまるかー!」
ぐらいの気合いを持たないと。
「魂を癒してあげます」なんて、嘘っぱちです。
あなたの魂は、あなたにしか癒せません。
ある本に、
「ヒーラーなんて、クソくらえ」と書いてあり、
本当にその通りだと思いました。
魂を癒すことは、難しくはありません。
自分自身を自分の魂と、同調させることです。
協和、協調、共有、そして、
あらゆる生命に対する寄付の念を創造すること。
自分自身と、自分の魂を同調させる方法は、
直感に従うこと。
調和、協調、共有を、生き方の指針とする方法は、
「自分が」の「が」を取ること。
鏡「かがみ」に写る自分の姿から、
「が」を取ると「かみ」になる!
「が」「我」が、全てのクセものです。
占い、や易に行ったのも、自分「が」、少しでも
楽して得をして、いい目に遭いたかったからです。
「が」の骨頂でした。「が」を張った生き方を、
改めるのは、「かみ」になりたくて、「が」を取るのではなくて、
「神」は、「愛」
「愛」は「光」だからです。
自分にとって、得か損か?損か得か?
ばかり考えて生きていた時より、ずっと
行き易いです。得か損かを、考えなくなったら、
損しなくなりました。
すごい得もないけれど。
せっかく、ココまで、気づけたので、なるべく
「が」を張らないように、気をつけたいです。
そうはいっても、肉体のあるうちは
毎日がレッスン、修行です。
自分を優先しない、生き方をしようと思うと、
何を優先させればいい?
私は神さま=「宇宙創造神」を
優先に生きるのが、安全だと感じています。
「神の御心のままに。」
「宇宙の御心のままに。」
が、地になれたらなぁ~と、
思う、この頃です。
  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる