メールマガジン

ホーム > メールマガジン > テルマガ 第260号 2018/7/7

テルマガ 第260号 2018/7/7

/
先週末、鴨川デルタを、裸足で歩いて、
足ツボの衝撃的な痛みに、感激、2日間で2時間くらい、
川底を歩いていました。
腎臓のツボ、肝臓のツボ、膵臓のツボ、目、耳、、、
は、小石や砂利が当たるだけでも頭の天辺まで、
突き刺さるような、痛さです。
足裏経絡ツボ~すごい。
熱海で、「若石健康法」という、足ツボ健康法の
指導員コースを受けていました。
途中、父が他界し、先生が出家し、と、
お金を取らずに施術するのは、OK!な、
中級レべルで、止まっています。
ツボ押し器を使って、人の手ではとても及ばない力が
自分の体重!
それと、川の水~川原の川砂の上を歩くと、
針山を歩くような痛さですが、
水中だと、痛さが和らぎます。
痛みの信号って、電気ですから、川の水
にリリースするようです。
鴨川を、「イタイ、イタイ、イタイ、、、」
と言って、歩いている人は、見かけません。
週末ですから、家族づれが大勢、川遊びを
していますが、大人も子供も、ビーチサンダルか、
クロックスを、はいています。
裸足は、危ないから。
サビた釘が刺さったら、破傷風になるし、
ガラスを踏みでもしたら、一大事。
あまりにも痛くて、ガラスや釘を、
踏みまくったに違いない、、、と、足裏を見るも、
切り傷1つなく、ツルツルしています。
川から上がって、足首から先が、ポッカポカです。
ピンク色~!
このポッカポカが、翌日まで続くのです。
しかも、トイレの回数が、すごい、
半日で10回近く。
コレッて、私だけ?と、疑問が浮かび、
日曜日には、林君を誘いました。
強烈に痛がってるし、川から上がって、
足がポカポカ熱い、と、言いますし、
トイレの回数も量もすごく多かったと、
レポートしてくれました。
この夏、ぜひ、裸足で、川遊びをしてみて下さい。
なるべく、川砂、小石、大きい石、と、
色んなサイズの凸凹のある川で。
その時に、インターネットで、足裏のツボ表を
プリントアウトして、お持ちになると、ご自分の
弱っている所が、よく判ります。
痛むところが、ウィークポイントです。
痛い所、、、例えば、土踏まずだったら、
腎臓です。
体重をかけると、鈍痛が走ります。
丸みのある石を使って、土踏まずを体重をかけて
指先に向けて押して、痛みが流れるまで、続けます。
腎臓を直接、マッサージすることは、
出来ないけれど、土踏まずに、体重をかけてならば、
グイグイ出来ます。
腎臓って、鬱血しています。
私だけじゃないと、思う。
左足の、湧泉、外寄りの肝臓のツボ。
ここに、体重乗せて、押して、痛くない人は、
いないと思います。
土踏まず、内側にも、ちょっと押されて
痛いポイントがあります。膵臓です。
消化系のツボは痛い。
だって、私たち、食べすぎてますから。
裸足で川遊びのおすすめです。
ただ、やり過ぎると、好転反応なのか、
川の水で冷えるのか、体がダルくなるので、
お気をつけて下さい。
——■念願叶って、「ダンシングソマチッド~」の、—————–
使用方法の動画が出来ました!
ご質問の多い、「ダンシングソマチッド~」の
ご使用方法を、動画で見て頂けたらな~と、
常々、思っていました。
タオパッチで、来日中のイタリア美人・
アリアンナさんにモデルをお願いし、
高嶋綾也さんの、プロデュースと、撮影で、
美しい動画が仕上がってきました。
京都スタジオでの、初作品でもあります。
アリアンナさんの輝く笑顔!
イタリア語の美しいこと。
来週、ユーチューブに、アップロードします。
ぜひ。ご覧下さいませ。
MR.タオパッチこと、トーマスさんも、
ご共演頂きました。
「ダンシングソマチッド~」を、お水で割ると、
酸っぱくなったり、金属臭や味がする時が
あります。
これは、割ったお水に含まれる、何かを、
ソマチッド~が、酸化還元してしまっています。
1時間ほど、放置して頂きますと、
美味しくなります。
が、私は待ちきれないので、原液をキャップで、
飲んでいます。
甘くて美味しいです。
一時、「うまい棒、タコ焼き味」に、ハマり、
食べていたら、「ダンシングソマチッド~」
を飲むと、口の中が金属の味がしだして、
「うまい棒」熱は、ピタリと、止まりました。
「ダンシングソマチッド~」は、本来、
甘いミネラル水です。
甘く感じない時は、ソマチッド~が口の中、
体の中を、酸化還元中です。
——■出来るなら、食事でコントロールしたい、、、—————–
叔母は京都の介護施設に移って、
2ヶ月が経ちました。
順調な回復の兆しに、大喜びしていたのが、
この2週間、ズタズタです。
血圧が低かったり、発熱したり、しています。
どちらも投薬処方されていますが、
叔母の身を、預けてしまっているので、
何とも出来ません。
高血圧外来に連れ出そうとしていたら、
発熱してしまうし。
高血圧の降下剤、「一生のおつき合い」と
医師から言われる、日本人1000万人以上が、
愛飲している、大人気のお薬です。
私の父も生前、ザラーッと、食後にお薬を
並べて、飲んでいました。
降圧剤だけでなく、痛くなってから飲めばいいのに、
ヒザ痛のお薬。
悪くなってから飲めばいいのに、胃腸薬。
なってから、飲めばいいのに、
心筋梗塞・脳梗塞予防の血液をサラサラにするお薬。
毎食後に、17錠もです。
どうかしてる。
母も負けじと、毎食後に、5~6錠。
このお薬漬けの暮らしが、4年間でお薬ゼロの
生活になり、熱海市から、夫婦で、何かのお祝いか、
賞状を戴いています。
どうやって?
朝は、人参とリンゴジュース。
お昼は、今までの半人前。フルーツとお野菜中心。
お3時は好きなおやつを食べて、夕食を早めの時間、
に、たっぷりと。
食べたいものを、好きなだけ。
父は、毎晩、お酒も楽しんでいました。
この食生活に、お昼には、グレープフルーツか、
キウイか、おミカン類を、必ず食べる。
タマネギドレッシングで、サラダを食べる。
夕飯には、納豆を必ず食べる。を続けました。
降圧剤や血圧サラサラ薬の、注意書きに、
・グレープフルーツ
・タマネギ
・納豆
を、食べないように!と、書かれています。
なぜか?
血圧を下げる働きと、血液をサラサラにする働きが
あるからです。
「ならば、お薬を飲むより、グレープフルーツと、
タマネギと、納豆を毎食、食べた方が、良くない?」
「いや、食べるな、と書かれているから」
この単純なバカみたいな、会話を、1年ほど
続けたと思います。
主治医の後押しもあり、お薬は飲みながら、
グレープフルーツとタマネギと納豆を食べて、
徐々に、薬が減る。。。、それなら、
良かろう~、ということになりました。
それから、3年間。
必要なものは、体が欲するので、2人共、
グレープフルーツを美味しい!と、お昼に半個ずつ。
自家製タマネギドレッシングは、500mlが、
あっと言う間になくなります。
レシピは簡単です。
————————————————–
タマネギ2コを、薄くスライスをして、
お醤油、オリーブオイル 100㏄ずつを加え、
ハチミツと、生姜の絞り汁は、お好み量を。
これを1晩、ガラスの容器に入れて、寝かします。
————————————————–
納豆も毎晩。
有精卵を加えて、お醤油と、青のりとで。
この食生活を続けることで、父も母も、お薬から
開放されたのです。
母なんて、橋本氏病の、お薬が!です。
食事を正すと、一生ものの病気からも解放されます。
私もこの3日間、冴えなくて、グズグズでした。
今日、タマネギ6コとニンニク1玉に、
お水を加えるだけのスープを作って、飲んだら、
汗がパ―ッと出て、正気になれた気がします。
血液が流れてる感、あります。
タマネギは浄血作用が、
ニンニクには邪気祓いと、滋養強壮効果
タマネギには、「気」を開く、働きもあります。
食事って、本来、人を良くするコト。
「食」って字は、そういう意味の構成です。
食べすぎたり、加工品だったり、
もちろん野菜やお米、の育ち方。
お肉の正体など、言い出したらキリがないことばかりです。
言っても、キリがないし、私たちの手に負えない
レベルに達しています。
来年には、
遺伝子組み換えされた野菜や果物の種苗が、ドーーーッと
アメリカから、なだれ込んできます。
今年、テラスの紫陽花の花のサイズが、
パンジーサイズで、驚きました。
1つ1つの花のサイズが小さいのや、
花数が少ないのやら。
翌年も、紫陽花の苗を買うように、
遺伝子が組み換えられています。
こんなところにまで、、、。
たぶん、人類史上だけでなく、地球での
生命誕生史上で、遺伝子を操作しているのは、
「お初」のことなのでは?
このフィールドは、神様に
お任せしていた方が、いいように思いますが、
いかがなもんでしょう。
私たち消費者には、強みがあります。
「買うか? 買わないか?」は、私たち次第です。
安全な食品、食材を、選ぶ!ことが、
私たちに出来ます。残念ながら、
安全な食品と食材は、お値段が高めです。
ならば、食事のボリュームを絞るか、
回数を減らしてみては、いかがでしょう?
育ち盛りのお子様のある家庭は、ムリとしても、
私は1日1食生活10年ですが、
なぜか、太り始めました。
まだ、多いらしい、、、私たちの体って
そうとう燃費がいいのだと思います。
横道にそれましたが、当面、叔母の
お見舞いはグレープフルーツと、タマネギスープと
お納豆にします。
食べることが、単なる楽しみではなく、癒しを
起こすもの!という原点に還れるような
「スピリチュアル・クッキング」のレシピ開発と、
動画制作を、始めよう!と、
今日、決めました。3日間のウツウツがパッと消えました。
この3日間のグタグタは、このひらめきの為!
ぐらい、今、ハッピーです。
スタジオも、出来ています。
プロデューサーには、高嶋綾也さんを
迎えられています。ものすごい環境です。
マクロビオティック生活17年目を経て、
肝臓癌を発症し、がっかりしていましたが、
私はマクロビオティック食を食べすぎていて、
体が、ドン冷えでした。
体温34.1℃でしたから、、、
この10年を経て、1日1食スタイルを
貫いてみて、少し自信を、取り戻しました。
新たに「スピリチュアル・クッキング」の
世界を、創って行こうと思います。
これでやっと、日米のマクロビオティック師範資格や、
漢方、薬膳マイスターで学んだことが、活かせそうです。
というよりも、学び続けて、参ります。
7月中に、
「ボケ防止、イスラエルスープ」
「ガン生還者の70%が食べている玄米」
「腸内フローラを養う!日本人には、お味噌汁」
「食べる抗ガン剤~海苔の佃煮」
を、リリース予定です。
お料理って、薬事法の治外法権なんですね。
ステキッ!!
がぜん、やる気、出ます~。
  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる