メールマガジン

ホーム > メールマガジン > テルマガ 第245号 2018/2/16

テルマガ 第245号 2018/2/16

/
——■お金が降って来る人、いつも足りない人—————————–
今日の私は、お目出度い気分です。
1年2ヶ月がかりで、熱海の不動産売却決済日でした。
この間、まぁ~色々様々ありました。
はじめは、東京の不動産会社が、
「そのプライスで売れたら、嬉しい~!」という
ハッピープライス査定~で、販売スタート。
内見者は、あるのに、決まらない、、、。
半年目にして、原因が判明。
宮古島の神女様が、結界を張って下さった、
ままになっていたこと。と、
富士山を熱海の神様に、京都に引っ越しをする
ご挨拶が、出来ていませんでした。
昨年夏までに、中国人に売れる予定が、
私が、物件案内と説明をせず、不動産会社に任せて
しまったことが原因で流れてしまい
この頃から、不穏な動きが始まりました。
夏までに売却し終えるように、神女様から、
釘を差されていたのに、、、。
共有スペースや、建物の一部設備の使用について
近隣の不動産所有者との間で、トラブルが起こりました。
何が起こっているかも判らず、
弁護士に相談に行ったりしつつも、
売却する姿勢を貫いて、いました。
ところが秋頃から、嫌がらせをされ始めたのです。
設備一部賃借部分の賃借料滞納者と言われたり、
不動産会社が内見希望のお客様案内中に、
私たちの不動産のデメリットを吹聴されたり、
邪魔をされたり、、、隣人にです。
何が気に入らないのかも、判らず、困り果てていた所に、
救世主が現れました。
40代の好青年で、ご自身がアパート経営はじめ、
不動産のお仕事をされている方です。
「お困りのご様子ですから、お手伝いします」と。
彼も、私たちの不動産に、海外のお客様を買い手として
ご紹介する前提で、熱海まで内見に来て下さったのが、
きっかけです。
これが、10月でしたでしょうか?
まず、嫌がらせの内容の確認作業。
私たちの不動産のリサーチ、そして契約書の内容を確認。
さらに、不動産価値が上がるようにと、
販売資料の作成のし直し。
素晴らしい資料がファイリングされて仕上がってきて、
驚きました。
その上に、販売扱い不動産会社の拡大。
コンタクトを取るべき不動産大手会社のリストを
作成して下さったのです。と同時に、
嫌がらせに対しての対処というか対策も。
弁護士も不動産トラブルに強い事務所に変えて、
相談に行き、アドバイスに従って
司法書士事務所で、取る必要のある策を取りました。
この頃になって、近隣不動産所有者が、
野望を持っていることが、判明しました。
他人の不動産を、さも自分が売却を任されて
いるかのように振る舞っていたのです。
勝手に安価で、、、。
この時、すでに、近隣の不動産は、オーナーが変わっており、
事態はますますこじれました。
この、こじれ、よじれも、彼は1つ1つ、
新旧近隣オーナーについても、会社、事業内容を、コツコツ調べて、
事の次第を掴む作業をして下さいました。
私たちの方の内見希望者も、3件あり、
この方たちの事情と、購入後の利用目的もリサーチし、
ご希望が叶うかどうかも検討しました。
近隣とのトラブルが、裁判となった場合の
最悪のシナリオも、予測の1つとして立て、
私がどうするのが良いか、賢明であるかを、
時間とお金がかかる予測をシミュレーションして下さったのです。
裁判となった場合、メリットは何もなく、
例え、裁判に勝ったとしても、リスクばかり、、、
その間、売却出来ないので、不動産の維持費用、裁判費用、
そして勝ったとして、再び
売却に際してのお客様へのアプローチをするには?など、
どんなにひどいことをされても、
「頭に来たー!訴えてやるー!!」が、
どんなにリスクがあるかと、説得して下さいました。
頭に上った血が下がり、
住んでいない、使っていない、不動産がどれだけ、
金喰い虫であるか?にも、目が覚め、
怒っている場合じゃない、、、
「早く、手放さないと」という気持ちになれました。
この頃には、誰が、策略家であったかも判明し、
彼は、裁判で訴えたい相手である
隣接不動産オーナーに購入してもらうのが、一番いい!と、
提案してきたのです。正直、
「えーっ!?」という気持ちになりました。
事由の説明を聞くと、至極納得でき、
私が納得すると、すぐに、今度は、
相手の事情もリサーチしに出掛けて行く!という、
人との間に、壁を全く持たないタイプの方なのです。
確か、、、高校から、大学をアメリカで学び、
仕事もアメリカで、金融と旅行会社でされて、
数年前に帰国されています。
アメリカン・スタイルの仕事の勧め方なのでしょうか?
以前に、離婚の時、、、アメリカで仕事をしている
日本人女性の弁護士さんに、仕事をお願いしたことがありますが、
彼女は、リサーチ力が、すごくて、
相手側(元・夫側)の事情はリサーチ、、、しますが、
相手側にとってのメリットは、全く考えることはなく、
彼女は、ひたすら目的に突き進んでいくタイプでした。
案件が離婚ですから、違って当たり前ですが、
彼の仕事には、人への優しさがあります。
今回の、
相手側との面談後に、
「ある意味で、彼らも被害者なんです」と
言われた時には、更に驚きました。
こまめに双方と連絡を取りつつ、
売買契約の運びとなりました。
ここからの仕事の進め方も、スゴかったのです。
売買金額の交渉と決定の運びも、見事でした。
買い手側から
当初、提案されていた金額よりも、
1,5倍強の金額を決めて下さいました。
先方には納得して頂ける資料も作成して
提出しましたので、もめることなく。
そのあとは、実際に契約成立までに
必要な資料と段取りの指示も、パーフェクト。
ある政府金融機関の担当者が、
誉めるような、念の入れ様です。
司法書士との面談も設定して下さいました。
事前に、必要書類の確認とチェックをこの日に済ませました。
双方の銀行間とのやり取りも
ぬかりなく手配して下さいました。
また当日、私が、京都の銀行支店から
送金すればよいようにも、計らい下さいました。
買い主は横浜。売り主は京都。
物件は熱海。銀行は横浜、熱海、沼津。
司法書士は東京。だったので
横浜→熱海→沼津→東京と、
移動しながら、その日に決済を完了させるのは、
リスクが高すぎたからです。
そのために、イレギュラーなフォーメーションを
提案下さって、必要な委任状を作成し、
司法書士、銀行間で、承認を得て下さったのです。
ですので、私は今日、午前中、ある銀行の
応接間に座っているだけでした!
この5カ月間、ラインのやり取りは数千件。
ライントークはほぼ毎日。
作成した委任状は何枚になったか、、、。
無事に売買決済が完了し、
「今回のお礼をお支払いしたい」と、
申し出ても、
「いえ、ボランティアですので、結構です。
私も、いい勉強になりました!
ありがとうございます」と、明るく仰います。
「それに、驚いたのですが
買い主側の不動産会社の社長から、
今回のことで、御礼をしたい、と申し出があって、
商品券を頂いて、受け取っていますので、
テルミさんが、損をした分の足しにして下さい」
ですって!
有り得ないです。
不動産取り引きの場で、ですよ。
相手側の不動産会社から、
謝礼を受けた話しなんて聞いたことないです。
今回、関係者は、みんな彼に感謝しています。
買い手、売り手、不動産会社、銀行、司法書士、、、。
相手方の不動産会社だけでなく
買い手さんも感謝しています。
私だって、御礼したい!
要らないって言われたって、します!
せずには、いられません。
こんな気持ちになったなんて、初めて、です。
お金って、後から!
自分の為にしたことに対して、振り出される
エネルギーだと、実体験しました。
彼は、何件ものアパート経営もされています。
週末毎に、順繰りに、アパートの掃除に
行かれています。
ブルックスか、ラルフローレンのスーツ姿で。
ご家族も一緒で、グッチやエルメスを着て、
アパート大家さんとしてお掃除に!
お部屋が空くと、一家総出で大掃除です。
お家中でお掃除セミナーにも行かれてました。
「サッシのレールに砂ゴミが溜まっていたんですよ~。
キレイになって、気持ちヨカった~」とか
得意満面の笑顔で言われて、面喰ったことがあります。
わが家のサッシのレール、砂ゴミだらけです、、、
豊かさの神様は、キレイ好きです。
清潔・整理整頓・身だしなみ~、
掃除力を磨くって、大事だと
改めて、思います。
人を思いやる気持ちって、素晴らしい。
相手の気持ちを思んばかる気持ち、を持ちながら、
ビジネスはビジネスとして進めて行く。
この5ヶ月間に、私が、「えーっ!そんな~」
と、悲鳴を上げても、
「よくよく計算してみたんですが、、、」と、
きちんと見える形で、なぜ
ご自分が、この選択を勧めるのかを
説明して下さいました。
仕事は感情を、はさまないけれど、
愛情を持って、交渉には望む。
とても勉強になりました。
今回、こんなにややこしく、
こじれた元凶とも言える人物がいます。
元・隣人です。
取らぬタヌキの皮算用とはいえ、
数千万円の凹みを、損害賠償請求しよう、かとも
正直、思いました。
ただ、日本の法律では、お金のない人からは、
お金が取れない仕組みになっていますから、
費用と時間とストレスを抱えて、
自分の気晴らしをしたって、ムダです。
きっと、神様が、なんとかなさる、、、と、
諦めていましたら、この人物は、
妻とまだ小さい子供がいるのに、
住むところに、コト欠く暮らしと聞き、
やっぱりなぁ~と、思いました。
お金がなくても、派手な生活が止められず、
いつもゴルフ焼けしていて、大風呂敷を広げっぱなしで、
ズルいことばかりしてる。
入るお金より、出ていくお金の方が忙しい。
私だって、毎年、駐車場代が倍、倍と請求されたり、
エレベーター使用料なんて3倍以上に、
ふっかけられました。
「一緒に工事を」と、誘われて、
防水工事、耐震工事も、工事費用の倍も、
水増しされたりしています。
ズルいことをしないと、生きていけないだなんて、
こんな、みじめなことない。
熱海では、何人か、ズルい人に囲まれました~。
ズルい目に遭って、堂々と、バカ正直に、生きていきたい!!と、
心底、思えた、事の顛末です。
このズル賢い人が、隣人だった、、、という所に、
少し、引っかかります。
私も、ズルいから?
そのことに、気づかせるために、人生に登場したとか?
考えれば考えるほど、この人物との共通点探しは、
暗くなるので、考えるのは、止めにして、
見事な、愛あふれる仕事を見せて下さった
彼とのご縁に感謝すべき出来事であったと、
考えることにしました。
感謝は、穢れをも、浄化します。
——■ソマチッド~勉強会、開催します。———————
来たる3月10日(土)13:00~より
京都、下鴨三井別邸、2F大広間に於いて、
「ソマチッド~勉強会」を、開催します。
ゲストは、ソマチッド~研究家の
波多野 昇先生。
ゲストスピーカーは、
「ソマチッドの衝撃」著者の
上部 一馬先生 です。
当日、ご参加者ご自身の血液を、
画像で見て頂けます。
今回のご参加者のご希望には、
いくつかのお願いがございます。
1、エル・シャン主催のこの会に
モニターとしての、ご参加を希望致します。
2、本名での、アンケート調査へのご協力を頂ける方
アンケート内容開示には匿名を守ります。
3、匿名、もしくは仮名での、
血液画像を、公に開示することに、ご協力を頂ける方。
4、セミナー当日、
エル・シャンのオリジナル商品の摂取に、ご協力を頂ける方。
5、セミナー当日、
血液画像などで起こることへの守秘義務に、
ご協力を頂ける方。
を、募集、致します。
参加費は無料です。
ご参加ご希望者は、
info@el-sham.com まで、お知らせ下さいませ。
先着順での、30名様のご参加となります。
なぜ、こんなにお約束を頂かないといけないのか。
と申しますと、
今の日本では経済流通上、医薬品特化ですが、
病気や不調が治ってしまっては、いけない
構造になっています。
ずーっと、生かさず殺さず、
薬を飲み続けてもらわないと、医療メジャーは
潤い続けることが出来ません。
「ダンシングソマチッド~」は、来月で
発売から、丸1年を迎えます。
濃縮還元されたフルボ酸と違い
速効性はありませんが、
フルボ酸抽出前のフムスエキスの状態で
お届けしています。
フルボ酸は、単体として自然界に存在しません。
科学的処理をしないと。
私たちのフムスエキスは、古代堆積層の土を、
2週間天日に干して、酸化した土を完熟させて、
天然水で、水出しコーヒーのようにドリップして
お届けしています。本物のミネラル水です。
天然である為、速効性には欠けますが
半年、1年と、飲んで下さいました方の中から。
・アトピーが、◯ったり、
・認知症が、◯ったり、
・パニック症が、◯ったり、
・緑内障が、◯ったり、
・リウマチが、◯ったり、
・癌が、退◯したり、
・精神が、◯定したり、
し始めて、おります。
これは、病気が治ってはいけない日本の社会で、
由々しき問題です。
幸い、私、ムラキが、
先日、漢方薬膳インストラクターの資格を
取得していますので、公の場で病名を出すことが、
可能になっています。
ご参加者、皆様にご迷惑をおかけすることはございません。
「ダンシングソマチッド~」は、
ミネラル水=鉱物水=漢方水 ですので。
ただ慎重を期して、会の開催に
臨みたいと、思います。
予想では、漢方水の摂取前と摂取後には
何かが起こるのでは、ないかと、思われます。
何も起こらないかもしれませんが。
今、野菜や植物で、積極的に実験中です。
大根、人参は、ひと晩で、葉の芽を出し
カリフラワー、ブロッコリーは、花火のようにのびのびし、
白菜は、切り口が、天使の羽根のようです。
枯れた花も再生します。
これと同じことが、私たちの体内でも
起こっています。
当日を迎えるのが、待ち遠しいです。
この会開催のキッカケを、
インスタグラム上で、マリコさまと、yuyさまから頂きました。
この場を借りまして御礼を申し上げます。
ありがとうございます。
  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる