メールマガジン

ホーム > メールマガジン > テルマガ 第232号 2017/10/20

テルマガ 第232号 2017/10/20

/

今週の大安日に、()エル・シャン創立

10周年祝賀会を開催致しました。

お祝い事って、いいですね~。

朝のうち、京都は雨の足元悪い中、全国からお出掛け下さいました。

皆様に、心より、御礼を申し上げます。

ありがとうございます。

 

10年、、、10年かぁ~、10年ってひと区切りですね。

早いようで、長かった~。

祝賀会も当初は、2030人の方と、

ランチをご一緒して、茶話会のようなスタイルを

予定しておりました。今までのワークショップの

ご参加人数に照らしまして、、、

 

それが、

2倍、3倍、4倍と、ご出席のお返事を頂きまして、

致し方なく、

会場を変更したり、プログラムを

組み替えたり、させて頂きました。

 

冨田しょうさんの「喜びのアルケミー」のワークショップでは、

はじめの予定通り。奥様のサラ夫人が、

ワークショップ中に、クリスタルボウル演奏を、して下さいました。

心の錬金術、お楽しみ頂けましたでしょうか?

先月、京都で一番のインド料理店

「ムガール」の30周年記念パーティーに

出演されていた、「クリスタルナーダ」に

音楽プログラムをお願い致しました。

インド古典音楽のお琴、サントゥールと、

シンセサイザーによるアンビエント(空間・環境)ミュージックの

ユニットです。先月、はじめて聴いてから、

ずっと、音の波調が体に残って、すごく

心地のいい体験しています。

電子音のアンビエントミュージックが、大好きなのかな?と

思っていました。映画「未知との遭遇」のスタートラッシュ音に震え、

ブライアンイーノのコンサートに、ロンドンまで行ったことがあるので、

ユニットのジミーさんと圭吾さんに

伺うと、周波数でした。

 

きた!きた!!きた!!波動~大好物です。

 

心地良さの正体は『「528」ヘルツ』

傷んだ細胞を、修復させる波動でした。

「クリスタルナーダ」のお2人の音楽は、

『「528」ヘルツ』の音階にチューニングして、

いたのです。

だからか~。「クリスタルナーダ」のCD

買って帰っているのですが、この音楽以外、

聴きたくないのです。

アレッと思い、色々と好きな音楽を流してみました、、、

東儀秀樹さんも、エンヤも、ユーミンも、

スーザン・ボイルも、スラヴァも、ブライアン・イーノも、

クラシック音楽も、聴いていて落ちつきません。

聴きたくないのです。

 

『「528」ヘルツ』、すごいな~!!

音の波動で、傷んだ細胞を修復させてしまうなんて。

これがまた、面白くて、この波動と外れている人は、

この音楽が落ち着きません。

好きではないと思います。というか不快。

 

今回は初の試みで、祝賀会にふさわしく、日本の神事の言霊、

祝詞をアンビエントな曲に、乗せて下さいました。

祝詞を歌って下さいましたのは、圭吾さんのフィアンセ。

指の先がビリビリする透明な声の

持ち主でらっしゃる。

エンディングは、インド最高のマントラを乗せた作品でした。

「ボ~ン・ボ~ン・ボン○○○ナントカソワカ」が、頭から

放れません。

ずっと、聴いていたい。

 

私、

瞑想歴だけは長いのですが、、、なんと30年、、、

お恥ずかしながら、ちゃんと集中出来たことがない。

無の境地になれたこともありません。

瞑想時間イコール、集中して物を考える時間でした。

それが、「クリスタルナーダ」の音楽を聴いていると

思考が、音楽に乗っ取られてしまいます。

瞑想状態になれます。

犬たちも気持ち良さそうに熟睡してくれます。

子守り歌とは、程遠い、アップテンポなダンスミュージック

もあるのですが、今も、2匹共、

高いびきで、ガーガー眠っています。爆睡です、、、

こんな2匹の寝方は、はじめてです。

クラマなんて寝返り打って、ベッドから落ちてます。

 

『「528」ヘルツ』の対極に、440ヘルツ音階があり、

デビルトーンとも呼ばれ、なんと、なんと、

国際基準の周波数は、440ヘルツです。

このヘルツ数に私たちはコントロールされている!

お話しも伺いました。

 

440ヘルツとは?

人々を興奮させ、ヒステリーを起こさせる音階。

一般的にテレビや一般音楽、駅の発車音・サイレンなどに

多用されています。

自殺者の多い駅の発車アナウンス音を調査すると

440ヘルツ+平均律という音階で作られていました。

他にも、スマートフォンの呼び出し音、

アラーム音、地震警報も440ヘルツです。

朝、ケータイのアラームを鳴らすの止めます!

JALANAの機内アナウンス音も440ヘルツです。

空中でも気をつけなくちゃ。

 

母と叔母が、1日中テレビの前から動かなくなり、

目の精気も失った無気力になってしまい、

理由も、440ヘルツ周波数が原因と判りました。

今、熱海で2人暮らしの生活から

可哀想ですが、テレビも取り上げています。

 

新幹線や飛行機の中で、

赤ちゃんが、泣いているのも、440ヘルツが

不快だからだそうです。

 

腰を抜かしそうになったのは、

今、この440ヘルツが、標準!周波数と定められています。

1925年から、アメリカ政府によって、、、

目的は、極一部の支配層が世界制覇したいから。

という陰謀説もまことしやかに聞こえてきます。

標準!周波数、、、

標準って、誰が、どこで決めるのでしょう?

癌の標準!治療も、どうかと思います。

癌標準!治療って、オッパイや子宮、腸、肺、肝臓などなど、

体を切り取って、お金まで取って、

髪や爪が落ちるほどの猛毒をジャブジャブ打って、

これまた、お金取って、、、

男子がオッパイが大きくなったり

女子がヒゲが生える薬を生涯飲ませて、、、

ヤクザより、タチ悪い!

ヤクザだって、年間36万人は殺しやしません。

あっ、話しがそれました。周波数の

話しに戻します。

 

『「528」ヘルツ』とは、、、「ソルフェジオ周波数」

という概念が絡んできます。

大雑把ですが、

「周波数による、心と体の修復や向上」

「音による治癒、あるいはヒーリング」

この先には、「スピリチュアルな意識の覚醒」

といった魅力的な、研究がなされています。

 

396ヘルツ→罪の意識、トラウマ、恐怖からの解放。

 

417ヘルツ→変化変容の促進、変化に対する恐怖を取り除く。

 

432ヘルツ→宇宙の周波数。

 

528ヘルツ→DNAの修復、

 魂までも修復する→奇跡の周波数

          変容かつ無限の可能性。

 

639ヘルツ→あらゆるものとの、つながり

 

741ヘルツ→表現力の向上、問題を解決する力。

 

852ヘルツ→直感力の覚醒、自己の魂を知る。

 

963ヘルツ→高次元、宇宙意識とつながる!

 

963ヘルツ~とっても興味がありますが、

私たちの耳には、高周波数すぎて、キャッチできず、

聴こえないそうです。浴びることは

出来るのかしら。

 

宇宙の周波数と呼ばれる

432ヘルツ』は、ルドルフ シュタイナーが

「人々を霊的自由へと解放する支援となる」と、

説いています。

440ヘルツに関しては、

「世界は、悪魔に勝利を導く」と表現しています。

 

100年前に、今の世界を、

予言しているかのようです。

432ヘルツと440ヘルツ。毎秒、たった!8周波数の

チューニングで、私たちは、宇宙の周波数と共鳴し、

霊的自由へいざなわれ、

知覚の差として現れ、宇宙空間に

「存在」するという、概念を共有できるのです。

 

you tube」で432ヘルツと440ヘルツの差を

ギターのレコーディングで、聞き比べることが出来ます。

440ヘルツ周波数に慣らされているので、

音がクリアに感じますが、はじめ、くぐもった様に感じる、

432ヘルツを、聞き続けていると、

440ヘルツは、耳に突き刺さる感覚がわかります。

432ヘルツは、体が弦楽器になったかのように、震動し始めます。

1秒間に8周波数の差って、大きいのですね。

まさか、世界制覇を目的で、音=周波数を、

コントロールする人がいるとは、、、と、

思いはしますが、周波数にも

気をつけないと。

 

街中、標準!周波数の440ヘルツ

だらけです。

どうやって護身すればいいのか?

何の目的で外気音をシャットアウトするイヤホンが

売られているのか、よくわかりませんでしたが、

自身を、周波数コントロールを受けないためなので

しょうか?けどでも、あんなヘルメットみたいな

イヤホン、常に装備なんて出来ません。

外出して、帰宅してテレビなどで

440ヘルツ周波数を浴びまくってしまった、、、。

さて、どうすれば宇宙の真理に、

「高波動は、低波動に優先する!」という

美しいシステムが存在します

なので、帰宅して、就寝前に432ヘルツ

もしくは、『528ヘルツ』の周波数の音楽を

聴くことを習慣にすれば、大丈夫です。

肉体の60%以上の水が震動して、チューニング

出来ます。

 

私は、今『528ヘルツ』の周波数のクリスタルナーダの

音楽を気に入って、聴いています。

他の、『528ヘルツ』周波数の癒しをうたう

CDも何枚かAmazonしてみたり、you tube

検索して聴いてみました。レコード大賞受賞のCDは、

「癒されろ~」的な、感が強く、逆に

落ちつきません。ゆるみ過ぎてしまいます。

今の自分に合う、合わないは、人それぞれ。

ご自身に合う、リズム、と周波数の音楽を

見つけられて、チューニングされてみて下さい。

 

メルマガが長すぎる、、、とか、

全文を受信しきれない、、、というメッセージを

頂いております。少ない文字数で、適格に

お伝え出来る文章力を養いたいと思います。

申し訳ありません。

 

あと、もう1つだけ。

今回の祝賀会ゲストメンバーの顔ぶれを

眺めていて、1つ、気づいたことが、あります。

「インド」です。

私は、昨年末に熱海から京都へ引っ越し、

前世で因縁の残る、京の都に関係する

カルマの刈り取りがあるのかとばかり

思っていました。

人生の目的は、因縁の解消、カルマの刈り取り、、、

と解釈して、生きています。

 

ある霊能力者から、清少納言が晩年、

紫式部に対する、嫉妬に狂い、

悲惨な最期を迎えており、その、

刈り取りがある、、、と、言われたりしたからです。

自宅のすぐ近所に、紫式部が「源氏物語」を

書き上げた生家が残るお寺もあります。

 

でも、ちょっと違うかな?という気もします。

京都で親しくなる方が「インド」の

キーワードで、繋がりつつあります。

イスラエルレストラン「ファラフェルガーデン」

オーナーのアミールさんは、ユダヤ人ですが、

若い頃、インドで放浪の旅をして、

ベジタリアンに目覚めた人。

冨田しょうさんもインドでの覚醒体験者です。

インドレストラン「ムガール」オーナーの平田さん。

クリスタルナーダのお2人も、インド音楽ベースの

活動をされています。

平田さんを介して、魅惑的なダンサーのキキさんとも

知り合っています。。。

20171219

「クリスタルナーダ ライブin京都」を

インド料理店「ムガール」オーナー平田さんが

企画しています。今から、楽しみです!

 

どうやら、前世で「インド」人だった頃の

御縁らしい。

熱海の因縁キーワードは「エジプト」でした。

奴隷で飯し炊き女の前世だったらしく

因縁の刈り取り課題と申しましょうか、、、

起こることが、悲惨極りないことばかりでした。

あと、もう少しで、THE END となると、

祈っております。と、同時に次のフェーズである、

「インド」人前世が、奴隷や乞食でないことを願っています。

前世魂の悔恨の解消も、自分で気づいて

クリアしていくしか、道がありません。

これから先、何がしたいのだろう~と

考えています。

 

病気・ケガは、自分にしか治せない!ことを、

お伝えすることを、スタートに、

魂の修復も、自分にしか出来ないこと!を

実体験しながら、お伝えしていくのでしょうか。

 

どんな体験が待ち構えているか、

ドキドキします、、、神様、お手やわらかに願います。

もう濃い体験をさせて頂きました、、、

十分すぎるほど。

 

——■「タオ・パッチセミナー」お知らせ————–

 

1024日に開催致します、、

「オープンセミナー」「購入者へ向けた使い方セミナー」への

沢山のお申し込みを、誠にありがとうございます。

 

お申し込み頂きましたお客様全員の

ご案内が出来ず、キャンセル待ちの状態となっております。

その為、急遽、京都でのセミナーの追加開催を予定しております。

 

お日にちは、1028()でございます。

 

ご参加、ご希望頂けましたら、

info@el-sham.com

林まで、お申し付け下さいませ。

 

お申し込み期限:1023() 1000まで

 

※お申し込み人数が少ない場合、中止となる場合がございます。

 1023日に決定し、ご連絡をさせて頂きます。

 

 

今週も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

それでは、本日はこのへんで。 ムラキ テルミ

  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる