メールマガジン

ホーム > メールマガジン > テルマガ 第205号 2017/1/23

テルマガ 第205号 2017/1/23

/
ここのところ、
テルマガの配信が遅れてしまい、お恥ずかしいです。
ごめんなさい。
今週の主役は、わが家のスパニエル犬、『ぺくち』です。
先週末、夜遅く母宅の引っ越し片付けから帰宅しても出迎えてもくれず、
゛淋しいじゃん゛と、ぺくちたちを見に行くと、
ベッドからずり落ちて寝ています。
弟分のパグ犬『クラマ』は、仰向けになっています。
゛どうしたんだろう?゛近づいてみると、2匹共、お腹がパンパン!!
゛何を食べた!?゛
キッチンに行って驚きました、、、。届いたばかりのリンゴ箱が、空っぽです。
20個近くのおリンゴが、ない!!
゛まぁ~リンゴだから、大丈夫か、、、゛ダランと寝ている2匹の様子を見ました。
その晩から、ウンチが出る、出る。
薄黄色い、甘酸っぱいリンゴペーストのようなウンチです。
それも途切れないウンチで、2匹共、前進しながらウンチしています。
ひと晩で、10回ずつはトイレに起こされました。
朝からは2匹共、デトックスと思われるウンチに変化。
黄色と茶のトラ柄ウンチから、
濃い茶色のベタベタに。
゛リンゴって、スゴ~イ!゛と感動したのは、
ぺくちは、オレンジ色のヒモが出てきたこと。お菓子の何かの包装のヒモらしい、、、。
そして、クラマは、白いチリチリしたビニールが混じったウンチをします。
゛何だろう!?゛
あーっ!ペットシーツだ!!
クラマは赤ちゃんの頃、虚弱で、兄弟に負けて、
お母さんからオッパイをもらえなかったらしく、ペットシーツを食べるクセがあります。
クチャクチャ、美味しそうに、、、なので、ウチのドッグトイレはバスタオルを使っています。
今まで食べて、体内に残っていたペットシーツのビニール部分が出て来ました~。
リンゴパワー!すばらしいです。
木村秋則さんのおリンゴでなくとも、この結果。
木村秋則さんのアップルペクチン、大量投与で、
母の病院たらい回しの下剤、浣腸、腸弛緩点滴、、、
何をしても出なかった頑固な便秘が解消したワケです。
アップル・ダイエット~、私もしてみたくなりました。
でも、体重11kgのぺくちと、4kgのクラマが、20個のリンゴ。
私だと、、、60個!!1日で!!!
そりゃ、動けなくなります。
ちょっとぺくちを見直したことがあります。
ケンカばかりするので、昼間、留守にする時、クラマはサークルで作ったハウスにいます。
クラマもお腹パンパンで引っくり返り、リンゴのウンチをしている、、、
どうやら、ぺくちがクラマにもおリンゴを分けて一緒に食べていた!!
2階から1階まで運んで~~。サークルにいるクラマに!
やるじゃん!!ぺくち!優しいところがあってホッとします。
リンゴをあげているところ、見たかったな~。
リンゴ騒ぎのあと、ぺくちとクラマは、
初の外泊体験をしました。今まで母が一緒でしたので、
私の留守中、ご飯をあげて遊んでくれていました。
母と叔母の熱海への引っ越し手伝いで、引っ越し前日から3泊。
お泊り前に、日帰りドッグ幼稚園を2回体験させていますから、先生のお迎えには、
すんなりと出掛けてくれ、安心してお預けしました。
引っ越しを終え、自宅で2匹を迎えると、
ぺくちはガリガリ。クラマは目が真っ赤。
ぺくちは2日目から何も食べなくなっていました。あんなに食いしんぼうなのに。
大好物をお弁当に持たせたのに。。。
クラマは、誰かれかまわず、マウントしまくっていたそうです。
ウチに帰ってきても、足に絡む絡む。それで、目が充血していたのです。興奮しっぱなし。
犬でさえ、こんなに性格が違います。
2匹を比べての相対的な見方ですが、
ぺくちは、体が大きく、毛も白とグレーところどころ黒で全体が白っぽく、陰性。
クラマは、小さく、がっしりしていて、真っ黒で陽性。
食べ物の好みも違います。
ぺくちは、リンゴ、サツマイモ、鳥肉お魚が大好き。陰性です。
クラマは、牛肉が大好物。陽性です。
行動も、ぺくちはお客様のいる場の一番遠くに離れて、様子を見てる。暗い性格、陰性。
クラマは、お客様に近づくどころか、ひざに乗っていくタイプ。明るい性格、陽性です。
2匹を合わせると、中庸・グッドバランスなのかもしれません。
幼稚園でもクラマは、皆と一緒に遊んでいるそうです。すぐに友だちが出来る。
ぺくちは、3回目も1匹ぽっち。
ドッグランの隅っこをずっと探索しているとか。
きっと、脱出口を探していたのだと思います。
引きこもりタイプなので。実に暗い、、、。
ぺくちを見ていると、子供の頃の自分を見ているようです。
幼稚園にも行きたくなくて、泣いていたそうです。
これは、父譲り。
父も、双子の弟にあたる叔父と、幼稚園をボイコットして、
とうとう通わなかったと、聞いています。家の中で遊んでいたそうな。
私は、友だちも小学校5年生まで出来ませんでした。
どうやって、友だちを作ったらいいのか、わかりませんでした。
とにかく、真っすぐ家に帰っていました。
小学校5年生の時に、ピアノを習っている女の子が、私がバイオリンを習っているのを知って、
゛一緒に練習しない?゛と、自宅に招いてくれたのです。
もう、天地が引っくり返る驚きでした。
お姉さんのいる、おマセな女の子で、すごく大人びていました。
両親の許可を得て、新宿の伊勢丹までフルーツパフェを食べに行ったり、
紀伊國屋書店まで、本を買いに行ったり、映画「イルカの日」を観に行ったり。
映画を観たあとに感想を述べ合う!ことにも驚きました。
わが家も年に1度、大晦日に一家で映画を観て、神田の゛やぶ蕎麦゛に行く習慣はありましたが、
映画をどう思ったかなんて会話をしたことは、ありませんでした。
制服以外の彼女のファッションも驚きでした。
すごくカラフルな花柄のワンピースとか着ていて眩しかった~。
私は、サエグサの紺かグレーか白の服ばかり、、、。
ファミリアのスヌーピーバッグも、。真似しました。
たった1人の友人のお父様は、読売新聞社の社説を書かれていて、
とってもアカデミックな家庭でした。
その友人が、社交的で、お友だちから誘われた会に、私も連れていってくれました。
゛お庭のバラが咲いたから、アフタヌーンティーにどうぞ゛
゛おひな様のお祝い会をしましょう゛
゛ご家族で、三重奏の演奏会をされるから゛
もう、こんな世界があるんだ!!と、子供心に衝撃を受けました。
昨年、クラス会があり、その友人と20年ぶりに再会。
やっぱり、社交的な彼女は幹事をしていました。
このクラス会、、、50人中、3分の1は、杉並区を引っ越したことがなく、
ご主人とマスオさんのような結婚生活をしていて、仲睦まじい。
離婚者は2人だけ。私以外のもう1人は、再婚していたので、独身者は私だけでした。
3人に1人が離婚する。高齢独身者増加。、、、統計の枠外の世界が存在します。
良妻賢母があたり前。
母が、私の離婚を嘆き、親戚とご近所に恥ずかしい~と、言っていたのを思い出し、
可哀想なことをしたな~、と思いました。
自分の家庭を作り損ねた今、不安と淋しさがないとは言い切れませんが、
自分で自分を養うしかないと、肝を決めています。
母と言えば、私が叔母にだけ優しくて、ひいきをしている。と再三グチられました。
私は公平にしているつもりですが、やはり、くどい母、のしかかる母が
うっとうしかったのは事実です。先月、叔母ばかりひいきする!と言われた時に、ギョッとしました。
子供の頃、私は母に口に出して言えませんでしたが、
゛弟ばかりに優しくひいきしてる!゛とずーっと、
この思いの呪縛にがんじがらめだったのです。
弟は、赤ちゃんの時に大やけどをしていて、
私は2才で父方の福岡県の大牟田に住む、祖父母に預けられました。
捨てられた、、、。と思いました。
何回も家に帰りたくて、脱走しようとしたそうです。
きっと、今回の幼稚園でぺくちが感じた気持ちと一緒です。
ペットは飼い主の心を映し出す!と、聞きます。
心の奥底に潜む「捨てられた」が吹き出し、
ゲーゲー吐くぺくちを抱きながら、思い出され、泣きました。
ぺくちも、クラマに対して、どうにもやり場のない嫉妬心を抱えています。
私の弟に対する嫉妬心は、母から叔母ばっかり!と、言われてみて、
私は公平を期しているつもりなので、母も公平に2人の子供を扱っているつもりだったのだ。と、
やっと、理解しました。まっ、母の口から「あなたのことを、可愛いと思ったことは、1度もない」と、
言われた時は、さすがにショックでしたが、私が可愛くない子だったから、仕方ない。
弟への嫉妬心に燃えていたので、可愛いはずがない。
この気づきが、あんなに苦手で大嫌い存在であった母に対して、
゛何にも゛感じなくなりました。弟に対してもです。
2人は私の中に潜む嫉妬心を表現した存在だったようです。
そして、自分のしたことは自分に返ってくることも、
50年以上の時を経て、目の当たりにしています。
明らかに、弟をひいきしていた母は、娘が叔母をひいきばかりしている!!と、
文句を言う立場に逆転しています。80歳を過ぎて、、、。
そうか、自分のしたことは自分に返るのか!!
母は自分のしたことの落とし前を拾ってる、、、。
この気づきが、母、そして弟とのヨジレ切った関係を解消できたのか、
母は私とのチクチクいじめられる暮らしから解放され、
叔母のケアリゾートマンションで叔母と暮らすことになり、熱海に引っ越しました。
大変な引っ越し作業ではありましたが、
1度、京都へ移らなければ、母と叔母が熱海に帰りたい!2人で暮らしたい!とは、
言い出さなかったと思います。
こうして、今世での根深い、うらみつらみが解決することとなりました。
叔母の登場、そしてぺくちの心の中を思うことで、
一生消えることはない、と思っていた、許せない存在であった母と弟のことが、
気にならなくなれたのです。
心のキズも、自分でしか癒せないことを気づかされました。
熱海で、、、私はエジプト時代の前世の宿題をこなしたようです。
奴隷で飯炊き女だったようです。
陰謀と策略、、、いいように利用され、騙され、騙し取られる体験をしました。
゛人って、こんなもんか!゛が、熱海を去る時の気持ちです。
でも、もう、゛The End゛。
京都では、何となくですが、ユダヤ人だった頃の、宿題を前にしている気がします。
ユダヤ人の前世、中世欧州において、武器商人だったらしいのです。
武器商人、、、「死の商人」、、、友敵を問わず、
兵器を販売して巨利を得ていた。。。。この宿題は、とてつもなく重そうです。
右も左もわからない京都で、どんなことが起きるのでしょうか?
前世とはいえ、身に覚えがなくとも、深く深く深く反省をして、
真面目に正直に生きて行くことを、心掛けます。
先週、母と叔母が熱海に引っ越したことで、
京都の、エル・シャンの活動の場が定まりました。
母たちのマンションの2室を間借りする形で、
エル・シャン京都は、スタートしていました。
京都の地の利もわからないので、一度住んでみて、
どこか事務所と倉庫に相応しい場所を探すつもりでした。のに、
2人が引っ越すことで、160平米のマンションが、ガラ空きになりました。
ということで、二条城のマンションで、活動できる流れになりました。
4方向が窓のマンションの最上階です。ぐるりと京都市内が見渡せます。
壁と床に、トラバーチンという白い大理石が敷きつめられていて、
居ながらにして、パワーストーンセラピーしているみたいです。
母と叔母が、快適なように、と探したマンション。が、
まさか、仕事場になるとは!なんだか、夢のようです。
母と叔母も、熱海での2人の新生活が楽しいと言います。
桜が満開な温かさ。
勝手知る街。
お友だちとのティータイム、ディナータイムをエンジョイしているようです。
あまりにも早い展開と、目まぐるしさに、
自分の人生に酔いそうですが、
「熱海から京都に引っ越す!」と、決断して、4ヶ月。
呆れられると思いますが、来月、私も、また、引っ越します。
仕事場から自転車で5分ぐらいの所へ。
犬たちの様子をすぐ見に行ける距離に。
運送会社の見積もりによると、軽トラックで、1~2時間で済むそうです。
だいぶ身軽になりました。
犬2匹と散歩しながら、引っ越します。
これで、ようやく、京都での新しい生活が、収まるところに、収まりそうです。
——■日本みつばち発酵・生・百花ハチミツ——————————————-
2回目に納品頂きました、カナヤ氏の蜂蜜。
今回も、2時間で、品切れとなってしまいました。
申し訳ございません。
次回は、6月か7月に、蜂の巣箱を置いて、
晩夏のお届になる、、、とばかり思っていましたが、
カナヤ氏が、あちらこちらに置いてある巣箱を、回収していて下さり、
また次の満月の夜に、蜂蜜ブロックを熱を加えず、
手でかき混ぜて溶かして、ビン詰めして下さる予定です。
日本みつばちの巣箱は、西洋みつばちと違って、
1年くらい置いておくそうです。
西洋みつばちは単一種の花の開花時期だけ巣箱を置きます。
花の区別が出来ないのです。
日本みつばちは何十種、何百種の花の種類があっても花の区別が出来るのです。
入荷の予定が入り次第、お知らせ致します。
この蜂蜜は、生で、発酵し続けているので、
無調整豆乳に加えて置いておくと、
美味しい豆乳ヨーグルトが出来るそうです。
冬場なので、少し日数がかかるかもしれません。
「日本みつばち蜜蝋クリーム」は入荷しております。
ハンドクリーム、リップクリーム、ボディクリーム、
お顔に美容としてもお使い頂けますが、
私は、人生初のシモヤケを足に作り、この蜜蝋クリームを塗って、
1晩で治ったのには驚きました。
雪の日に、長ぐつで霜柱の立つ河原まで散歩に出たせいです。
やはり、ムートンブーツ必需品です。
シモヤケだけでなく、深く溝も出来てしまい。
「コレが、アカギレ?」と切れて痛みだすのでは?と、
案じましたが、蜜蝋クリームを塗り込んで、大事に至りませんでした。
引っ越し続きで、手指全10本が、ササクレでしたが、
これまた、治りました~!
今日は、ロボット掃除機ルンバのメンテナンス中に、
カッターで指先を切り、ボタボタ血が落ちましたが、
ベッタリ塗って、バンドエイドで、ギュッと巻いておいたら、
夕方には、傷口が、くっついて、しまいました!
肩凝り、首凝り、耳下腺の腫れにも、マッサージクリームとして使ってみて下さい。
翌朝゛あれっ!?゛です。
奇人カナヤ氏が、一切の手抜きをせず、手間と時間をかけてかけて、
作って下さる品質の高さに、感激しています。
カナヤ氏は、宮崎の杉林が無放置状態で、荒れていることに、
胸を痛めておられ、杉林に、人の手が入るように
杉の木で、この蜜蝋クリームの容器を作りたい!という、
夢をお持ちです。
杉の容器に入ったクリーム!カワイイ~!!
なんて、ステキなこと!
゛カナヤ氏の夢が早く叶うといいな~!゛と、
毎日、ヘビーユースしています。
犬たちの肉球にもたっぷり塗っています。
霜柱で、ケガをすることがなくなりました。
この蜜蝋クリームは、塗った時は、少しベタっとしますが、
しばらくすると、サラサラになります。
メイクをする時の、フェイスパウダーを塗る前に、
ゴクゴク少量を顔に使っています。
いつも、ファイスパウダーを塗ってる!という気休めだけで、
夕方には、ほぼすっぴんでしたが、
夜の石けん洗顔の時に、ベージュの粉が残っています。
サラサラなのに、、、不思議ですね。
カナヤ氏の調香された香りは、
エル・シャンだけのオリジナルです。
優しくて広がりのある大好きな香りです。
  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる