メールマガジン

ホーム > メールマガジン > テルマガ 第204号 2017/1/14

テルマガ 第204号 2017/1/14

/

「日本みつばち天然発酵はちみつ」
「日本みつばち蜜蝋クリーム」、、、お届け、お待たせを
致しております。申し訳けございません。

1ヶ月間を販売計画としていましたが、
はちみつは、1時間
蜜蝋クリームは、2日間で完売となり、驚いております。
来週中には、お届けが出来るよう、努力中でございます。
本当に、お待たせをしまして、ごめんなさい。

「日本みつばち天然発酵ハチミツ」は、大きななビンの方が、1月16日(月)に
再入荷予定でございます。
小さなビンの方は、もう少々お時間を下さいませ。

宮崎県在住、養蜂家・カナヤ氏と、一昨日深夜に
お電話で納期を急かせたく、お話ししました。氏曰く、
゛今夜、満月の大潮なので、ひと晩かけてハチミツを溶かしています。゛
カナヤ氏は、【日本みつばち】に、こだわりを持つ方と
思っていましたら、゛生・ナマ゛であること!゛非加熱゛であること!!にも
強いこだわりをお持ちで、満月の夜に、ゆっくりゆっくり空気を混ぜ合わせながら、
火にかけずに手でかき混ぜて、ハチミツの塊を溶かしている!
その最中への電話でした。。。
とても「納期は、いつになるか?早くならないのか??」とは、急かし難く、
カナヤ氏の満足のいくハチミツが仕上がるのを、待とう~という気持ちでございます。
ご一緒にお待ち頂けると幸いです。

また、「日本みつばち蜜蝋クリーム」は、もちろん蝋は、
火にかけて溶かしておいでですが、あのふんわりした香りに
アロマオイルを、8種類ブレンドされています。
この8種類のアロマオイルを、実に手のかかる方法で入手されています。
こちらも、カナヤ氏の満足いく香りに仕上がりますまで
気を長く待ちたいと思います。

カナヤ氏との会話が、実にぶっ飛んでいます。
その昔々ギリシャ時代、ハチミツは『金』・ゴールドと
等価交換されていました。ギリシャ初の銀行マークは、ミツバチです。
今のレートに換算しますと、1gが4.800円、小さなビンで24万円!
大きなビンで129万6千円!!です。。。
このお値段でも買いたくなるお話しも伺いました。

カナヤ氏のお母様が、7年前に子宮ケイ癌発覚。
その前にご親戚が、散々癌治療の果て、亡くなられており、
女医のお姉様を説得され、無治療をえらばれました。

「ハチミツと、塩と、お日様で、病気は治ります」と、
独自の哲学をお持ちです。
病院で受ける点滴は、ブドウ糖か、生理食塩水。
ならば、天然のハチミツと、海水から作った塩の方が、体にいい!はず。
わざわざ血液に打ち入れずとも、口から摂ることで、
体は必要な箇所に運ぶ!はず。
この7年間、お母様はお好きな畑仕事を続け、
ハチミツを食べ、お腹に塗り、質の高いお塩を摂ること、
そして、畑でお日様を浴びることで、ずっと、お元気!
お元気なだけでなく、
「癌、ドコいった?」に、まで!
同じ7年間、、、癌治療に7.000万円を投じた方もおられます。

ギリシャ時代には、キズ口や、手術で切った部位に、
ハチミツを塗り込んでいたそうです。
痛みが軽減し、殺菌力に豊み、きず口の治りも早い。と、
医薬品として、重宝がられていました。
また、
新婚旅行の「ハネムーン」の語源は、
古代ゲルマン民族が、みつばちの多産にあやかって、
新婚1ヶ月の満月から満月までを、
ハチミツでできた蜜酒を飲む習慣があったことからだとか!
強壮剤としても用いられていたのですね。

漢方の世界でも「蜂蜜」を「ほうみつ」と呼び、
胃腸の働きを調える作用があるとして、「大半夏湯」「杞菊地黄丸」は、
ハチミツで練って作られています。
また糖尿病薬として代表的な「八味地黄丸」も、
血糖値を一定以上、上げない働きがハチミツにあるので、
こんなに甘いのに、血糖値が上がらないなんて、不思議です。
ハチミツに含まれる果糖が、インシュリンを使わずに糖分解できるからだそうです。
カナヤ氏のハチミツの商品名を次回、納品分より変更させて下さいませ。
「日本ミツバチ天然発酵ハチミツ」から
「日本みつばち天然発酵・生・百花ハチミツ」にです。
カナヤ氏は、生ナマ=非加熱であることに強いポリシーをお持ちです。
ハチミツに加熱することで、せっかくの酵素力が落ちたり、
逆に、ある酵素群だけは強まったりして、
自然のバランスを狂わせてしまうからです。

10年以上前の話しになりますが、
前職で、金運を高めるお財布ブランド「Money Love」という
金色のお財布だけをオリジナル開発をし、取り扱っていました。
このブランドロゴがみつばちでした。
゛金色のハチミツを、集めて帰ってくる゛ところから
みつばちを選んだのですが、ギリシア時代に金と等価交換されていた
お話しを聞き、嬉しくなりました。
満月の夜に、ゆっくりゆっくり空気と混ぜ合わせながら、
手でかき混ぜて作られるカナヤ氏。
もう、゛奇人゛の域に達しておられます。
カナヤ氏のハチミツが届くのを、楽しみに待っています。
゛待つ゛ことの苦手な私には、大きな学びです。

——■密かに、ダイエットしてます。—————————————

この年末からお正月、「2日に1食」、
それにユダヤ式ベジタリアンスープと、お蜜柑だけダイエットをしてみました。
クリスマス前後に1日2食を続け、体がダルかったことと、
沖縄の、マダムサッチーから濃厚な味のお蜜柑を頂いたこと
京都産の鏡餅のお飾りみたいな、小粒のお蜜柑が甘くて甘くて、
止まらない美味しさだったのが、きっかけです。

5日間で3食。
犬の散歩が1日平均5時間。
体重減は、3kgくらいですが、体が引き締まりました。
暮れまでに着ていたダウンパンツやダウンスカートが、ぶかぶかです。
ウエストサイズが、7号サイズにまで落ちました~!!
20代の頃のウエストです~。
久しぶりのくびれ!!このくらい体が、快適です。

今日も、八坂神社で母のことを私の祖母と思った方から、声をかけられました。
゛おばあちゃん、お孫さんとお参りできて、お幸せやね~!゛と。
母は、聞こえないふりをして、スルーしていましたが、
私聞き逃しませんでした。
食べ続けると、老け、ボケ、太る。
食べずに運動すれば、若返る、やせる。
実にシンプルです。
一旦、やせると体が快適で、気持ちがいいので、
食のコントロールも簡単です。
食べないことへの快感が芽生えます。

京都に引っ越してきて、コンビニのものを口に、
全くしなくなりました。
下鴨のみたらし団子が、餅米をついて、みたらしダレを
本葛で練り上げているのに、1本100円。
いつも大行列の「ふたば」の名大豆餅が、1個175円
お総菜屋さんの大きな弁当が、400円から。
お肉屋さんに並ぶコロッケが、1個40円
お寿司屋さんが、1本300円で太巻きを。
フランス菓子屋さんのカナルが、1つ60円です。
コンビニより、安くて、美味しさは雲泥の差です。

京都は、食べ物が高い~と、聞いていましたが、
祇園の四条河原町の繁華街だけが、
スペシャルプライスなだけでした。
イメージしていたよりも、街もコンパクトで、
母と叔母と、どこかタクシーで出掛けても、
1.000円以下。タクシーも安いです。激戦区だからそうな。
京都って、観光の街のイメージが強いですが、
とても暮らしやすい街でした。
とは言っても、京都初心者、観光住人歴、やっと1ヶ月です。
京都を語るには、まだ早いですが。

たった1ヶ月なのに、また引っ越し作業に追われています。
熱海にお帰りたくて仕方ない母と叔母が、
来週、熱海にまた引っ越しです。
今回は、本人たちの希望での引っ越しですので、
本人たちに自分でパッキングしてもらっています。

昨夏、6トンもの荷物を処分されていることに、
気づかない叔母は、1時間で終了。
衣類を含め、大きな箱1つと小さめを1つ。
以上。
母は、京都に運び込んだ3トンの荷物と格闘しています。
トラックを2トン車で予約しているので、3割り減らすように
命じていますが、捨てられない、、、。
この1週間で捨てたのは、もらいもののエコバッグ2コ、
ファスナー付ビニールケース大中小1セット。
書けないマジック、乾いたスティックのり、サビたハサミ、
今日は、1時間悩んで古いスニーカーを1足。
やれやれ。

母との関係は、親子間史上最悪の険悪さ。
゛大きなトラックに変えて゛と、100回言われていますが、
ムシしています。
私の客人に、私が、いかに意地悪で、優しくなくて、
自分が可哀想かを、とくとくと述べ続けていましたが、
笑って聞き流せるまでに成長しました。
否々、正直に申し上げると、母と、
「京都⇔熱海」と、離れられることが、
もう、幸せで幸せで、幸せでなりません。
それも本人の切なる希望で!
神さまか仏さまか、どなたの計らいかは存じませんが、
心っから、感謝を申し上げます。
あと数日で、この父が他界後の3年間!母との暮らしも、
゛The End゛です。2度と同じ誤ちを繰り返さないことを、神に誓います。
神さま~サンキュ~!!

  • LINEで送る

« メールマガジントップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる