自画自賛
惚れ込むにはワケがあります。 原材料の草根木皮【生薬】のこと、手仕事で作っている過程、
その使い方や使い心地など、自慢したい事たくさんあります。
「知らなかったなー」をキーワードに、自画自賛ではございますが、ご紹介させていただきます。
 

―京かえる石鹸の泡―【無添加って?】

京かえる石鹸さて「その2」はこの泡です。素朴な疑問 
"石鹸の泡は何なんだ!?”
京かえる石鹸を水に濡らしてつるるんすると、
すぐにこんなきれいに泡が立ちます。
発泡剤は入っていないというのに?聞くと、それは
「アルカリ剤です。」という。

成分表には
水酸化Na:アルカリ剤。油脂とアルカリを反応(けん化反応)させ石けんを得るのに用いる。
一般に固形石けんを得るには水酸化ナトリウムを用いる。

と表記しました。水酸化Naってなんだっけ?
検索すると、NaOHで水酸化ナトリウム(苛性ソーダともいう)
塩水を電気分解して、水酸化ナトリウムと塩素と水素を作るとあり、 原料は塩水と純水

NaOH=塩だ!という程度の知識しかない私はこういうふうに書くと、
これは薬品なのか?と思ってしまう。
そこから~?という人も多くいらっしゃるかもですがまあ聞いてください。
だって「無添加って何が? どんなモンが入ってないってこと?」...... 今いち ウトい私。
食品添加物を例にしますと、
【添加物】は
   食品の製造や加工のために必要な製造用剤
   食品の風味や外観、色合いを良くするための甘味料、着色料、香料など
   食品の保存性を良くする保存料、酸化防止剤など
   食品の栄養成分を強化する栄養強化剤     
と、大ざっぱに分けてもこんなに種類があります。

そこで石鹸に戻り、水酸化ナトリウム(NaOH)は石鹸の製造や加工のために必要な製造用剤で、
簡単にいうと油と合体(鹸化=化学反応)すると石鹸になっちゃう天然化合物(天然の原料だから)
というわけです。言いきっちゃいましたが、なんとなくわかった気がしませんか?

この油とNaOHでできた石鹸(せっけん素地と表示されているものも多い)を水につけると
溶けてクリーム状→泡になり、この泡で洗うとお顔や身体の油分(ファンデーション等)や
タンパク質
汚れ(食品汚れ、血液、垢等)を落とすことができます。

京かえる石鹸はこのNaOHだけでアルカリ助剤といわれるものや界面活性剤は入っていません。
泡をたくさん出すための発泡剤も、固めるための凝固剤も入っていません。
ですから温泉水など硬度成分が強い水では泡立ちにくくなりますし、洗浄力も落ちてしまいます。
(これはアルカリがミネラルのような硬度成分(酸性)に中和されて弱くなってしまうからです)
普通の日本の水道水では写真のように泡立ちますので、泡がなかなか立たないなーという時は、
水の硬度が高いという目安にもなりますね。

京かえるの石鹸は、この油とNaOHでできた石鹸(せっけん素地)に
エキストラバージンオリーブオイルやもろもろの生きた植物のエキスがどっさり練り込まれているので、洗い上がりがさらっとしっとり。まさに肌断食用の石鹸です!
私の万年過敏症乾燥肌は、今年の冬2カ月使って今現在、洗いっぱなしの何もつけなくても赤くなって
なくて、さらっといいかんじ。毎冬まぶたの上の二重のしわがカサついて、赤く腫れたりしてたのに?
もともとお化粧が苦手で、べたつくものは何にもつけたくない無精モンの私は「これでいいのだ!」
ものです。これで、肌の自己治癒力が高まって、シミやくすみもなくなってくれるといいのになぁ...... なんちゃって。
infomation購入するjigajisan
From UserMailMagazineStaff Blog
お問い合わせ
成分表
up