お知らせ

ホーム > お知らせ > 「1年中快適~野性絹糸の腹巻きパンツ」新登場

お知らせ

/

「1年中快適~野性絹糸の腹巻きパンツ」新登場

2年越しで開発した「野性絹の腹巻きパンツ」完成しました!
京都に引っ越して、2年がすぎ、3年目に入りました。
本気で、絹に興味を持ち、勉強を始めたのは京都に移ってからです。
絹糸には、日本産と、中国産、カンボジア産、ブラジルと、
産地違いがあること。
絹糸が、加工の過程で、初絹キビソ・真絹糸・絹紡糸など、
いくつかの種類やレベルがあることを、学びました。
昨年は、京都の、絹糸問屋さんと知り合え、
ご一緒にオリジナル製品を開発して頂けることとなりました。
このオリジナル企画のハードルが高く、3軒に、「出来ない、、、」と
断られております。
どんなオリジナル製品かと、言いますと、
「一年中、快適に着用できる!
絹糸の腹巻きパンツ」
です。
デザインは、夏場の着用を考慮して、
超ハイレグ!
フンドシ・パンティーの、腹巻きパンツ
です。
編み立て仕様で、ホールガーメントという、
縫い目も接ぎ目もない、それはそれは、美しい仕立てです。
鼠径部フリー!全く、圧迫せず
締めつけない、「鼠径部に愛を!!」込めた
ニットの様に編んだデザインです。
絹糸も、何種類かで、編んでみました。
その中で、一番、入手が難しく、
安定供給が、厳しい、、、野生の山蚕の繭の糸・野蚕糸を、紡ぐだけ!の
オーガニックを越えた、ワイルドな絹糸製です。
染めていません。
晒しも、していません。
野性の絹糸、そのままです。
ですので、色ムラがありますが、
このワイルドな感覚を、お楽しみ頂きたいです。
編む時に、糸の内側に極細のストレッチ糸を忍ばせています。
それ以外は、純絹です。
私は、サンプルを着用して、半年になります。
パンティーとして、直接ではなく
ミルクのインナーパンティーの上に、着用しています。
はじめは、野生の糸のザラザラ感があります。
お洗濯する毎に柔らかく肌に馴染んできます。
温かくて、快適です。
それ以上に、
絹糸が、たんぱく質組成であるためか、
腹膜を1枚、巻いている感覚なのです。
着用しないでいると、その日、お腹が
心もとない、頼りない感じです。
ぜひ、皆さまにも、
「1年中快適~野性絹糸の腹巻きパンツ」
を、ご体験頂き、快感を、シェアしたいです。
  • LINEで送る

« お知らせトップへ戻る

  • ムラキテルミブログ 世にも美しいガンの治し方
  • El Sham Web Store
  • 肌の原点にかえるをコンセプトとした肌断食石けん 京かえる